鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




10月18日(火) 永野川の河川管理用道路沿いのあじさいを管理している上永野自治会により、植栽されているあじさいの移植作業が行われました。これは、あじさいの植栽されている場所が、アスファルトで舗装される予定があるためです。

花の咲く時期は、地域の方々や観光客を和ませてきた大切なあじさいです。永野のシンボルとしてこれからも活躍してもらうべく、移植となりました

 

まずは、あじさいを掘り起こすことから始めます。植栽から4~5年経過しており、深くまで根が張っています。私もやってみましたが、かなりの重労働です

河川管理用道路のあじさいは全部で100本近くあります。数台のトラックに分けて、新たな住処に旅立っていきます 

永野で一番目立つ場所、大越路トンネルの入り口です。あじさいがみなさんをお出迎えするようにと、あじさいを植えていきます。

ちょっと一休み

こちらの作業は終了です。来年には、大輪の花を咲かせてくれますように

残ったあじさいは、別の場所に移植します。

作業をされた上永野自治会の方々です。暑い中、大変お疲れさまでした

また、事前にあじさいを掘り起こしてくださった地元の方も、大変お世話になりました。

大越路トンネルを通行される際は、車の運転に支障を及ぼさない程度に、あじさいを見ていってくださいね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« どろん子ふれ... ふりむけば加... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。