鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




3月25日(土)午前10時から清洲コミュニティセンター大会議室にてガーデニング教室を開催しました講師はとちぎ園芸の富久田三千代先生です

はじめに、春の寄せ植えで人気がある植物の紹介があり、ネモフィラ、勿忘草、矢車草など青い色のお花が人気とのことでした
そのほか、ルピナス、ミヤマオダマキ、西洋オダマキ(八重咲き)など、たくさん紹介いただいたところで、いよいよ今回使用するお花の説明へ…

今回使うのは、風鈴オダマキ、オステオスペルマム、ベルフラワー、ノースポール、ムルチコーレ、アリッサム、ラミュールの7種類です

それぞれの特徴やお手入れの方法を教わったら、好きな色味のお花を選び、寄せ植えスタートです

はじめに鉢に赤玉土と培養土を入れたら、苗をポットから出し、根をほぐして植えていきます。

全部の苗を植え終わったら、隙間に土を入れていき、最後に土がこぼれないよう水苔で覆って完成です

上手にお手入れすれば5月いっぱいは楽しめるそうです

6月に入って花芽が少なくなってきたら、夏のお花に植え替えて楽しんでみてくださいと先生からお話があり、公民館教室は終了となりました。

公民館教室にご参加いただいた皆さん、寄せ植えを教えていただいた富久田先生、ありがとうございました



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« おいしいパン... ペットボトル... »