鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




 2月22日 水曜日 上永野の与洲地区において、県道沿いに生い茂っていた紅葉の枝切り 

作業が行われました。

 旧粟野町の時代に植えられたモミジや桜の木も地元の方の下草刈り等の作業により大きく 

育ち、秋の紅葉時期には多くの方の目を楽しませてくれています。

 しかし、降雪時には雪の重さで枝が垂れ下がり、車の通行にも支障をきたしていました。

そこで与洲地区の方々が立ち上がり、枝切り作業を実施しました。

 天候にも恵まれて作業することが出来ました。

 地元の方の枝切り作業はさすが慣れていて段取りよく安全に作業を進めていきます。

 枝が河川に落ちないよう、片づけもきれいに行います。

 切り落とした枝もトラック4台分ありました。

 作業が終わると、大きく生い茂っていたモミジの枝もすっきりし、見通しもよくなりました。

 これで大きな車も安心して通れますね。

 皆様お疲れ様でした。

 地域の方々は少しでも地域の環境を良くしようと、この場所に限らず道路沿いに生い茂って

いる樹木の枝落とし等を行っています。

 これからも皆で力を合わせて環境を良くしていきたいですね。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 第11回 南押... 春の気配 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。