鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




11月23日

西大芦の草久、鹿ノ入(かのいり)地区にある姫宮神社の新嘗祭が執り行われました。

鹿ノ入地区に行くには、鹿沼市街から古峯ヶ原街道を西に向かって、

石橋町(いしばしちょう)交差点から約17キロ、

街道を左に折れて、大芦川をまたぐ鹿ノ入橋を渡ります。

ここに鎮座する姫宮神社は、

栃木県の神社誌によると大永年間といいますから、戦国時代武田信玄が生まれたころ、

日向の国から来た藤原大和という人が勧請したそうで、

ご祭神は、名前のとおりお姫様の神様、稲田姫命(いなだひめのみこと)です。

稲田姫とは、ヤマタノオロチの神話でスサノオノミコトに助けられるお姫様、クシナダヒメのこと。

この神社で、毎年11月23日の例祭には獅子舞が奉納されるのです。

 

鹿ノ入の獅子舞については、

昭和7年の上都賀郡誌「西大芦村郷土誌」では

「起源は明らかではないが文化2年頃だろう」と言われています。(平成4年発行「鹿沼市旧町村郷土誌」より)

文化2年というと西暦1805年なので、210年の伝統があるということになります。

西大芦村郷土誌によれば、その後明治14年(1871年)に河内郡関白村(現在の上河内sa辺り)から獅子舞を招いて伝授を受け、

現在は関白流獅子舞が引き継がれています。

獅子舞のほかに、おかめ、ひょっとこの舞いもあります。

西大芦郷土誌には、「素朴単調な舞なれば舞う人も見る人も自ら精神を浄化せられる」とありますが、その趣は、今も引き継がれているようです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 第7回上南摩そ... いたがコミュ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。