鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




10月10日体育の日、 城山を守る会主催の「城山公園のつつじ再生と百年生の美林散策」が口粟野城山公園で行われました。

市内外から参加のボランティアと守る会のメンバーあわせて約90人が広場に集合

開会行事では守る会小曽戸会長のあいさつのあと、樹木医の福田永光先生から作業の説明がありました。

 「枯れ木に見えても、根元から芽が出て、再生しようとしていますので、切らないように。

 いざ、現場へ。

 

 

すべり台の歓声を応援に、つつじのツル切り、除去に励みました。

作業を終えて、ススキの道をさらに登っていくと…

季節はずれに咲いたつつじのむこうに、口粟野の街並み。条件が良ければ県庁舎や宇都宮市役所も見えるはずですが。

頂上の防空監視哨あとから、しばし絶景を楽しみました。

 百年生の美林を愛でながら下山。(ヒザが笑う~)

 事故もなく、無事閉会となりました。

 時間の都合で全部はできませんでしたが、かぶっていたツルがとれてツツジも喜んでいるでしょうか。これからも地道な作業が必要です。

 こちらは参加者に配られた登録証。来春のつつじ祭りが楽しみですね。

ではまた。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 朝のあいさつ... 北押原フレン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。