鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




いよいよ来週に迫った鹿沼ぶっつけ秋祭り、

鹿沼市民が一年で最も盛り上がる季節の到来です。

 

今年は25台の彫刻屋台がまちなかに繰り出し、

動く陽明門と異名をとる絢爛豪華な屋台が勇壮に練り歩きます。

初日(土曜)は25台の彫刻屋台による、今宮神社への「繰り込み」・「繰り出し」が行われます

(繰り込み:お昼12時30分~ 繰り出し:午後5時頃~)。  

2日目(日曜)は午前10時30分~お昼12時30分まで

「マーチングバンド」や「みこし」などの『市民パレード』が行われた後、

午後2時30分から午後4時30分まで25台の彫刻屋台が、

一斉に古峯原宮通り(通称お祭りロード)を運行します『屋台揃い曳き(屋台パレード)』。  

見所は彫刻屋台(3台~7台)が交差点で披露する「ぶっつけ」と呼ばれるお囃子の競演です。

その激しいお囃子の競演は圧巻です。

2日間とも勇壮な「ぶっつけ」のお囃子の音色が、夜まで響き渡ります。

 

 

今年の壱番町は銀座1丁目屋台、

上横町の東が分離して東横町となり、明治7年に東(あずま)に嘉字をあてて吾妻町と改め、さらに昭和29年に銀座一丁目と改称した。
当町の屋台は、黒漆塗屋台に白木彫刻という特異な様式で、最初塗屋台として造られ、後に禁令などから白木彫物がはめこまれたと考えられる。
屋台箱に文化11年(1814)の銘があり、現存する屋台としては、久保町のとともに最も古い屋台である。
天保3年(1832)に磯辺儀左衛門信秀4代目(凡龍斎)により高欄下(こうらんした)などの彫物が、
そのほか安政2年(1855)などにも手を加えられている。
彫物には明瞭に時代差が認められる。 鬼板(おにいた)の「子引き竜」、懸魚(げぎょ)の「玉取り竜」、高欄下と車隠しが一体となった竜など竜の彫物が多い。
「葡萄にリス」が前欄間から外欄間の一部にかけて彫られ、駆けているもの、食べているもの、子供を連れているものなど、いろいろなリスが配されている。
脇障子は「鷲に猿」が基本的な構図で、梅の木とバラの彫物が施されている。 (鹿沼市観光物産協会HPより)

 

 

駐車場・交通規制・祭り日程などの情報です。

参考にしてください。

クリックすると拡大します。

    

 

 

 

 

<2012鹿沼ぶっつけ秋祭り(栃木)プロモーションビデオ>

 

<2011年鹿沼ぶっつけ秋祭り非公式PV>

 

 

鹿沼の若衆の心意気を存分に感じてください。

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 鹿沼のきのこ... いよいよ秋本... »
 
コメント
 
 
 
パンフレット (いちご)
2012-09-30 20:44:41
昨年のパンフレットではぶっつけが行われる場所と時間が詳しく分かったのですが今年はそのようなパンフレットはありませんか?昨年のパンフレットのホームページと同じものを探しています。
http://www.kanuma-kanko.jp/kyoukai/a-b.pdf
 
 
 
いちごさんへ (@番頭)
2012-10-01 12:18:24
そのパンフは、例年、お祭り直前に発行されます。
発行され次第、アップしようかと思ってます。
ぜひ、鹿沼ぶっつけ秋祭りを楽しんでください。


 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。