鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




昔ながらの行事はいいものです。

10月13日、粟野コミセンにも十三夜のわらでっぽうがやってきました。

都会では最近、トリック オア トリートとか言って、仮装した子供らがくるそうですけど、やっぱり元気な歌声つきのわらでっぽうがいいんです。

コミセンの地元、口粟野中妻の子供たち、ここに来るまでに何軒もまわってきたようですが、じょうぶに作られたわらでっぽうのおかげで、最後までいい音が出てましたね。

この歌、この音を聞くと、サトイモの煮しめが食べたくなるんだよなあ。

ではまた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« お猿さんだよー! 交通安全高齢... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。