ブログ人 話の広場

日頃の生活のなかで見つけたことなどを写真もそえて

失言・暴言大臣許すまじ

2017-04-23 20:22:43 | 日記・エッセイ・コラム

 さて、クイズのつもりであるが、おわかりだろうか。観光振興を巡って「がんは学芸員」と                                                              観光の取り組みの妨げになっているとった大臣の名は。沖縄辺野古移転に反対する人々                                                              に対して「ポジショニング’・トーク(自分に都合の良い発言)」と言い放った大臣は。 

 原発事故で帰れない自主避難者に対して「本人の自己責任。不服なら裁判でも何でも                                                                やればよい」と記者に暴言を吐いた大臣は。 南スーダンに派遣されている自衛隊の現場                                                              の状況をめぐって「戦闘状態」を「紛争」とフェイクした大臣は。 そして台風被害地に行った際、                                                            長靴を忘れたのか、役人におんぶしてもらって復興政務官の「長靴業界はだいぶ儲かったの                                                                     ではないか」といった人物の名は。

 答えは、初めは山本地方創生相、2番目は鶴保沖縄・北方相、3人目は今村復興相、そして                                                           稲田防衛相、だらしない発言をしたのが、務台元復興政務ということだ。官房長官は 「謝って                                                            いるので更迭するつもりはない、引き続き政務にあたってもらう」と言い放った。この官房長官は                                                            自分の側に不利になると早口になる癖があるようだ。                                                                                                                                                                                       

 何とも悲しい発言ばかりだ。私はがん患者で目下継続治療中の身だが、「がん」といわれると、                                                          出来ればこの世からなくなってほしい病だ。だが今では排除ではなく、がんと向き合って生きて                                                          いく強い自分でなくては、と祈りつつ歩んでいるつもりだ。こうした心無い発言の裏には、本人の                                                             本音が隠されていることを誰もが見抜いている。

 相次ぐ失言や暴言、妄言を吐く人物が国の中枢にいるということは恥ずかしいことであり、とて                                                        もじゃないが国際舞台に立てる素養があるとは思えない。 もっともこんな質の落ちた人材しか                                                         自民党にはいないという裏返しを示しているのかもしれないし、替わりの人材がいないという証                                                           明ともいえる。

 辞任を求める野党の姿勢は当然ではあるとしても、与党からは矢や玉は飛んでや来ないと                                                           軽くあしらわれているようにさえ見えるがどうだろうか。 それにしても相次ぐ迷走大臣たちは                                                         民衆を甘く見ているのではないだろうか。その背景には、民意の信頼度が高いという錯覚が                                                          尊大にしているのかもしれない。

 問題は我々の見る目の不確かさだろうか。仕方がないよ、と半ばあきらめからきているからだろ                                                      うか。気になるのはこうした程度の低い大臣を抱えていても民意の人気が下がらないことだ。                                                            それでも今の政権与党はよいという判断はどこからきているのだろうか。野党の非力からかも                                                             しれない。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                川柳を一句。「失言で 初めて知った 大臣名」 

やさしいタイガー

(前回のブログがミス編集のために読みづらくなったために書き直しました)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失言・暴言大臣許すまじ | トップ | 美術鑑賞は心のふるさと »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。