おもにテレビ日記

海外ドラマ大好きで毎日見ています
他日本ドラマももちろん情報番組や映画等感想や自分記録
ネタバレバレになります。

シカゴ・メッド #15契約

2017-07-12 21:51:51 | BSプレミアム
シカゴ・メッド


メモ的にネタバレあらすじ~




#15
契約



エイプリルはテイトとデートでバスケ選手たちのパティーに来ている。
そこにノアが来て選手たちに頼まれたのか二日酔い予防のビタミン剤の点滴をし始めた。
エイプリルは何か違和感を感じたのか帰ると言って帰ってしまった。

それでERでは、

胃が燃えているみたいと言うエリーが吐きならがやって来た。
プロム用のドレスを試着していたと黄色のドレス姿。
痛め止めの薬を使用するのは嫌だと拒否をする。
父親は麻薬中毒者で父の様になりたくないと薬には敏感に拒否をする。
ナタリーとコナーが診るけど、前にも同じような事があり、
精神的なものではと言われていた。

コナーは妹とのランチをマギーに頼んで断った。

シャロンはマギーに自宅の地下を夫の為に改築する業者を紹介してもらう。

ウィルと同じカナリーヴイル出身の患者だと言うタッカー兄弟の兄は、
ウィルをジンジャースパイスとあだ名で呼び高校時代の友人らしい。
患者は弟アンドリューでトラックを運転中に足がむくんで12時間も痛いと言う。
とりあえず血液検査と足のエコー。
サラはいじられているウィルにいつもあんな感じ?と聞いていたが、
そんな奴らだったらしい。

テイトがエリックの検査でやって来たが、
エイプリルは昨日のような事はというか、付き合いは間違っていたかもと不安を言う。


ナタリーとコナーはチャールズと相談し、
エリーは本当に胃に異常がないか内視鏡検査をしなければいけなく、
痛み止め類を拒否する彼女に局所麻酔で対応と話す。


子供2人と来たニーラ・テサーイをイーサンが診る。
妊娠32週で下腹部痛。
妊娠高血圧で、子宮から胎盤がはがれ不正出血を起こしていた。

出産には早いけど出産した方が赤ちゃんには危険ではないと説明すると、
未熟児を産むのはダメだと言い、自分の子供ではないと話す。
代理出産で、出産予定日以外に産むとお金を貰えないと言うのだ。

イーサンは産まないと両方の命が危ないと説得するも、
お金が欲しいし保護局へは戻りたくない、何とか助けてと。
チャールズにも診てもらったが、
彼女には判断力もあり、彼女を尊重しなければと言うシャロン。
イーサンはそれでは死ぬのを見ているだけかと言うと、
代理出産の仲介業者に聞いてみようという事に。


ウィルの友人アンドリューは深部静脈血栓症で、
血栓ができているが、薬を使うと脳で出血する場合があると言う。
喧嘩好きの彼が昔、取っ組み合いの喧嘩をしていて、なりやすいだろうという事で、
先ずは脳の状態を調べ様子を見るという事だ。


コナーの所に妹クレアがやって来て会いたくないのねと話す。
自殺した母親の事で父を恨んでいるコナーだけど、
妹は父に寄り添っているからだ。
妹は母親の死は精神的な病気だったと言うけど、
コナーはそう見えなかったと信じない。
父は自分達に見せないようにしてきたと言い、
会う気になったら連絡してと帰った。

エイプリルはノアを見つけ話す。
昨日何をしていたのかと聞くと、頼まれたからという副業をしていた。
エイプリルはまだ医者になっていないのだから注射は出来ないのに、
飲んで二日酔いの選手たちにビタミン剤の注射したなんてと怒る。
自分達がメディカルスクールに入れたのにと。
だから副業をと言い、ノアはそれで怒っているのかと。

ナタリーとコナーは局所麻酔スプレーでエリーにカメラを入れるが痛がり途中で断念する。
ナタリーは虚ろな父親に鎮静剤を使う許可を何とか取る。

麻薬性の鎮静剤を使用しカメラを入れるが異常は見つからなかった。
チャールズがエリーが拒否をしていたのに薬を使ったのは正しかったのかとナタリーに聞いた。

アンドリューは肺塞栓で意識喪失で床に倒れる。
床のままウィルは挿管した。
兄ブライアンは弟がこうなったのは薬を使用しなかったウィルのせいだと言い始め、
優秀な医者に担当医を変えたいとまでいう。
別の指導医ペリントンが来て透視室で血栓溶解剤を使うと連れて行った。ウィルは見送り、
何かあってもブライアンが見解を聞き入れない、指導医に任せるしかないとサラに話す。



シャロンとイーサンは仲介業者の女性アレンと話したが、
依頼人夫婦は未熟児は受け入れないという事だ。
そうしたら誰が育てるのかと聞くと、
勝手にテサーイが育てるが州に託すかだと。
正期産ならボーナスも出すという話になっていてお金が欲しいテサーイは出産を拒んでいるのだ。
依頼者に有利な契約書となっていた。


エイプリルはマギーにノアがテイトに紹介された選手たちにビタミン剤を注射したと嘆いた。
マギーはテイトが悪いの?と聞くと、エイプリルはどうして怒っているのか分からなくなり、
テイトにあなたと会うのが好きだわと言い、ノアが昨日やった事で・・・と、言い訳をする。
もう奴らにはさせないというテイトとまた会う約束をした。

ナタリーはヘロイン中毒の父親に同意を求めた事を悔やんでウィルに話すと、
僕がそうしたら起こるだろうと話していたらエリーが幻覚を見て騒ぎ出していた。
慌てて鎮静剤を打って沈め、チャールズは父親に話を聞いた。


イーサンは妊婦のテサーイをナタリーに説得してと頼んだ。
ナタリーは拒む彼女に息子たちの為にと出産を了承させた。

ウィルはブライアンに何故見捨てたと呼び止められた。
脳出血のリスクがあると知りながらペリントン医師に任せたと言い、
ウィルは弟の事をよく知っているのにと。
ウィルは手術室に入りリスクを訴えても、
ペリントンは自分は専門医で自信があるという。
それにウィルは研修医だからというけど、
余りに強いウィルのリスク説でブライアンはウィルを支持すると言い、
ペリントンも了承した。

エリーは急性間欠性ポルフィリン症というダイエットによる炭水化物の不足で、
腹痛や幻覚が出たらしい。
遺伝性できっと父親もそんな事があり自分で対処しようとしてドラッグ中毒までなったのではと。
ナタリーとチャールズは説明した。
エリーには中毒にならないようにオピオイドが処方されるらしい。
彼女も父の様にならないならと了承した。

テサーイは帝王切開で女の子を小さいながら健康に産んだ。
しかし赤ちゃんの顔も見ないと拒んだ。

アンドリューの状態は安定し、
ペリントン医師は今すぐ血栓を解かななくても良かったと言い、
ウィルに研修医が終わったらここの勤務を望んでいるかと聞いた。
そうですと答えると
私は雇用委員会の委員をしているの。
他を探した方がいいわと上司の顔を潰したのでそう言われる。

エリーと父親は同じ病気だったと検査で分かり、
お互いハグし合っていた。

その様子をナタリーとコナーが診ていた。

ニーラ・テサーイの産んだ子供は2か月もしたら健康になると言われたが、
契約を破棄されたと仲介業者が伝えに来た。
そして養子先を探すという事でシャロンはイーサンとこれ以上は望めないと諦めた。

エリーの父親にチャールズがヘロイン抜きは一人では大変だから自分の部屋で良く効く薬をと誘うが、
自分で対処できると名刺を貰い出て行く。

シャロンに代理出産の斡旋仲介業者のアレンが近寄って来たが、シャロンは怒っていて近寄らないでという。
テサーイに不利な契約の書類を作らせて人身売買のようだと。

コナーはデパートのクレアの所へ行き夕食をと誘う。
父親を見かけて何かお互い感じたかも・・・

ウィルはバーでブライアンに友人だと一杯おごってもらう。




そこまで。



忘れていたローズ家の確執。

そして本当に酷いわ代理出産・・・
産まれた子供に愛のある養子先をと願う。

それからエイプリルの交際と危なっかしいノアでどうなるやら。

ウィルはもうここではこの先働けないわね、
ナタリーと自信過剰で、出過ぎるとなんて話していたのに・・・
シャロンは味方してくれるのかしら、
という事で検索したらシーズン2もちゃんといるようで心配無用かしら。
ペリントンはシカゴ・ファイアの登場人物らしい。へぇ~










『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラインドスポット2 タトゥ... | トップ | グレイズ・アナトミー シー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BSプレミアム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。