おもにテレビ日記

海外ドラマ大好きで毎日見ています
他日本ドラマももちろん情報番組や映画等感想や自分記録
ネタバレバレになります。

WOWOW~アメリカン・ゴシック~偽りの一族 後半#8~#10

2017-03-30 00:23:30 | WOWOWドラマ
アメリカン・ゴシック~偽りの一族~


後半#8~#10

後半は次々と真実が語られるが、
最終的な犯人は最後まで分からない。



オンデマンドで#7からまだ入っていない。
どうして?
いつも直ぐ入るのに・・・

気になる方が参考にされるかもしれないけど、
メモ的ネタバレあらすじです。

そんな話程度と思ってください。

サスペンスで、ミステリー部分の犯人は誰かを書いています。
お気を付けくださいね。






#8
危険な共鳴

ギャレットは20万ドルの大金を下ろして、
クリスティーナの病院へ行き彼女が休暇を取っていると聞くと、
金を受付で寄付すると差し出した。
マデリーンに、そうした方がいい償うべき事があると。

キャムが依存症のリハビリ施設にいることがニューズにされ、
コンクリート会社の危機的状況も暴露された。

マデリーンはそれはナオミが解雇され情報を流していると言うが、
アリソンは彼女を知っていてそれはないと言う。

キャムは施設で看護師エイプリルに打ち解けて話していた。

警察では事件を洗い直していた。
SBKの共犯と思われる車の所有者ジェームズ・キャンビーが浮かんだ。

テッサはブロイディに妊娠した事を話せないでいた。

テッサはジャックをセラピーキャンプのようなアカデミーへ連れて行った。
治療上、暴力的な事を遺伝か後天的なのか判断するために、
テッサは家族の話を聞かれる事に。

アリソンとマデリーンはジャーナリスト、ジェニファーを呼んで、
ひっきりなしに報道されると文句を言おうと思ったら、
反対にそれが事実だと認める羽目になる。

アリソンは独占インタビュー答えたいと言うけど、
ジェニファーに断られ、
アリソンの父ミッチェルは殺人鬼でこれからもっとやってやると宣言される。
それにジャックの奇行の事も知っているのだ。

ギャレットはジェニファーの情報源を突き止めると調べるようだ。

キャムの所にソフィーが来てこれからの事を聞いたら、
彼は長編を書きたいと話し3日で随分真面なようで、
ソフィーもリハビリしようかと言い始める。

ブロイディとカッター刑事は荒れた盲目の女性ラモーナが住んでる家に行き、
ジェームズを探しに来たと言うと、彼女は夫は死んだと言い、
犯行に使われた車は20年も前に盗まれたものだと聞いて行きずまる。

テッサはギャレットに妊娠した事を話すけど、
血筋を受け継いでいるかもと心配し、ブロイディにも言っていないと話し、
誰にも言わないでと。
ギャレットが今度の病院へ付き添う事に。

ジャックはアカデミー施設の少女セイディとギャレットの山小屋へ行こうとなり、
抜け出して小屋へ二人で行き、ジャックは何か引き出しから持ち出した。

ギャレットはアリソンとジェニファーを見張る事にした。
そこで夫トムが彼女の自宅にいる所を見てしまった。

アリソンはトムが情報源なのねと呼び出して聞くと、
トムは関係を持ったのは一度だけだと話し、もう隠し事しないという事になった。

ソフィーはキャムと親しい看護師エイプリルを主任に近づきすぎていると話す。

ジェニファーは屋敷に盗聴器を仕込んでいて、
テッサが妊娠していて遺伝子を気にしているとニュースにした。
ギャレットは盗聴器を見つけ出しアリソンにもその事を知らせた。

ブロイディとカッターはもう一度キャンビーの家に行くとラモーナは殺されていた。
ブロイディは上司からテッサが妊娠している事を聞いて、
彼女から聞いていなかったと怒ったが、
テッサは色々と不安な事を話し、産むかどうかわからないと話す。
ブロイディはミッチェルには共犯が居そうで捜査していると言い、
子供の事は嬉しいと。

アリソンは盗聴器の事をジェニファーに突き付け、
告訴すると5年は刑務所だと言うと、
これからも自分達を追えと言い、
服を脱がせハサミで袖を切って脅した。

それでイメージアップの情報をジェニファーは流し一族はホッとした。

キャムはソフィーに別れを絶対気が変わらないと話し、
いつもの事だとソフィーが言うと、
もう求めないと冷静に話した。

テッサの検診にはブロイディが付き添いエコーを一緒に見て感動した。
そこにジャックが強制退去だと連絡が入り、テッサは迎えに行く事に。
ジャックはギャレットの小屋からナイフを持ち出していて退去させられた。
そのナイフがSBKの共犯者の物でブロイディはジャックからギャレットの物だと聞いて、
共犯はギャレットだと・・・


そこまで。




テッサが妊娠を戸惑う気持ちも分かるわね~

しっかしアリソンもサディスティックでやっぱり血筋が・・・
ジェニファーを縛り上げたり、ナオミともベッドプレイも縛ったり、
SM好きなのね(笑)

それにしても登場人が多いからねぇ~
ジャックのお友達も凄そうだし、
キャムとエイプリルとはとか・・・
ラモーナさんも早速殺されたし。





#9
明かされる過去



ブロイディはナイフの件から逮捕されたギャレットを取り調べをしていて、
オヤジさんを手伝ったんだろう、
ナイフの柄の象牙が最初の事件現場から出ていて一致したんだと。

刑務所にいるギャレットは2002年の当時から2016年までの謎の過去が、
思い出し挟み込まれる・・・

(2002年
マデリーンは血だらけのギャレットに何をしたのと聞いていた。)


マデリーンはやり手の弁護士を付けると面会に行き言うと、
ギャレットはもうやめろと。
もう終わりで、バレる。14年しのいだけど、
これでみんなの顔を見れるし家族になれると。

マデリーンはあのナイフを渡したのはミッチェルだと。

(2002年ギャレットはテッサに出て行くと書置きを残した)

弁護士は証拠不十分だと言い、
ギャレットは救いの道なんてあると思うのかと混乱しているように思われた。

(2003年小屋に侵入しようとして持ち主ジェンキンスと出会う。
野宿暮らしを話し、家には戻れないと話した。
そして1年も野宿していると聞いたジェンキンスは感心し、
この時期にだけ来るので、来た時はまた会おうと。
それから死んだ人物の空き小屋を使うように案内され、
狩りの罠など教えてもらった。)

面会にはアリソンが来た。
アリソンは力になりたいと言い、
キャムとは電話で話した。

アリソンはジェニファーを脅し操ってコンリーの弱点を探ってと。

(2008年ジェンキンスと親しくなり、テッサの事や彼の姪の話を聞いた。
一族の別荘があり時々覗いてテッサが来ていないかと・・・
ある時結婚前のテッサとブロイディと一族が別荘に来ていて、
その様子をギャレットは見ていた。
忍び込んでテッサのバッグに連絡が取れる電話番号を入れると、
テッサは連絡してきて喜んでいた。)

ブロイディは信じられないでいるテッサにギャレットに真実を聞きに行けと言う。
テッサは小屋からあのナイフが出て来たのは何故かと聞いてみた。
ギャレットは俺には言えないと・・・
テッサは出て行った時ギャレットが置いて行った写真をブロイディに見せた。


(2010年家族を盗み見ている事をジェンキンスに話す。
ジェンキンスは咳込み、うっ血性心不全だと不調そうだ)

ジェニファーはコンリーがカッターと会っている事を掴んだ。

ギャレットにジャックも面会しに来た。
ジャックはクリスティーナがテッサと同じ病院で見たと言い、
ギャレットは妊娠していると思い、
クリスティーナに電話をかけて聞いたが電話を切られた。
それで急に出所したくなって弁護士ダシーに頼んだ。
アリソンにも政治的に頼んだ。

(2015年ジェンキンスは苦しんで倒れていた。
病院へ行こうと言うが、もう手遅れだといい、アレで楽に死なせてくれと言うのだ。
頼む、頼むと言われ、クッションを顔に当て息の根を止めた。
警察に知らせたのか?発見されたのか?遺体は運ばれた。
ギャレットはそれを陰から見ていた。
2016年テッサから電話で父親が入院したと聞いた)


ジェニファーの自宅から独占生放送でメッセージだと放送があり、
共犯者からのメッセージだと読まされるジェニファー。
(おとなしくしていたのに騒ぐから出て来た。
嗅ぎまわると人が死ぬ・・・)
そこで悲鳴となりジェニファーが殺された。



(2002年マデリーンに何をしたのと聞かれると、
襲われたとギャレットは言った。)



そこまで。



先ず、ギャレットは刑務所でみんなの面会を受け、
ジャックからクリスティーナが妊娠していると聞いて刑務所を出る理由ができた。

アリソンはジェニファーにカッターがコンリー市長と密会している事を掴ませたが、
何とジェニファーが生放送で殺される?!ってびっくり・・・
もちろんギャレットではないのでギャレットは直ぐ出てこれるね。
しっかし犯人は誰だ?
カッターとコンリー?
コンリーって悪そうだしねぇ。

それでギャレットの14年はホーソーン家の別荘の近くの空き別荘で、
師匠ジェンキンスと仲良くやっていたし、
時々は家族にこっそり会いに行っていたし、
テッサの枕元にも現れてキモイわね(笑)
でもさ~殺しちゃあダメだよ・・・
そうしなくても死んだと思うけどさー
それもやっぱり血筋かい?







#10
謎の共犯者



ジェニファーは本物のSBK(シルバー・ベル・キラー)の犯行のように、
当時と同じに殺され、公表されていない手口でも模倣犯とは思われなく、
当時の事件を捜査したカッターも驚いた。
松脂の匂いや置かれたベルなど。

ギャレットの起訴は避けられそうだとマデリーンがアリソンと話していると、
カッターがやって来てFBIが捜査すると言いに来て、
今度はアリソンの名前もジェニファー繋がりで出てきているから捜査に協力してと言われる。

刑務所のギャレットはジェンキンスの死の事をテッサに話した。
クリスティーナの妊娠を知ったと言い、
人の親になりたいと。

キャムはエイプリルの支えでリハビリが終わるらしい。

ブロイディはFBIに捜査を外されそうだし、
アリソンはジェニファーと頻繁に連絡を取っていて聴取されていた。

アリソンはブロイディに話すと言って、
犯人も分かり、自分のせいで殺されたと。
そして犯人はコンリーだと言うのだ。
コンリー潰しのネタを探してカッターと密会の写真を見せた。
それをジェニファーはリポートしようとして・・・と。
ブロイディは確かな証拠がいるが、
だからアリソンはこの分署を信じないでと。

マデリーンはソファーに並んだ4本のベルトを見て、
ジャックがやったかと思ったが、ジャックは違うという。
キャムが戻って来てソフィーと正式に別れる事になったんだから、
単独親権を取ればとマデリーンは言うけど、
それは可哀相だとキャムは言う。

ギャレットは出所出来てクリスティーナと連絡を取りたいとテッサに言うが、
彼女は身を隠すと言っていたらしいと。
ギャレットの事を聞いたら自分で出てくるからと。

キャムはソフィーに書類が届くと話した。

アリソンとブロイディはジェニファーの自宅へ行く事に。
隠し金庫を見つけ出し番号を入れてみた。
テレビ局の番号で金庫は開き、盗聴のUSBを見つけた。

マデリーンはFBIにミッチェルの葬儀参列者の名簿の提出し、
何処かに電話し、何故葬儀に参列したのと・・・
その話を聞いていたテッサは通話履歴からケイレブ・オコナーと名前をメモした。

キャムは帰って来たギャレットに、
ジャックのボストン・ヒストリー・ナイトの発表に付き合ってほしいと言う。


アリソンはコンリーとカッターを呼び出してブロイディとテープを聞かせた。
その中にはコンリーが殺害現場にいた証拠は始末したとカッターが言っている内容だ。
アリソンがコンリーを責めると、
コンリーは誤解だ、市長選でモラレスの自宅へ政界の実力者を紹介してもらおうと訪ねたが、
政治理念が合わず物別れで帰り、数時間後モラレスは殺され、
その時カフスを落としたのに気づき、
当時新人のカッターは金に困って2万5千ドルで始末した。
ジェニファーも殺していない。ビリー達と会議をしていたとアリバイがあると。

マデリーンのバッグにベルが幾つも入っていて驚いた。

テッサにマデリーンはケイレブって誰と電話の件を聞かれた。

ジャックのヒストリー・ナイトの発表が始まり、
糖蜜のタンクが膨張し倒れたと言う発表で、
ソフィーがジャックに協力してキャムは親権で争わないと言う。

エイプリルも来ていてキャムとはプラトニックな関係で付き合う事になりそうだ。

ブロイディはジェニファーの自宅に無断で入ったり、
ホーソーン家の家族だからとFBIに休職処分を言われる。

キャムはジャックがいつもお菓子を買いに行かされ、
その中には薬が入っていた事を知り怒った。
ソフィーに親権はやらないと冷たく言い放って彼女を捨てた。

テッサはアリソンとケイレブを呼び出した。
ケイレブはマデリーンと高校以来付き合っていて、
ミッチェルに殴られたけど、
階段を引きずられた事はないと・・・

二人はマデリーンに今まで嘘を付いていたのねと。


ギャレットは粉砕機を買った。
穴を掘り遺体の遺骨を粉砕しようとして、
動くなと銃を持ったブロイディに見つかった。


そこまで。


カッターもズルイ上司だね~
コンリーの話をそのまま信じていいのやらとか、

ケイレブとかまた登場人物が増えたり、

エイプリルが結構絡んでいるのだけど、
なんも関係ないのかな~とか、

誰が犯人かさっぱりわからん!
















『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウェントワース女子刑務所シ... | トップ | WOWOW~アメリカン・ゴ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。