おもにテレビ日記

海外ドラマ大好きで毎日見ています
他日本ドラマももちろん情報番組や映画等感想や自分記録
ネタバレバレになります。

WOWOW~アメリカン・ゴシック~偽りの一族~  最終話まで#11~#13

2017-03-30 00:23:43 | WOWOWドラマ
アメリカン・ゴシック~偽りの一族~



最終話まで・・・


メモ的ネタバレあらすじ~
最終話に最後の犯人を書いていますお気をつけて下さい。

感想も最終話にまとめてあります。







#11
森で何が起きたか?



キャムとテッサとアリソンはマデリーンに、
今まで嘘を付いていたのねと。

マデリーンはバッグにベルを入れられたことで、
これは警告よ、みんなが危ないから話すわと。
事のはじまりはアリソンだと・・・


そして同じに、
ブロイディはその遺体は誰だと銃を突きつけた。
ギャレットはスコップを持ち話さない。
ブロイディは撃ちたくないここで話してくれと。
そこでギャレットは話し始めた・・・

屋敷のマデリーンと、
遺体の始末をしようとしてブロイディに見つかったギャレットの告白は続いた。


2002年~
アリソンは大学生で、
トムの委員長選挙で写真を選んでいた。

まだ少女のテッサは熱を出して風邪をひいていた。
ギャレットは側にいたが後で彼女モーリーと会う予定だった。
キャムは優秀なトムからドラッグを買っていた。

父ミッチェルは会計事務所に何かマズイ事が起きた。
アリソンが間違って新しい納税申告書の箱を送ったはずが、
古い給与明細だったらしい。
ミッチェルが取りに行くと言っていた。
まだ自宅書斎にミッチェルは居たが
その頃何者かが屋敷に侵入してきた。
外には車を待たせていた。

風邪でテッサは強めの薬を飲まされ眠っていたはずだが、
男が階段を上がってくるといつの間にか起き上がっていたテッサと遭遇。
テッサは男を押して男は転げ落ちた。
悲鳴でマデリーンとミッチェルが来て、男は死んでいた。
そしてもっと複雑になってしまった・・・

テッサが突き落とした男は持ち物からSBKだった。
それが始まりだ~

ギャレットがベッドでモーリーと居る所を電話で呼び出された。
家に帰ると男が転がっていて、
かばんにはロープとベルが。
警察を呼ぼうと言うギャレットに、
通報は出来ない、か弱いテッサの怖さの事を考えれば、
熱での悪夢だとした方がいいと両親は言う。
ギャレットはテッサの事を思い寝ぼけたテッサに優しくした。

キャムはハイで家に窓から戻り、
階段を引きずられるSBKを見た。

引きずったのはギャレットで長男の役目だと思って車で運び、
穴を掘ったが男が生きていて襲われた。
切り付けられそしてギャレットは抵抗し刺し殺した。
ナイフを持ち帰り、仕方なかったと思った。

血だらけで家に帰りマデリーンに何をしたのと聞かれ、
話した。

マデリーンは申し訳ない事をしたと話し、
では、何故ベルトにミッチェルのDNAが出たのかとキャムが言うと、

給与明細を間違えたアリソンの件で、
もう一度ミッチェルは出掛けた。

ミッチェルは従業員の積み立てた金を大型の工事受注で流用したらしい。
会計士モラレスを買収しようとしたが訴えると言われ、
ミッチェルはSBKとなりクリスティーナの父親会計士デヴィッドモラレスを殺した。

ギャレットは
自分に死体を捨てさせたのは、
テッサを守る為ではなく、
殺しをごまかすためで、
俺を操り身代わりにした。

モラレスを殺したのは自分を守るためで、
俺を人殺しにした。・・・自分と同じに・・・

マデリーンから聞いたキャムは父さんは模倣犯だったのかと。
マデリーンは父さんが亡くなってそれで済まそうとした。
家族を守ろうとしたからで、
自首させたら今の家族はなかった。

ミッチェルもギャレットも私も刑務所だし、
みんな幼かったと。

ギャレットはモラレス殺人の父親をマデリーンも庇い、
家族のためとはいえ、あなたも人を殺したと脅した。
正当防衛には見えないし、ミッチェルの共犯者に見えると。

ギャレットは苦しくなり、
それで家を出る事になった。


そしてキャムがドールハウスを見つけた。
その中に家族に似せた人形達が死んでいた。


警察に話すかどうかと・・・
テッサがそうしたらギャレットがあんなに犠牲を払ったのに捕まると。
朝までギャレットと連絡が取れなかったら通報すると。


その頃ブロイディは共犯者を見つけよう。
ギャレットはSBKの顔も見ているからと。

一家はサイコパスに狙われていて逃げようと話していた。



そしてマデリーンは思い出していた。
実はモラレス模倣殺害やSBKの埋葬を言い出したのはマデリーンだ。
そこにギャレットがテッサに呼び出されて帰って来た。

ギャレットがどうして警察に言わないかと聞くと、
ミッチェルはマスコミに一生追われると言いギャレットを黙らせた。
それに、モラレスを殺しに行ったのはミッチェルとマデリーンもいたのだ。

ミッチェルはモラレスの首を絞めたが絞め切れなかった・・・
するとマデリーンが出てきて絞め直し殺した。
そしてベルを置いてSBKの仕業とした。




アリソンは私たちを狙っているのは誰なのかと・・・



そこまで。



もうこれでほぼ真相が分かったような気もする・・・
ホーソーン家の闇が・・・
でもマデリーンが結局一番のサイコパスでモラレスも絞殺していたのか。

あっつ!まだSBKの事が分からないよね。
全容ではないか。

だけどあの手この手だよね~
そんな事あるのか?
ちゃんと通報すればよかったのにサ。

テッサもいい人ぶってギャレットの告白を聞いて、
ジェンキンスの事や、SBK殺害や、
事故でも殺人でも、いや・・・自分が男を突き落とした事や、
秘密にするのかい・・・なんだかね~











#12
別離





翌朝ドールハウスをジャックが見つけた。
自分の人形が無いと言っていた。

ブロイディとギャレットが帰って来て、
ママの言う事が本当だと確認し、
キャムはジャックを連れて出て行くと言うと、
ブロイディは分署に来てくれとギャレットとマデリーンに言う。

その前にと、テッサはギャレットに自分の為にと話した。
そして逃げてという。
お金を送るから何処かへ逃げてと。

ギャレットは逃げないとブロイディと分署へ、
もう逃げないと。

ブロイディは捜査に戻せとUSBで脅しカッターに掛け合った。

マデリーンは初めてギャレットに謝った。
ギャレットは自分の罪に謝れと。

そして自分の家族には会わせないとマデリーンに言う。

弁護士が執行猶予で刑務所には入らないと言われた。
しかしSBK共犯者の事で協力する事で特例だと。

アリソンはナオミからの電話を貰った。
結婚式出席でボストンに戻って来ていると言い、
選挙当選を祈っていると。

屋敷の防犯装置取り付けで、
見つかった箱。
アリソンは一人で開けてみるとあのベルの箱だった。

警察が不審なものがあるかと聞いたが、
アリソンは言わなかった。

ギャレットとマデリーンはSBKの人相を聞かれていた。
ギャレットはSBKの胸に正ブリジットの十字が入っていたと証言した。

アリソンはベルの箱を戻って来たマデリーンに見せ、
ジェニファーを殺したのねと詰め寄ると、
仕方なかったと白状した。

それからガンサーの死も聞くと、
余命わずかで死後の妻の心配を叶えてあげたと。

それから父の最後の事も聞くと、
それもマデリーンだと認めた。

マデリーンは盲目の夫人と脅迫しているのは自分ではないというが、
刑務所に入ってと言うアリソンにマデリーンは家族の為にやったのと言い訳をしたが・・・

マデリーンは弁護士に相談しようとしたら、
資産を守るのなら現金化し、パスポートを用意し、
あなたの相談には乗れないと聞いてもらえなかった。

マデリーンはミッチェルの遺灰の墓に現金とパスポートと指輪を隠した。


ソフィーはジャックをキャムにの元から連れ出した。

キャムとテッサはジャックを探していた。
カード利用歴から居場所を探せそうだった。

SKBの遺骨から足にチタンが使われていると。
そしてドールハウスから出たものから共犯者は女だとも分かった。

アリソンはナオミを呼んで誰とは言わず相談した。
抱えている事を通報したら選挙戦は間違いなく終わると。
アリソンはナオミの助言でベルの入った箱を海?河?に投げ捨てた。

そしてマデリーンにベルの箱を捨てたと話した。
それからもう私たちに近づかないでと絶縁を言う。

マデリーンはその時多分ミッチェルの遺灰を庭に埋めていた?

水族館でソフィーとジャックを見つけ、
今後合わせないと弁護士から言われ、
連れ出したとソフィーは最後の別れを言ったと。

警察ではチタンの情報から犯人の照合をしていた。
ジョンマーティンと言う男が浮かび、
写真を見てSBKだとギャレットが証言した。
妻ブリジットは事故で死亡。
娘ダラ・マーティンがいるようだ。
しかしダラはそれまでの自分を捨てて別の誰かになったようだ。
最後の住所は、盲目の女性ラモーナに引き取られ、
捜査の手が迫ると彼女を殺した。

そして実はその娘がSBKの共犯者だと。

それはホーソーンをよく知っているものだと。


ナオミと会っていたアリソンは何かを見つけた。
ナオミはハワイでは仕事をしていなく嘘を付かれ出て行けと。

しかしナオミは事務所にカギを掛け、
出て行く事は出来ないと・・・・!!



そこまで。


感想は最終話で・・・



#13
母の決断




アリソンの選挙当日マデリーンはアリソンに投票した。

しかし当日みんなはアリソンを見ていなかった。

警察ではSBKのジョンは死亡した妻ブリジットの病院の医療過誤での訴えで、
最初に殺された被害者は多額に病院へ寄付していたと言う。
娘ダラとの脅迫はエスカレートしていたという。

アリソンの行方でナオミが疑われたが、
実は船会社と票の取り込みを交渉していて何事もなく無事だった。

そしてナオミの素性も確認されダラではなかった。

アリソンの選挙本部ではクリスティーナが来て、
ギャレットと話す事ができ、
サンフランシスコで暮らすと彼女が言うが、
ギャレットは今は家族を捨てれないと。


屋敷にソフィーが来てマデリーンに、
キャムの部屋のジャックの写真が欲しいと上がって行った。
マデリーンにはボディガードのルッソが付いていた。

屋敷ではいきなりソフィーが告白し始めていた。
ボディガードは呼んでも来なく、
マデリーンは椅子に縛り付けられた。

ソフィーは母親が交通事故で死んで、
病院に大した事もされず、その時心が壊れ、
父もそうで病院に寄付した金持ちをターゲットにして、
二人で金持ちの屋敷に忍び込んで人殺しした。
父親が忍び込んで安全を確認したら外の車で待っているダラが入って来て、
完成させると。

しかしこの屋敷に入って行った父親は戻ってこなかった。
それから私は一人、あのおばさんに引き取られ、、
素性がバレると思い殺したくなかったけどと。

マデリーンはお金で何とかしようと言った。
その時キャムがぬいぐるみを取りに来たが、
ソフィーに捕まった。

ジャックにもう会わせないと言われもう復讐しかないと。


ブロイディから連絡が入り、
ソフィーの母親の墓にサクラの木があり、
タトゥーからソフィーがダラだとテッサに伝わり、
屋敷にキャムとマデリーンがいるとブロイディ達が向かった。

マデリーンは弁護士にジャックにはソフィーが必要だと言うからと、
しかしソフィーはマデリーンの首をベルトでしめた。

キャムが何とか駆けつけたが手遅れだとソフィは言う。
そこにギャレットがやって来て銃を向けるキャムを止める。
警察も来たがソフィーは逃げた。

マデリーンは多分死んだ。

市長選はアリソンが勝ったようだ。
歓喜に沸く選挙本部にはテッサがマデリーンの死を聞いたのか、
その顔色を見てアリソンも悟った。

ブロイディが何も気づかずと嘆くと、
カッターは家族程分からないものだと・・・

盗聴データーはカッターに渡した。



1年後・・・




テッサには女の赤ちゃんが産まれた。

キャムはエイプリルとプラトニックを超えて晴れて恋人になった。

一族がビーチでくつろいでいると、
ギャレットがクリスティーナと赤ちゃんを連れてやって来た。


ジャックは母親が恋しくなり
録音されたぬいぐるみの声を聞いていた。
直ぐに会えると・・・



アリソンは立派な市長となったが、
実はソフィーがダラと気が付いて、
ソフィーにマデリーンを殺してと言っていた。

そして家族はみんな幸せになったとサ



お終い。


全13話。
何回も言うけど登場人物が多いし、
一族みんな血の呪いのように真黒ですよ(笑)

最後のアリソンもおまけのように母親殺しをソフィーに言っていたなんて。
この分じゃアリソンの双子の娘に彼女自身殺されるかもね(笑)

ベタだけどSBKの娘をソフィーにしたなんて、どうだろうね~
SBKの動機があまりにも理不尽過ぎる。
病院に寄付した金持ちを狙ったなんてさ。
まるでこじつけの様だよね~

ブロイディがギリギリセーフで刑事だったね。
多分だけどね。

カッターは罪人だしさ、

一族でもいい人のはずのテッサがギャレットを逃がそうとしたのは、
自分の罪も暴かれてしまうからか?
なんて疑ってしまうわね(笑)

マデリーンが第一話でミッチェルを殺して
最後には墓に金を隠し、
何処までも汚い女でいいところ無しだね。

そうか・・・
キャムは人殺しをしていない!
少年時代はおかしな男の子だったのかもしれないが、
ドラッグ中毒者でも殺しはしていないよね?

それでソフィーがダラって・・・
よく出来ているね~と言うべきか、
あり得ないと言うべきか・・・

まぁ逃げたし、
ぬいぐるみにまた直ぐに会えるよなんて、
ジャックがダミアンのように見えたから面白い話とするわ(笑)

ギャレットのクリスティーナが一緒になったようで驚き。
産まれて来た子供達は何の罪もない。
彼らがジャックのようにならないで育つ事を祈るのみ。
ジャックも愛が欲しいと言う話のような気もするが、
愛にもいろいろ有るのだよね~

最終的に面白いかと聞かれると、
ベタだと思ったけど案外奇想天外な話だったよね(笑)









『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WOWOW~アメリカン・ゴ... | トップ | ウェントワース女子刑務所シ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

WOWOWドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。