おもにテレビ日記

海外ドラマ大好きで毎日見ています
他日本ドラマももちろん情報番組や映画等感想や自分記録
ネタバレバレになります。

THE FALL 警視ステラ ギブソン シーズン3 #1・2

2016-11-02 17:24:46 | THE FALL 警視ステラ ギブソン
THE FALL
 警視ステラ・ギブソン


シリーズ3



びっくりしたわ!入っていたわシーズン3
ポールはどうなったのか・・・





メモ的にネタバレあらすじ~
最後の方に少し感想。











#1

決死の狭間


ステラはポールに付き添い救急車に乗り込む。

病院に着くとポールの治療が始まり、
4日間車のトランクにいたローズ・スタッグの治療も。

アンダーソンは現場に置かれ彼らより遅れてくる。

バーンズはステラに電話して詳細を聞いたが、
本部から呼ばれる。

ステラはオドネル医師に、
ポールには彼を恨む者からの監視が必要で、
彼は裁判にかけなければと。

官所は部下に血だらけになった洋服なので、
ホテルへ行って衣類を持ってきてと頼んだ。

本部で今回の事はマスコミに騒がれ観察中のステラを記者の前に出さないと話が付いた。

アンダーソンは右腕の銃創で医師の見立てでは重症でもないが検査は明日以降で、
復帰の目途はまだ言えないと。

ポールの事は妻サリーに報告が行った。
その事はパパが事故に会ったとサリーが子供達に話した。
オリビアが今夜会いたいと言っても駄目だとしか言えなかった。

ポールは銃創部の外科的手術を受けていた。
彼の症状は酷く血圧も落ち、光の向こうへ行こうとしていた・・・
結局脾臓の損傷が酷く摘出となり体の半分の出血の末ICUへ、
また明日手術となる。

ステラはアンダーソンの元に。
彼は神経損傷があるかもと話した。
そしてアンダーソンはステラがなぜ自分より彼に駆け寄ったか聞いた。
俺も撃たれたのにと・・・

ステラは彼の方が重傷だからと。

アンダーソンが、
彼が死ぬとステラの様子が普通ではなかった事を言うと。
あんな風に終わらせたくはなかったとステラは言った。

医師たちは殺人鬼の対応に慣れていなく戸惑っていた。

ステラは着替え会見の準備をしようとしていたが、
バーンズが会見しないように言ってきた。
バーンズが会見すると言う。
彼は本部からステラを擁護したがと。

ローズの夫トムがやって来た。
外が騒がしいのは妻のせいかと言う質問に、
ステラは答えずローズに面会させに行った。

バーンズの会見が始まり連続殺人犯容疑者を逮捕し、
拘束中に撃たれ重傷だという事も話した。

その会見はケイティも見ていて会いに行くと騒いで母親を心配させた。

会見は続き、
ギブソンチームがローズも発見したと言うと、
マスコミからギブソンはと質問が来たが、
彼女は捜査中だと。

ケイティは泣きながらデイジーに電話して彼が死にそうだと訴えた。
ネットでポールの事件を調べていた。
その記事はサリーもPCで調べてみていた。

オリビアがそのPCを見た。
父親が殺人犯だという事を知った。

トムは犯人の事を聞いたがステラは答えず、
自分を責めるトムが、何故ローズが黙って付いていったかと言うと、
ステラは、
恐ろしい状況で従っての事で、ローズが立ち直れるのはあなた次第だと話した。

ステラはじっとポールを見つめ看護師から出てくださいと言われる。
見知らぬおばあさんの患者がステラに声を掛けた。
ステラは優しく手を摩った。

ポールは看護師が背を向けている時一度目を開けた。





#2
失われた時間



ステラはいつものように泳ぎ、
ポールは看護師から献身的な看護を受けていた。

バーンズはポールの名前を公表すると言う。
ステラは彼を裁くのは社会ではなく法廷だというも、
決定事項だと。

それに、捜査チームが引っ越しだと言う。
テロリスト捜査本部が部屋を要求したらしい。
既に始まっていると。
バーンズはアンダーソンを使うステラに疑問をぶつけてきて、
彼との関係も触れて来たので、
あなたとも同じよとステラは答えた。

ケイティは鼻にピアスを入れた。

ステラはダニー・フェリントンに会った。
発砲の始末をした彼女に負けないでと声を掛けた。

警察本部の非公開会議が始まった。
バーンズはミュージックマンの事件(ポール事件)を聞かれていた。
タイラーが銃を奪われ持っていた事でバーンズは警察が固定し忘れていたと。

ポールの事はこんなサイコパスの事件はなかった。
ステラは経験から適任者だったともはなした。


ステラはキンケード監察官に正式な聴取を求められていた。
捜査責任者で発砲事件だから聞いていると。
ステラはローズの命が最優先で任務だったと。

彼の命は?と聞かれ、
ステラが自ら気道の確保ができるかと腕の中に抱いたと。

ポールを護送する装備が甘かった事を突かれていた。

バーンズは会見してポールの名前と状況を公表した。

その頃ポールは被弾した破片の取り出し手術を受けていた。
ローズは運ばれていくポールを一瞬見て震えていた。

オリヴィアはケイティの事をネットで調べ学校で電話したが直ぐに先生に切られた。
デイジーが殺人者と会ったとネットに書いていたのだ。

ポールは気が付き目を開けた。
看護師が声を掛けたが興奮し暴れて薬の追加でまた眠った。

その様子をローズが気が付き怯えて帰りたいと言っていた。

ポールの病院にケイティが来たが警察が察知し彼女は逃げた。

サリーはオリヴィアと息子リアムが中傷された事を校長から聞かされ、
オリヴィアがネットや電話を使った事で、自宅にしばらくいたらと言われる。

ポールは脳の損傷も疑われCTを取る事に。

ステラはチームと会議した。
ポールの回復は分からないが証拠を集め手を緩めないことを。

献身的に看護している看護師キーラがポールに声を掛けポールは目覚めた。
脳の反応もありポールは回復してきた。
気道チューブも外されステラにポールの意識が戻ったと入った。

サリーはポールに弁護士を付けた方がいいと助言される。
そしてオリヴィアには会わせた方がいいとも。
弁護士ショーン・ヒーリーに頼んで、彼は受けると。

医師スペンサーがポールに幾つか質問した。
彼は事故で入院していると思っている。
誕生日は1979年5月25日、
26歳で2006年だと答える。
オリヴィアの事も分かるがまだ小さいと。

医師は撃たれた事件の詳細をポールに話して聞かせた。
何故拘束されていたと聞くポールに医師は答えず弁護士と話せばいいと。

ローズがポールの事に気づき退院したいと入った。
拘置所からはポールに弁護士が着いたとも入った。

ローズはトムと娘ナンシーと退院した。

サリーはオリヴィアにもうネットを見ないでと。
そしてオリヴィアはポールは何人も殺したから撃たれたと知っていた。

ケイティはデイジーに詰め寄った。
嘘を書いたと。
そしてデイジーの目にレモンの液を掛けた。

サリーはポールが何が起きたか覚えていなく困惑している事を医師から聞き、
サリーは会いたがっているからとオリヴィアをポールに会わせた。

ポールはサリー達に会うと覚えていても大きなオリヴィアに困惑し、
俺はどうなったのかと・・・

抱き着くオリヴィアにそっとキスをし、お前なのか愛していると。
ポールは記憶が戻りつつあるが正気ではないとキーラに話した。

捜査はポールがボールドウィンと言う名で借りていた車庫にたどり着いた。
鑑識が入りトランクに入った女性の下着が沢山見つかった。
被害者たちの写真も見つかり、
他にも被害者が居そうなノートも見つかった。








そこまでの感想


かなりゆっくりとしたポールの回復までだった。
手術やら看護やら丁寧に進んだと思う。

本当にポールは記憶がないのか、どうなのか、

ローズとポールが壁一枚隔てているというのがおかしいと思う。
それと、看護師キーラの看護が何かありそうでじっくり見てしまう。

何が起きてもおかしくないし、
回復したのもどうかとも思う。

オリヴィアの気持ちはわかるが、
サリーの表情が明らかにげっそりして感じが出ていて可哀想でならない。





『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刑事ジョン・ルーサー シー... | トップ | 黒い十人の女 #6 (場外乱... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

THE FALL 警視ステラ ギブソン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。