はじめての漫画・イラスト制作

はじめて漫画やイラストに挑戦してみる人のブログです。
暖かく見守っていただけると幸いです。

不妊治療に院長自らの精子を使用

2017-05-14 00:12:27 | 日記

オランダで先月死亡した不妊治療クリニックの院長が、選ばれた提供者の精子ではなく自分の精子を治療に使用していた疑いが浮上し、このクリニックでの体外受精(IVF)で生まれた子どもとその親計23人がDNA鑑定を求める訴えを集団で起こした。


 疑惑が浮上したのは、ロッテルダム(Rotterdam)に近い不妊治療クリニックで、先月死亡したヤン・カールバート(Jan Karbaat)氏は生前、同氏が院長だった際に約60人の子どもの父親になったことを認めたと報じられている。このクリニックは不正が報じられ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のオーパーツをご紹介 | トップ | 富士山さんは思春期の着替え... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL