散 歩 B L O G

歩くことが唯一の趣味ですから。

飯綱高原

2016-11-12 | Weblog
東京には紅葉がない。黄葉ばかりで紅葉がない。銀杏の黄葉もきれいだけど紅葉を見るには
山にでも入らないと見られない。長野にきたから紅葉でも見ようと思ったら色づきが今ひとつ
だから飯綱高原まで上ってみる。


気づいたら戸隠。

アルピコ交通の「戸隠高原フリーきっぷ」というバスの券を買って飛び乗ったら、うとうとして
戸隠まで登ってきてしまった。標高が高すぎて、完全に冬景色……吐く息が白い。寒い!!
たぶん戸隠は3度目だが、以前5月にきたとき雪が残っていた。


5月の奥社の写真

あのときよりも、いまのほうが雪はないけど寒い。あのときは、かたくりの花とか咲いていた
けど、いまはそれどころじゃない。


5月のかたくりの花

バスがくるまで、そばでも食べて、飯綱高原まで下りる。途中、紅葉がきれいだ。戸隠あたりは
それでもまだ日が射していたけど、飯綱にきたら曇天というか小雨まじり。寒い!!


健康ウォーキングフェスティバル

あんまりお客さんがいない。この寒さでは仕方ない。それでもバンド演奏とかやっている……
がんばれ! 寒いから聴かないけど、それでもがんばれ。


大座法師池っていうのは……?

パンフレットで見るのとちがって変てこりんな池が目の前に広がっている。パンフレットで見る
のとちがって、池のまわりを歩きたいと思わない。でも、池に近づいてみた。


水辺にぶよぶよ何か変なものが

紅葉なんか目に入らないほど水辺の茶色っぽい異物が気になる。その上を歩いてる人がいる
から乗っても大丈夫らしい。湿地のような植物のような……何だこれ。


水鳥たちは全く異物にお構いなし

踏み心地が悪いので、ほどほどにして陸に上がる。ここは標高1000mぐらい。もうちょっとだけ
標高あるほうが紅葉の盛りという感じだった。でも、いまさら戻るのも何だし……。


水草が大量に発生

「大座法師池は水草が大量に発生したため、池の水を抜いて駆除しております。」……と看板に
書いてあった。水辺の茶色っぽい、ぶよぶよの異物は水草だったのか。水草を「駆除する」って、
あまり聞いたことない言い回しだけど、それより池の水どうやって抜いたんだろう?


あっ神社みっけ!

飯綱高原の神社だから、当然のことながら飯綱神社だろうと思ったら、よく見ると飯縄神社って
書いてある。飯綱高原の上にそびえるのが飯縄山で、飯綱も飯縄も「いいづな」と読むらしい。


カムイ外伝に出てくる飯綱落とし

このへんも忍者の里だったんだろうか? 飯綱の奥の戸隠もやっぱり忍者の里だったようだし
……というか飯綱も戸隠も修験道の霊場なんだろう。


すいぶん心細い

「いいづな」はイタチの一種らしい。カムイ外伝の飯綱落としは「いづな」と発音していたけど
飯綱は飯綱だろうな。


飯縄神社がみえてきた……

飯縄山を登ると頂上に飯縄神社の奥社があって、全国の飯縄神社の総社らしい。登山道には
死者を司る仏13体からなる十三仏が各所に安置されているとか、観光案内板に書いてある。
よく意味がわからないけど物々しい。早くバスに乗って人里に戻りたい。


善光寺までバスで下りてきた

ここに来るのも何度目かわからないけど標高が下がると多少あたたかいし、人が大勢いるのも
悪くない。紅葉も案外きれいだった。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松代 | TOP | 鈴ヶ森刑場跡 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Weblog

Trackback

Trackback  Ping-URL