散 歩 B L O G

歩くことが唯一の趣味ですから。

うどん県

2017-06-19 | Weblog
とあるニャンコを取材・撮影するため香川県に行ってきた。何年ぶりだろう? 香川県……ついこのあいだの
ような気がしていたけど、ブログ見たら5年ぶりだった。要潤、5年以上うどん県やってんのか。


そんなわけで、うどんを食べに

ニャンコの取材・撮影を終えて、宮武讃岐製麺所が営む「まごころ」へ。人は、うどんを食べるために讃岐まで
はるばるやってくるという。繰り返し通う人もいると聞く。レンタカーを借りて、うどんの店をはしごする人だって、
20年くらい前からめずらしくない。


うどん製麺所としては大きいほう

午前6時から午後6時まで営業してる。朝ごはん、昼ごはん、夕ごはん全部うどんにするのも不可能じゃない。
地元の人は慣れっこだろうけど、滅多に来られないから興奮してきた。


こういうふうになってるのか~~

何をどう注文したらよいのか、いまひとつよくわからない。キョロキョロあたりを見回すと、手がかりになりそうな
ボードが目に入った。


小は1玉、中は2玉、大は3玉

普通、うどんは1玉ではないのか? どうも讃岐では違うらしい。遠くからやってきて、小ですませるのは何となく
気が引ける。とはいえ大は3玉って、そんなに食べきれるだろうか?


あの家族は大を食べるのかな

ずっしり重そうな丼をお父さんが持っている。あたりまえのように大をたいらげそうな雰囲気。あれで中だったら
びっくりする。それも含めて今日のところは中にしておこう。


温玉肉ぶっかけの冷にするか

迷うなあ、シンプルなの? 豪華なの? どっちが好きなの? ボードを見つめているうちに、温玉肉ぶっかけ
に心ひかれてきた。そうしよう、そうしようと決めました。


うどんを頼んでトッピング

また天ぷら関係のトッピングが、どれもこれも大ぶりで魅力的! あれ食べるためにも、うどんは中にするのが
正解だろうな。 (並んで順番を待つ間ずっとこんなこと考えてる)


温め湯のコーナーがある

かけうどんは、あの温め湯でセルフで温めるという。温玉肉ぶっかけの冷は、おばちゃんが完成形にしてくれる
から初心者としては安心だ。


ついに自分の番がやってきた!

あれが中か。よかった、大じゃなくて。中でも量がある。2玉だもん。普通にいうと2人前だもん。大だったらば、
通常の3倍だもん。さらっと大盛りみたいな表現してるけど、よく考えたら尋常じゃないもの。


温玉肉ぶっかけの冷の中です

それだけならば、まだいいが……ちくわ天とか、いろいろ欲ばって皿にとってしまった。いただきますをするとき
ふと我にかえり、全部ちゃんと食べられるか心配になってきた。


まっ食べちゃったんですけどね

麺にコシがあるから満腹感が半端じゃない。電車で高松に移動する前に、丸亀の町を腹ごなしに歩き回ることに
した。アーケードに若者が群がっている。


ジャグリングが流行ってるのか?

楽しいかどうか聞いてみたら、楽しいですと返事があった。丸亀のホテルに1泊しようとしたらどこも満室で予約が
できなかったのは、この土日にイベントがあったせいかもしれない。


ワールドジャグリングデーin香川

丸亀城では日曜に仮装行列があるようだった。その丸亀城というのは、天守閣が焼けずに残っている12の城
のひとつだというので、ちょっくら見にいった。


あることで日本一の丸亀城

天守閣が日本一、小さい城……なるほど。天守閣は小さいけれど、土台の石垣が立派だな。城は遠くから見る
ものと毎回思うのに、つい近くまで見にいってしまう。


そして坂を上るはめに

こんな一本道がある城はめずらしい。その分、攻めにくいように傾斜が急にしてあるのかもしれない。息切れ
した敵を一網打尽にしようという……。


三の丸まできたらもう疲れた

この先、二の丸、本丸と坂を上っていき、小さい天守閣に上る。


天守閣から丸亀港がよくみえる

あそこに取材・撮影したニャンコがいるのだ。さて、駅まで戻って高松に移動しよう。途中、町の駅という施設で
声をかけられ、防空壕をのぞいた。


高松が焼けたとき作った防空壕

北朝鮮の弾道弾がここまでくるとは思わないけど、せっかくだから防空壕の中に入ってみる。核シェルターという
作りにはなってない。そんなもの昔はなかったから。


懐中電灯で照らす


防空壕の中はひんやりしている

30人ぐらいは入れるという話だけど、30人も入ったらギュウギュウだろう。いちおう背は立つ。窓はないから、
大勢で入ったら息苦しいだろう。今ならワインセラーにするといいと思った。


高松港からフェリーで男木島へ

もう仕事は終わったのだから、さっさと帰ればいいんだけど、高松で1泊して猫の島として知られる男木島に
渡る。その島の神社と漁港には猫がたくさんいるらしい。


男木島が見えてきた……

2時間に1本ぐらいのフェリーで40分ほど瀬戸内海をゆくと男木島につく。途中、鬼ヶ島といわれる女木島に
寄港するけど、さすがに時間がないので女木島では下りずに男木島へ。


神社に猫がいるかな?

昼間は暑いから猫たちはどこかに隠れているという。島に200も300も猫がいたときは世話が大変だったから、
去勢してだんだん数を減らしてきた。それでも朝夕は猫の群れを見ることができるけど、フェリーと飛行機の
接続を考えると夕方までは粘れない。 (仕事じゃなくてよかった……)


あ、でも猫が出てきた

狛犬のかげから猫がひょっこり出てきた。暑くても、ちょっとは出てくるようだ。


涼しそうなところで休む


漁港のほうにも何匹かいた


いっぴき近くに寄ってきた


なんという座り方を


人間の影で涼もうとしている?


だいたい日陰に出てくる

関連記事:  こんぴらさん (5年前)


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩淵水門 | TOP | 水戸の納豆工場 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Weblog

Trackback

Trackback  Ping-URL