40代独身NEETのブログ

ご閲覧ありがとうございます。自論や個人メモを残す場として始めました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地方の財政破綻、夕張市から考える。

2017年03月15日 | 日記
地方の財政破綻、夕張市から考える。

【個人メモ】

ようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。



地方が「財政破綻」をしたケースで、

北海道の夕張市が取り上げられています。


そこで”財政再建計画”という形で、復興を目指します。

ひとつ疑問が生じました。



たとえば、地方議員は市民によって選ばれるのですが、

投票権という「権利」から選ばれます。

「義務」の方はというと、

選んだ議員が、ミスや愚考をしても、

選んだ”市民”には、義務として「返済の義務」は生じません。

(当然、市長などの行政の中の個人に対しても返済はない)



財政再建計画という流れになって、

初めて、「給与の減額」等の処置になるようです。


ここでの話のポイントとしては、

「選ぶ権利があるのだから、間違った方を選んだケースで、責任を取る義務が生じる」のではないか、という疑問です。


これはハッキリとしていない部分。



2点目は、

市町村の”財政が破綻”すると、

そこの住民が、やはり辛い目に遭うようです。



市民税・固定資産税が上がるのは理解できますが、

「水道代」などのライフラインも上がります。

(1470円から2440円程度の値上がり率)



ふるさと納税に対しても、話したいところですが、今回は除きます。



つまり、「地方が財政破綻」していくと、

日本全国のライフラインが値上がることが想像できます。

最低限度の生活を送るのに、

それが不可能となることも考えられる事態です。


時間があったら、続きを書きたいと思います。



data:2017.3.15 21:30



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初めに言葉があった・・・。 | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。