COMHOUSING コムハウジング「中庭.Style」の家創り

中庭のある家創りからスタッフの日々のあれこれなど。

キッチンクローゼットの使い方

2017年07月12日 | 日記

写真は、来週末にオープンハウスを開催させて頂く建物の( 詳しくは→ こちら )

キッチン背面の収納部(キッチンクローゼット)の写真です。

 

弊社のオープンハウスにお越し頂いたことのある方なら、

ご覧頂いた事があると思いますが

弊社では、いわゆるカップボードではなく、

大きな壁面収納を造り付けるんですね。

 

 

キッチンとセットのカップボードでも、

見た目は良いと思いますが、何せ金額が高い!!

キッチン本体と比べると驚くほど高く感じます。おそらく、

キッチンを購入した方全員がセットで

カップボードを購入するわけではないので、

価格も割高なのかもしれません。(数が出ない)

 

しかし、最近の間取りはほとんどが、対面キッチンになっているため、

おのずと後ろの収納部は見えてきます。

せっかく新築したのに後ろだけ、今まで使っていたカップボードを置くのも残念ですし

ニトリやイケアなどで新しく購入しようとしても、キッチンの扉と色や質感が合わない・・・。

なので、弊社では内部の可動棚は大工工事で一緒に造り、

インテリアに合わせた引き戸を選択する事で大容量の壁面収納を

リーズナブルにご提供させて頂いております。

 

前段が長くなってしまいましたが、ここまで大きい壁面収納ですと

家電、食器、調理器具などを収納しても

ほとんどの方は、全てを使い切れません。

そこで、端の1列などは、そのお客様ごとで、

さまざまな使い方が可能になります。

 

さらに上の方の手が届きにくい場所などには、1回接続すると後は、

ほとんど触ることのない、インターネット関連機器(モデムやハブ)などを置く場所にすれば、

わずらわしい機器をスッキリと隠せますね。

 

あとは、掃除機置き場やオモチャ置き場、あるいは本棚にしたりと、

お客様のライフスタイルに合わせて

ご利用頂くことが可能になります。棚も全て可動棚ですから、

簡単にスペースのカスタムが出来るんですね。

 

今回の建物では、クローゼット内部の色を薄いグレーにしてあります。

白い棚とのコントラストを素敵で引き戸を開けた瞬間の印象が、

白一色とはまた違った雰囲気ですので、

そんなキッチンクローゼットにも

注目いただければ幸いです!!

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« デッキコートの魅力 | トップ | プレカット図 »