『シンプル・フライフィッシング:テンカラが教えるテクニック』

もっともシンプルな釣り「テンカラ」
日本の釣りかと思っていたのですが、海外でもテンカラと言う名で広まっているんですね〜!
こんな映像を見付けました。

『シンプル・フライフィッシング:テンカラが教えるテクニック』
イヴォン・シュイナード、クレイグ・マシューズ、マウロ・マッツォによる本書は、トラウトを捕らえるための最良の方法を明らかにする。
それはシンプルで、ロッドとフライ以外に必要なものはほとんどない。
さらに魚がいる場所や魚が食べているものの見つけ方を教え、フライのプレゼンテーションのテクニックを示し、それを生きているように見せて、魚を捕らえる。
ウェットフライ、ニンフ、ドライフライの章では、著者らがテンカラと従来のフライフィッシングのテクニックの両方を用いる。
ブックトレイラー『シンプル・フライフィッシング:テンカラが教えるテクニック』:パタゴニア
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2018 Cervelo R シリーズ

サーベロのRシリーズもモデルチェンジ。
ダウンチューブがSシリーズと同じ極太に・・・エアロ化?
R5は既にジロ11ステージで勝ってる!
上の写真はR3、下はR5

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ALL-New Diverge

スペシャライズド、何とまあ大変なものを出してくれちゃったね〜!
20mmトラベルのフューチャーショック採用でタイヤサイズは700x38mm、700x42mmまで対応し荒れた路面は650Bx47mmでどこでも走れるグラベルロードで、初代Divergeより確実に進化、サガンがガンガン走ってるし・・・
国内はExpert X1とE5 COMPとE5の3グレード展開のみ、S-WORKSは35mmのドロッパーポストを採用ですが国内未発売のようですね!!
2018シーズンのカラーはイマイチかも?

Diverge: Shockingly Fast. Seriously Fun.
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

尾白川渓谷

今日は雨で自転車に乗れず、買い物で終了してしまった。
先週訪れた尾白川渓谷の写真を整理していた。

透き通るような渓谷の水が頭から離れず、そのうちここでテンカラ釣が出来たら良いな〜!
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

毛鉤

毛針って書くのかと思っていたら、毛鉤と書くことを恥ずかしながらこの歳で初めて知りました!
まだ釣行に行けてませんが、準備は順調に進んでいます。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

富士見パノラマ・ソロライド / Rd2

ソロで行きましたが、MARSHな方々は沢山おられ安心なライドとなりました。
特にOさんには、ゴンドラ&ライドとお付き合い頂き楽しかったです、またよろしくお願いします。

自分的に成長しているのか?不明ですが、去年より乗れている感はあります。
・・・とは言え、甘いところばかりで鍛えないと壊滅状態ですがね!(笑)

1本目・3本目はOさんに引っ張られてのライド。
3本目は、ここ数年で最速タイムかと思います。

やはりパノラマは長いので楽しいですね〜!

午前中で4本&洗車まで完了と予定通りに運びましたが、帰りは出遅れ既に高速は渋滞。
温泉も大混雑で、仕方なく尾白川渓谷へ涼を取りに行きそのまま帰路へ・・・帰りは大渋滞で勝沼から下道約5時間半。
藤野で痺れを切らし、道志道へ迂回。
最初から都留経由の道志道に行っておけば良かったと反省しかり・・・しかし時既に遅しでした!(笑)

Rd.1:18:34
Rd.2:19:03
Rd.3:14:35(これはOさんに引っ張られてのタイムです)
Rd.4:16:23

20170611
実走行距離:30.07km
消費カロリー:1387kcal
平均心拍:128bpm:MAX:162bpm
平均速度:17.1km/h:MAX:47.3km/h
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

江ノ電・・・見納めカール号?


関東地方でカールの販売が中止されたそうで・・・

江ノ電カール号・・・これの見頃もそろそろ終わりでしょうか?
下の写真は極楽寺駅付近にて・・・
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

鎌倉散策・・・紫陽花

梅雨入りしたのですが、どうも真夏日になってしまったようで・・・
金曜は休暇を頂き、カミさんと鎌倉散策。

目的は紫陽花です。

極楽寺から長谷まで歩き、鎌倉の大仏様を見に行き鎌倉まで江ノ電、小町通り経由で鶴岡八幡宮へ・・・

若宮大路をGROVEまで移動し和田町駅まで歩き、結局15kmほど歩いてきました。

紫陽花の見頃は来週以降でしょうかね?
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

TENKARA ROD RED SNIPER 3.3m

昨日から追加した「釣り」カテゴリーですが、早速第2弾は・・・手に入れてしまいました。
テンカラロッド・・・なるテンカラ用の竿です。

実際に実物を見たのは店頭で初めてだったのですが、第一印象が良過ぎました。
最初からこの竿はもったいないかも?何て思ったりもしましたが、店に居合わせた常連さんがボソッと「一期一会で出会ったのだから・・・」とひと言が効きました。
そしてもうひと言・・・「最終的にこの竿に行き着くなら、最初からでも良いんじゃないですか?」
買いたい時にモノが無ければ買えないし、店頭在庫はこれのみなら出逢うべくして出逢ったと言う事で行ってしまいました!

RED SNIPER

釣具店「SANSUI」オリジナル(サクラ製造所とのコラボモデル)

下記***内は、HPから引用。
*****************
RED SNIPERは軽さとシャープさが身上である。 竿の反発力を利用し、軽量のラインをキャストする時の振り抜けの良さは特筆ものである。 振り終えた時の穂先のブレも少なく、軽量ラインでのピンスポットへのキャスティングが非常にやりやすい竿である。
キャスティングも取り込みも、実にバランスの取れた竿であるといえよう。

3.3mは「Sensitive」を追求し、持ち重り感の少ないシャープな調子に仕上げております。
*****************

「慣れてきたら長いのもありますから・・・」
・・・最後の店員さんの言葉・・・んっ?気になる・・・(笑)

Motoさん、お忙しい中お付き合い頂きありがとうございました♪♪♪
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

テンカラ釣り

最近ちょっと気になるものが、日本で生まれた「テンカラ」と呼ばれる釣り。
尾白川で見たのはルアーを使った釣りでしたが、いろいろ調べるうちに「テンカラ釣り」と呼ばれる釣りの手法があることを知った。
短気なのでじっとしていられず、釣りには向かない性格だと思っているが、調べれば調べるほどやってみたくなってきた。

竿・ハリス・毛鉤と言うシンプルな道具だけで釣りをするのが「テンカラ釣り」。
ウキも重りも要らないのです。
Motoさんはブラックバスを狙ってやっているが、自分にはそんなに道具を揃えるつもりはなく「テンカラ」に絞ることに。

竿等もそれほど高額ではなく、道具に拘っても竿や手作りの毛鉤位なので、テンカラ・オンリーという縛りで始めてみようかと思っている。

先ずは、竿選びから・・・
って調べてみたら、シマノにダイワ(グローブライド)・・・自転車と同じ・・・
トレイルライドや山歩きに竿を持参して・・・と、夢は膨らみ♪♪♪
お楽しみに・・・

伝統の釣りテンカラ シンプルに渓魚と遊ぶ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ