MotoGP#11 アメリカ決勝

ねむいー。

・気温39度の中で、ヘイデンの好スタートと落ち着いたレース運びの勝利!
 どこの記事だか忘れたけど、『「アメリカでしか勝てない男」ではなく、「アメリカでは負けない男」になるんだ』と言われていたのを体現。ブラボー!
・ピットロードを逆走するニッキーを迎える仲間の中には、前日決勝開催のAMAスーパーバイクで表彰台を獲得した兄トミーの姿も。ちなみに弟ロジャー・リーは今戦からスーパーバイククラスに復帰して11位。民辻は16位。
・バーミューレン、燃料供給系に問題が出ていたようで、やすやすとレプソル2台に先を譲る格好に。
 バイクのトラブルは大きくなる一方で、特にコーナー進入が辛かったとのこと。
 なんとかチェッカーを受けるも、その後3コーナーで完全ストップ→ドナドナ。
・エドワーズ、1周目のヘアピンで後続に飲まれた…誰かに引っかかりそうになったのか、それとも単にブレーキングの差なのかな? せっかくの星条旗仕様M1が目立たなかった。
・鬼追い上げ中のロッシだったけれども、後輪左側のラバーが剥がれるというトラブルでスロー走行→オーバーヒートだったらしく。大丈夫かミシュラン……チャンピオンシップのこともあってか粘ったけれども、結局最終ラップも持たず、リタイヤ。って「!」をつけるようなことなのかヤマハ。黒旗を見てのストップだったのかどうかは??
 残り6戦、ポイントリーダーとの差は51ptに。結果論ですが、こんなに差がつくんなら、ヘイデン8耐出ても良かったんじゃね!?(笑)
・昨年は散々だったメランドリ、今年は表彰台。ほほー、またひとつの壁を越えた感じがします(なにさま>私)。
・ストーナー、好スタート→転倒。あまりにも予想通り。ペドロサのプレッシャーに負けた? しかし、ロバーツを両サイドから抜く20歳ルーキー2人にはびびった。
・中野君……コメントはさすがに冷静ですが……。
・周回遅れとなったエリアスが画面に映っているのに、実況+宮城さん完全スルー。なんかひとことくらい言ってもいいじゃんんん。しかし今回の実況はうるさかった。「かわしています!」て順位変わってねーよ!
・そう言えばカピロッシのメットはいつもどおりだったなあ…ありー。目立たなかっただけで、一応スペシャルでした。
・併催のAMA Formula-Xクラスでは、ベン様の弟エリックが優勝、8耐でYSPの第3ライダー登録されているディサルボが2位、元MotoGPライダーのバーンズ5位、マックおじさん8位。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« BSB#9 オール... Yamaha Racing... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (もりま)
2006-07-24 16:43:00
猛烈に眠いです。よって現実逃避中(笑)

しかしヘイデンは予想通りだったけど、

エドワーズが沈んだのが予想外でしたねぇ。

秘密のラインは何処へ?!
 
 
 
Unknown (ヨイコ)
2006-07-25 00:18:58
>、『「アメリカでしか勝てない男」ではなく、「アメリカでは負けない男」になるんだ』



なるほどー。勝てない男じゃなくて、負けない男ですか!うまいっ!素直に関心しちゃいました。ニッキーがタイトルとっちゃうんですかね?!
 
 
 
Unknown (kammy)
2006-07-25 13:34:52
>もりまさん

エドワーズ、予選のラストアタックかっこ良かったのに、レースは残念でしたね。あのラインは、もう秘密じゃなくなったのかな…新しい秘密を作らなければ(?)。

しかしペドロサがゼブラゾーンをがんがん走っていくのが怖かったー。



>ヨイコさん

予選がいまいちだったので、その言葉もどうだかなーと思っちゃったのですが、しかし! 終わってみればニッキーGPでしたよね。

タイトルはどうなるんでしょう…心のどこかではロッシの8連覇も見たい気がするんだけど、ニッキーってリタイヤ知らずだし、さすがに難しいですかねえ…
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。