某ギターメーカー社長室

ギターメーカー社長の色々な出来事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネック調整での”アイロン”は効果的か?

2005-10-27 23:36:41 | 楽器
ネック調整の依頼時に”アイロン”をかけて欲しいとの要望を受ける事が良くあります。
まるで”アイロンをかければ何でも直る”位の”神話”でもあるかのごとく、ロッド調整だけでは無理ならアイロンでと依頼されるのですが、これは間違いです。

確かに効果が無い訳ではないですし、クラシックギターのように”トラスロッド”が入っていない場合は調製のしようが無いので仕方が無いとは思いますがね。

昔のギターは接着剤として”ニカワ”を使用しておりました。
ニカワは熱をかけると溶けますので、アイロンを当てながらクランプ等でしっかりと固定しておくと反ったネックと指板を接着しているニカワが溶け”ズレ”を起こします。

そしてズレた状態でアイロンのタイマーが切れ、冷めるとズレた状態で固まりネックの反りが改善されると言う理屈なのですが、最近のギターは”接着剤”を使用しております、ちなみに弊社は”タイトボンド”と言う輸入品です。

で、このボンド等は熱をかけても溶けないんです。
すなわちネックと指板がズレる事が無いんですね。

と言う事は単に熱をかけてクランプにて力をかける事により強制的に”変形”させているのと同じとお考え下さい。
竹細工の籠みたいなもんです。

しかしこれではネックの反りの元凶”指板とネック材の伸縮の不均等”とでも言いましょうか、これを直した事にはならないんですよね。
強引に変形させるだけだとすぐに同じ状態に陥り、いくら直してもそれを繰り返す事となってしまう事が多いのですよ。

我々もアイロンを使う事はあります。
但しそれは指板張替え&ロッド入れ直し修理の時、ロッド等を仕込む前にアイロンにて強制し、ある程度真っ直ぐにした状態でロッドを仕込み指板を接着致します。

これですとズレる訳ではありませんが、ネックを真っ直ぐにしてから改めて指板を張るのですから、結果的にはズレたのと同じ事となりますよね?

では、タチの悪い反りを起こした場合はロッド入れ替えになるか?と言うとそんな事は稀であると考えて大丈夫です。
7割方はすり合わせ、残り3割の内殆どが指板調整&リフレットまでで何とかなります!
キーワード
トラスロッド クラシックギター
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 魂\"kuon-guitar\" | トップ | ショーモデルのギター »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奥がふかいですねー (ダロ)
2005-10-28 07:46:25
なかなか、難しそうな仕事ですねー
Unknown (kagetugu)
2005-10-28 11:11:51
「そうだよなぁ〜」
タイトボンドについて (建具、家具関係の者です。)
2012-07-31 11:32:10
タイトボンドは熱をかける事で剥がしたり再接着したり出来ます。
膠よりも多少高い温度が必要ですが、楽器の木材に悪い影響を与える程の温度ではありません。
実際に広面積に薄単板の練り付けなど、接着の不十分な箇所はアイロンによる圧着で対処すると言うのはよくある手法ですし、
膠ほど簡単に動かないのは温度の問題では無いでしょうか?
私は楽器製作に関しては素人なので、それ以上は何とも言えないし、ネック調整に使うアイロンが どのような機械なのか知らないので無責任な話ですが、
道具と やり方の工夫でタイトボンドネックでもアイロン調整出来る可能性は大きいと感じています。
Unknown (ずー)
2013-12-28 21:15:12
アイロンが普及するとリペア業者が困るのでマジなコメントはやめい

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL