それにしても眠れないのだ

日々の眠れない出来事を虚実織り交ぜて

それにしても「映画館盛衰で諸行重要性」なのだ。

2017-06-13 18:42:56 | Weblog
 映画はよく観るけど、もっぱらテレビで観る。なぜか?それは“映画館がキライ”だからだ。理由は、長くなるから割愛するけど。
 で、最近「この映画は、絶対映画館で観るべきだ!映像がキレイだから」という感想に出くわした・・・んだけど、全然共感できない。それどころか、キレイさを謳うんならテレビの方が絶対良いでしょ!と、思ってしまったのだった。
 映画館は、映像を映写機でスクリーンへの投影して、その反射した物を観る。それに対してテレビは、細かな映像情報がそのままスクリーンに伝わって、そのまま直接光って映像を観ることができる。この違いから、テレビの方が正確で精密で精緻な映像を表現できる!と、思うわけだ。それにテレビなら、確実にテレビの正面で適度な距離、つまりベストポジションで毎回観ることができる。映画館は、それはままならない。もう何年も映画館へ行っていないから、こういった筆者の考えるウィークポイントが、最近の映画館では完全に家庭テレビ同等以上になっているというなら、映画館に対する評価を改めないといけないだろうけど、ほぼ絶対あり得ないでしょ?
 大体、「映画館の大音量が良い!」ってのも、筆者は眉をひそめる。いや、個人の主観は否定しない。だから、とりあえず筆者の主観も、とりあえず一度聞いて欲しい。ってか、映画館の音って、音は大きいけどクリアじゃないよね?リアルを損ねているよね?むしろテレビの方が音は良いよね?爆発音は聞きなじみないけど、救急車のピーポーピーポー音聞けば一発でわかるでしょ。音が大きかったら、そういった部分は目を瞑る・・・いや、耳をふさぐの?
 映画館の大画面で大音量が!っていう、ライブ感、高揚感っていうのは否定しない。人間は気持ち次第で「良さ感」が増減するからね。ただ、筆者みたいな映画をきちんと観たい派の人は、テレビで鑑賞、もしくはイヤホン付きヘッドマウントディスプレイでの鑑賞が一番良いのかもしれない。フルHD以上の解像度がある物なら、没入感は映画館以上なんじゃないだろうか。
 ゲームセンター業界は、かつては盛況だったけど、家庭用テレビゲームの性能の進化で特別感が完全に薄れ、客足が遠のいた。現在は、家ではできない部分を伸ばすことで生き残りを図っている。翻って映画館はどうなのか?久しく行っていないからわからないけど、テレビよりヘッドマウントディスプレイよりすごいのか?ま、風の噂で聞いた4D映画ってやつは、座席が動いて煙や何やが出る等のアトラクションが楽しめるってことなんで、筆者も魅力を感じるけど。あ、それよりもしかしたら、テレビ番組も映画館で放送した方が評価が高いんじゃない?
 とりあえず、映画好きで、映画館へしょっちゅう行くという人が筆者はあまり好きじゃないので、でもなんで自分がそう思うのか今後のためにもよーく考えようと思うので、答えが出るまで今日は眠れなさそうなのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それにしても「結果の原因の... | トップ | それにしても「世界の中心へ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。