野鳥、旅、nature、
気の向くままに、鉄道模型そしてPhotograph。禁:無断転載





  前回に続き乗鞍高原から美ヶ原へ。梅雨前線が停滞し,雲行きも怪しい日が続いた。
  当日の宿は美ヶ原では初めての山本小屋ふる里館。ここから4kmほどの所に王ヶ頭ホテルがある。
  この2箇所は兄弟関係。 王ヶ頭ホテルは今まで2回行っているが、山本小屋ふる里館も評判が
 良いので行ってみることにした。9年前に王ヶ頭ホテルに車で行く途中、ゴール間近の山道で落ち
 ていた薄っぺらい岩石を不覚にも跳ね、タイヤと接しているタイヤホイール縁にあたりへこみ、
 タイヤも傷を受けて空気抜け。急遽頼りないスペアタイヤに交換した苦い経験がある。
  道路山側の斜面を見ると平ベったくて、大きいもの、小さいもの、平均すると10㎝ぐらいの石片
 がびっしりへばり付いている。
  タイヤでこれを踏み、跳ね上ってタイヤに当たったら切れてしまいそうなシャープエッジの石片。
  斜面にある石片は雨が降ったら落ちてくるような頼りなさ。美ケ原は永年、人の手が入って守られ
 てきたので人口的に斜面をカバーする目的でこうなったのかわからない。板状節理の安山岩のような
 感じの石片がへばりついた場所が所々ある。美ヶ原に入る道路は主に林道美ヶ原スカイラインとビーナ
 スラインで行く道があるが、スカイラインでの頂上付近の道路は要注意である。
  最近はスペアタイヤを標準装備してない車があるようだ。暗い道でパンクしたらどうするのだろうか
 どこに傷が入ったかわからないのに応急処置用に搭載してあるボンベは役立つだろうか…と、つまらな
 いことを考えてしまいますが、昨今はすぐ保険会社にSOSでしょうか。しかし場所にもよるが山道では
 相当待たされるかもしれない。最近はマイカーはやめて大人の休日クラブでJRは3割引き、後はレンタ
 カーか送迎バスで行くことが多くなった。今回も特急あづさと松電、そして路線バス&送迎バスの活用
 である。

  <撮影2017.7.3〜4>
 
 雲の波が一時、引き下がった。標高は2000mほどの美ヶ原から薄景を眺望。


 レンゲツツジは終息にかかっています。



 山本小屋ふる里館の近くから王ヶ頭を望む。


 この雲の切れ目は一時的であった、翌日は朝から視界不良。

 名前不詳の可憐な花。


 この花もよくわからないが葉はイワタバコに似ている。


 ハクサンフウロがちらほらと顔を見せていました。





 初めて見るのはラン科のテガタチドリでした。



 以下7月4日撮影。
 帰る日の山本小屋ふる里館は霧の中。下界から見れば雲の中。

 ふる里館の人が近くに九輪草が咲いている、と教えてくれたので、撮影できた。
 小さな群落を成していた。 



 帰路はふる里館の送迎バスで王ヶ頭ホテルまで行き、そこから乗り換えて王ヶ頭ホテルのバスで松本へ。 
 王ヶ頭ホテルの玄関から外の眺めは…少し先の電波塔はうっすらと。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ・乗鞍高原   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。