「色彩会」 関東甲信越支部

日本カラリスト協会後援

就労支援活動へ参加希望の色彩診断士さんを募集中

2017年09月01日 | お知らせ

色彩会関東甲信越支部では現在3か所において、若者や女性対象の就労支援の為の活動をしています。

・あだち若者サポートステーション
・いたばし若者サポートステーション
・浦和ハローワーク・就労支援サテライト

それぞれ、年間回数や規模は違いますが、印象アップの為のセミナーを開催、
毎回メイン講師、色彩診断士を受講生の人数に合わせて派遣しています。

(あだちサポステの様子)

色彩会ではこういった活動の際に参加していただけるJAPCA色彩診断士の方を募集しています!
現在は、まずは見学からご参加いただき、ご準備が出来た方から診断に入っていただくよう、順番にお声かけしています。

診断の経験を積みたい方には、一定の時間でコミュニケーションをとりながら診断をこなしていくという経験。
またこれからパーソナルカラーのセミナー開催を視野に入れている方にもセミナー形式の一例としてもご覧いただけると思います。

   (浦和ハローワークの様子)

今年度からセミナー回数も増え、新しい診断士の方もご参加頂いています。


ご希望の方はぜひ色彩会関東甲信越支部までご連絡ください。

colorist.kanto@gmail.com

折り返し、詳細や次回ご参加可能なセミナーなどをご案内させていただきます。

皆様のご連絡をお待ちしています!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー報告「ブライダルマーケティング」

2017年09月01日 | セミナー報告

あっという間に夏も終盤、すっかり秋の風が吹き始めています。

去る7月27日に、今年2回目の公開セミナーが行われました。
今回は「ブライダルマーケティング」がテーマ。
講師の上田さんは現在カラリストとして活動をされていますが、ブライダルプランナーからはじめ、長年ブライダル業界に携わっていらっしゃいます。

そんな上田さんのセミナー、今回は会場づくりから違いました。
ブーケが飾られ、BGM,アロマなど、始まる前からブライダルの空間を感じさせます。
そういう所からも視覚、聴覚、嗅覚それぞれを使った空間演出の一部を見せて頂きました。

 

ブライダル業界というのはカラーが重要視される、カラリストにとっては仕事の可能性を感じる世界。
ただ、経験がないと外からは実情がなかなか分かりづらいと感じることも多いと思います。

今回のセミナーでは、ブライダル、ホテル業界の現状として、ブライダルの今をマーケティングの視点でご紹介いただきました。

ご自身がカラリストである上田さん、カラリストの視点とブライダル業界の常識の違いなどもとても興味深いお話しで、
ブライダル業界でこれからカラリストが活躍する可能性を探る、という意味で、知っておきたい情報やヒントが詰まったセミナーでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公開セミナー「ブライダルマーケティング」~カラリスト活躍の可能性を探る~

2017年06月29日 | お知らせ

夏の公開セミナーのご案内です。
今回のテーマは「ブライダルマーケティング」

ご登壇頂くのは長年ブライダル業界でのご経験をお持ちであり、現在はカラリスト協会の認定講師としてもご活躍の上田裕子氏。
ブライダル業界の現状から、私達カラリストがブライダルで活躍できる可能性について、また参入する際に知っておきたい情報やヒントなど、ブライダル業界とカラリストの両方の目線から、お話ししてくださいます。

公開セミナーになりますので、一般の方もぜひお誘い下さい。

「ブライダルマーケティング」~カラリスト活躍の可能性を探る~

講師: 上田 裕子氏

1993年より総合ブライダル企業WATABE WEDDINGにてブライダルプランナーとして海外挙式・国内ホテル、結婚式場、レストラン挙式への送客、プランニング及びディスプレイ
を担当。その後数々のパーソナルカラーアナリスト、イメージコンサルタント資格を取得。
現在外面と内面の分析に基づくパーソナルカラー診断を行うカラースタジオエレガンスを主宰。
医療ビジネス観光情報専門学校ではウエディングスペシャリスト認定講座・テーブルコーディネートクラスを担当している。日本カラリスト協会認定講師

 *********************************************

☆講師からのメッセージ☆
かつてブライダルプランナーをしていた時の現場で“色”の選び方により、お客様の満足度を左右することに気付きました。そこで、お客様のニーズに添えるよう心がけたいという思いからパーソナルカラーを学び始めました。
パーソナルカラーは、あらゆる分野=ファッション、ジュエリー、ヘアー、ネイル、メイクアップ、インテリア、エクステリア、テーブル、フラワーなどの現場で活用出来ます。そして、この分野のすべてがブライダルシーンでは不可欠です。
ブライダルマーケティングは、社会の経済の動きに連動しているとも言われています。カラリストのお仕事の幅を広げていただけますよう、ブライダル業界やホテル業界の情報をご紹介します。

********************************************

 日時 : 2017年 7月27日(木)
            13:30~15:30

会場 : 東京ウイメンズプラザ 第1会議室A

参加費: 3,000円(会員) 3,500円(一般)

定員 : 先着25名 申込締切:7月20日(木)
*準備の関係上キャンセル受付も7月20日までとさせていただきます。 それ以降の返金は出来かねますのでご了承ください。


 

 

 

 JAPCA色彩会 関東甲信越支部

Email :colorist.kanto@gmail.com

FAX  : 03-3406-9190 

*参加費お振込み先*

 ゆうちょ銀行 10200-95923771

                    店番028 普通9592377

口座名義 パーソナルカラリスト色彩会関東甲信越支部


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第7回総会と記念セミナーのご報告

2017年05月01日 | セミナー報告

皆様ゴールデンウィークはゆっくりされましたでしょうか。
お天気にも恵まれて、1日1日と新緑が増していきますね。

さて、去る4月13日に色彩会関東甲信越支部総会が行われました。
今年の記念セミナーのテーマは「バウハウス」

ミサワホームがバウハウスのコレクションを所蔵していること、それを公開する国内唯一のバウハウス専門美術館があること。
また、定期的に企画展を開催していることは、大きな美術展と違いあまり大々的に話題になることは少なく、ご存じない方もいらっしゃったかと思います。
そのコレクションの管理、研究から関連企画、そして日々の来館者の対応まで長年にわたりほぼお一人でこなしているのが、今回ご登壇いただいた杣田佳穂先生。
そのご経験から繰り出される膨大な情報は聞いていて飽きることがありません。

今回はカラリストの為に、「バウハウス入門」「バウハウスの色彩」の二部構成でお話しいただきました。

入門編としてバウハウスとはそもそもどういう所であったのか。バウハウスが設立された時代背景から理念、それを実現する為のカリキュラムのしくみなど。
バウハウスにおける色彩教育や実験については、色彩研究の主な「人」に焦点をあてて、色彩論だけではなく様々なエピソードも含めてご紹介くださいました。
杣田先生の語り口からは、それぞれの教師や学生の人となりが生き生きと語られ、そこに集った人たちにとって学校であり、工房であり、また実験の場であったバウハウスという場所を感じることができたように思います。

四角は何色?カンディンスキーの形と色の関係の実験はちょっとだけ私達も体験! 
さてカンディンスキー先生の説に賛同できたでしょうか それとも杣田説?

皆引き込まれるように聞き入っています。

 

 

 

 

セミナー終了後は、第7回総会を行い、昨年の活動報告、会計報告、そして今年度の予定や予算をご承認いただきました。 

色彩会では、会員向けセミナーの他、若者サポートや各種就労支援などの活動も行っています。
ぜひ参加したい、とご興味のおありの会員の方は、会までぜひご連絡いただければと思います。 

資格を取ったけどもなかなか機会がなくて、とおっしゃる方には、見学やアシスタントからでも
ご参加いただけますので、ぜひご一緒しましょう。

 ご連絡は colorist.kanto@gmail.com までお願い致します。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第7回総会及び記念セミナーのお知らせ

2017年03月09日 | お知らせ
お雛様も終わり、あとは桜を待つこの時期は、春の気配と朝の寒さとで揺れる毎日ですね。
支部では第7回の総会と記念セミナーの準備をしております。
 
今回お招きしているのは、ミサワ バウハウスコレクションの杣田佳穂氏。
ミサワバウハウスコレクションは、ミサワホームが収集した約2700点ものバウハウス関連作品や資料を公開する日本で唯一のバウハウス専門美術館です。
パーソナルカラリスト検定1級のテキストでも取り上げられているように、カラリストにとって幅広くカラーコーディネートについて考えるためにも、現在につながるバウハウスのデザインやここでの色彩教育、造形教育の知識は外すことはできません。色を多方面から考え、知識の幅を広げる機会になればと思います。
 
今回のセミナーは公開講座としておりますので、会員の方以外のご参加も可能です。
ご興味のある方をご存じでしたら、ぜひ一緒にお誘いの上ご参加ください。
 
「バウハウス入門 バウハウスの色彩~四角は何色?~」 

 

 

 

 

 

杣田佳穂(そまだかほ)氏

ミサワ バウハウス コレクション学芸員

ミサワホームの所蔵するバウハウス関連のコレクションを管理・研究し、自社ギャラリーで30回におよぶ企画展を手掛けるほか、他美術館での企画、企画協力を行う。
主な展覧会企画に「バウハウスの住宅/バウハウスの家具」「バウハウス1933-1945」「バウハウスの色彩」「バウハウス2005:現代に生き続けるデザイン」など


**********************************************************

<セミナー内容>

20世紀初頭のドイツに、たった14年間だけ存在した造形学校バウハウスは、モダンデザインの源流として知られています。

パウル・クレーやワシリー・カンディンスキーなど、有名な芸術家たちが教鞭をとったことでも有名です。過去のものと侮るなかれ、現代の私たちの身の回りのさまざまなデザインは、もとをたどっていくと、バウハウスでの試みにつながっています。現代の造形教育も、その根源はバウハウスにあります。

 色を仕事にされる方々にとって、バウハウスの基礎的な知識は、是非とも持っていたいもの。

今回のセミナーでは、バウハウスの基礎的な一通りがわかる入門編と合わせて、色彩教育や色の実験など、バウハウスの色彩のあれこれについてもご紹介します。

 教科書を暗記するような味気のないバウハウスではなく、探究心にあふれた人々が集っていた学校としての生き生きとしたバウハウスを是非知って下さい。

*********************************************************

日時    : 2017年 4月13日(木)  14:00~15:50

会場   : 東京ウイメンズプラザ 第一会議室A

参加費  : 会員 3500円  一般 4500円  

定員   :    30名  

申込締切 : 4月5日(水)

*準備の関係上、キャンセルのお申し出も4月5日(水)までにいただけますようお願い致します。
  それ以降の返金は出来かねますのでご了承ください。

東京ウイメンズプラザ
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 

 お申込みはこちらからどうぞ⇒ 

 

 セミナー終了後には「色彩会」関東甲信越支部第七回総会を行います。

会員の方はぜひご出席くださるようお願い致します。

 Time schedule

 13:50 受付開始

 14:00 「バウハウス入門 バウハウスの色彩」杣田佳穂氏

 15:50 休憩

 16:00 「色彩会」関東甲信越支部 第七回総会

 16:30 閉会

 関東甲信越支部会員の方には、別途お葉書での連絡が郵送されます。

総会の参加の可否も含めてご返送いただけると幸いです。
 
*************************************** 

 

 JAPCA色彩会 関東甲信越支部

Email :colorist.kanto@gmail.com

FAX  : 03-3406-9190 

*参加費お振込み先*

 ゆうちょ銀行 10200-95923771

                    店番028 普通9592377

口座名義 パーソナルカラリスト色彩会関東甲信越支部

コメント
この記事をはてなブックマークに追加