カラー コスモ花鏡 (“Ma色楽"・特許“カラーコンパス”・“MPCS”)

長年の研究から色彩(形態・心理学含)の活用を簡便にする
“Ma色楽”カラーコンパス(特許)等の色の話場です。

【№124】(世界卓球)張本智和の「若菜色」、メダルより輝く!

2087-06-05 | 色のはなし

“世界卓球”、準々決勝で敗れたものの、13歳の快挙に拍手。
初めての大舞台で、あれだけのプレーができるとは。
水谷先輩を打ち負かし、「僕がかわってメダルをめざす」と言ってのけた。
失うものは何もない」とも言い、全身全霊で立ち向かうあの気迫からは
神々しい光を見た。マンガなら後光(光背)湯気を描くだろう。
力みなぎった眼には、充血イナズマを描き込むに違いない。 

小さな体での疲労が、蓄積されても引かないあの根性。
失点が続いても、前に出る小さな巨人
1つ前の試合では、曲者選手に意地悪をされ不本意の失点を
したとき「死んでも負けたくない!」と思ったとのこと。

怖さからか震えていても果敢に向かっていった彼は
まさしく「若葉の色」だ!!!
これは手にできなかったメダルのそれよりも、輝いている。
次に彼はどんな試合を見せてくれるのかと、ワクワクする。
見たい、待ち遠しい。張本選手、帰化してくれてありがとう。 

*色彩:黄みが入っていると輝いて見える。若葉色黄みが多いうえ、
 生命力が付加されるので生き生きとした輝きが出る。

さて、【№122【№123でも「若葉色」を書いたが、
「31歳の若葉色」は、背景が違う。
色は、背景によって同じ色でも異なって見える
つまり若葉色に見えるにはバックが複雑になる年齢ほど表出が難しい。
しかし、年齢が嵩むほど若葉色には価値が増し、味わいもひとしお。
いくつになっても若葉色を見せられる試合を待っている。

村田諒太よ、見せてほしい。「前に出よ!」

                                                            2017年6月5日 記

『格闘技』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【№123】村田(拳闘試合)~... | トップ | 【№125】1時間後に、別人のよ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。