colon's blog

僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる

運転免許更新講習

2016-10-19 14:26:26 | つぶやき

公共交通の発達していない地方では、何処に行くのにも車は必要である。

近くに、子供や孫たちが住んでいる家庭では通院や買い物などにも運転を頼んでジジババ世代は助けられている。

75歳以上の高齢運転者となると、免許更新する前に高齢者講習と講習予備検査(認知機能検査)を受けることになっている。

来年3月12日からは、認知機能検査の分類により医者の診断を受けることが義務付けられ厳しくなりそうだ。

我が佐賀県は交通事故の発生率が全国ワースト1位、県民が他県で起こす交通事故率も1位で、免許を取得してから一年未満の初心者による事故率も全国ワースト一位とよろしくない実態である。

3年毎の免許更新は早く、昨日免許更新手続き前に事前講習を受けた。認知症の検査は自分の老いを証明しているようで嫌なものである。

16個(4個x4枚)の乗り物や果物などばらばらの絵を数秒間説明を受けながら見て覚え、皮肉にも別の設問を間に挟んで回答した後に認知・記憶の回答をすることになっていて絵柄を全部思い出すのは難解である。

お陰様で、認知機能総合点86点を取得し記憶力・判断力に心配ありませんの評価を受け、実車の運転行動、反応の速さ、正確さ、反応のむら、ハンドル操作などやや優れていると普通以上の適正検査も通過しこれからも安全運転に気を付けて好きなドライブが3年間は認められてホッとしている。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冥途への旅 | トップ | 七五三詣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。