色川明るい里山森づくり・山の暮らし

明るい・里山森づくりの報告。

熊野の山間地で営む小さな有機農業、田畑の様子なども書き込んでいます。

2016-10-25 | Weblog
 畑の野菜が秋野菜に変わっていきます。9月からの悪天候のせいで売られている野菜が、いつもになく高くなってます。お日様がなければ野菜も育ちません。我が家も十分に野菜の配達が出来ていません。遅れても種を蒔かねば畑の野菜は出来てこない。



夏野菜の支柱を片付けて、秋冬野菜を作る繰り返し。竹支柱と豆や瓜類のつるを燃して少し早いどんと焼き、プラスチックネットや支柱を使わないから畑で燃せる。
竹はいいよね。春に切り出し(長く使う竹は、秋に切るけど)色々野菜に使い回しして秋に燃して貴重なカリ肥料になる。

切らないと竹は藪になって家や畑の回りを暗くする。山に薪を採りに行かないから山は荒れる。牛を飼わないから草を刈らなくなって原野に戻る。一寸飛躍しすぎか?

単純に、プラスチックネットや支柱を買ってくると手早く作業が出来て何度も使えるが、これを片付けて再利用は、かなり面倒な上けっこう脆いからプラゴミがふえる。えーい、みんな燃しっちまおう。いい意味での使い捨て、お勧めです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いきなり16度 | トップ | 軽ーるいエゴマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL