じょさんしの思うところ

助産師が日々出会ったこと思うことを綴ります。

香りに思うところ

2016-10-01 09:15:31 | 日記

この時期、自宅近く金木犀の香りに包まれます。
近所の公園の生垣には金木犀が沢山植えられているのです
朝窓を開けるとふんわりと漂うように香ってきます。
鼻から胸いっぱいに吸い込みたくなります。

早春には沈丁花。初夏には梔子。夏は夕立の匂い。そして秋のこの時期は金木犀。
実家のあたりでは、気候の違いで、金木犀は育たないので、代わりに焚き火の匂いが秋を感じさせてくれます

香りは実は生き物の生命維持に大きな役目を果たしています。

例えば、動物は、匂いで身の回りの危険や、他の生き物の情報を得ます。であれば、クンクン匂いを嗅ぐことで、相手の犬の性別や大まかな年齢、体格の大きさなどがわかるのだそうです。
それに、食べて良いものかどうかも判断します。
友人のドッグトレーナーに聞くと、犬は目や耳が使えなくなっても、鼻さえ正常であれば、生きていけるのだそうです。
ても、鼻が効かなくなると、食欲がなくなり、途端に衰弱してしまうとのことです。

数年前の研究では、最近の子どもは本物のくだものや花の香りにより、人工的な香を本物と思う子供が6割にものぼるというデータが出ています
心地よい香りは、食欲を正常にしたり、リラックス効果をもたらしたりします。
そして、香りで季節を感じることができる環境は、とても、しあわせなことだと思います。
皆さんも季節の香りを沢山見つけてくださいね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お茶の力に思うところ | トップ | えなちゃんに思うところ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL