特別なサイズ


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

足のサイズが、人より大きい人、人より小さい人は、自分に合った靴をみつけるのが大変だろう。
電車の中で、大きいサイズ専門の靴店の広告をよく見かける。
しかし好きなデザインも選べないだろうし、普段苦労されているだろうと思う。

しかし古靴の世界では、むしろ有利である。
僕のように日本サイズで25から26くらい、米国靴では7とか8とかいった大きさは、ゴールデンサイズなどと呼ばれ、日本では一番人口の多い大きさである。
お店でもそのサイズの靴は取り合いになるし、それ以前にほとんどモノが出てこない。

たまにデッドストックが出ても、すぐに売れてしまうので、入荷したと聞いたらすぐにお店に行かないと入手できない。
その点、小さいサイズの人や大きいサイズの人は、のんびりしていても大丈夫だ。
滅多に売れないので、暇のある時にお店に行けば、大抵残っている。
古靴に関して言えば、そういうサイズの人がうらやましい。



フローシャイムのユーマの60年代のデッドストックが手に入った。
最も有名なコブラヴァンプと言っていいだろう。
しかもサイズは8D。
僕にドンピシャリである。

行きつけのお店に、米国よりデッドストックがゴッソリと入荷した。
恐らく、今後こんなにデッドストックがまとまって入ることは、まず無いだろうという。
早速見せてもらったが、今回入荷したものの内(僕の足に合うもので)ダントツに高品質でレアなのはこのユーマであった。
サイズが自分にピッタリの未使用のユーマなんて、このチャンスを逃したら、巡り合う可能性はほとんどあるまい。
これも運命と思い購入することにした。



ご覧のようにアッパーはダークブラウンのカーフ。
柔らかくて素晴らしい質感の革である。
しなやかなマッケイ製法と相まって、足を入れると優しくフィットしてくれる。

踵は意外によく食いついてきて、歩いても外れることは無い。
さすがである。
これならローファーが苦手な僕でも行けるかもしれない。

というわけで、早くもおろしてしまった。
貴重なデッドストックが、これでまた一足失われたことになる。
おろしちゃうからね、とお店で言ったが、どうぞ、靴は使ってなんぼですから・・という返事をいただいたので、遠慮なくおろさせてもらった。

一日結構な距離を歩いてみたが、ほぼ問題なさそうだ。
少し小指が当たることもあったが、しばらく歩くと痛みが消えていった。
さすがに名靴だけある。
ローファーとしては、初めて日常に使えそうな感触を得た。
恐らく愛用靴に加わることになるだろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

立ち上げ


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

会社の新しいパソコンが来るのは、来週半ばになりそうだ。
それまで壊れかけたワークステーションを、何とかして動かしている。
今日こそ完全に動かなくなるのではないかと、不安を抱きながら毎朝電源を入れている。

普通に電源を入れても立ち上がらない状態である。
OSが始動する手前のメーカーロゴの画面で止まってしまう。
仕方なく一度電源をオフにして再度オン・・・を繰り返す。
そうしている内に、いきなりスッと立ち上がったりする。

35回目とか、40回目とか、動き出すまでの回数が日々増えており、症状がだんだんと悪化しているように見える。
オンオフの操作を繰り返すだけだが、かなりの回数になるので、それだけで2時間くらいかかる。
仕方がないので、別のパソコンで仕事をこなしながら、片手で電源スイッチを押すことを繰り返している。

USBなどで繋がっている機器を、一度外してから電源をオンオフしている。
しかし昨日はそれを忘れてしまい、電源スイッチを押してから慌ててUSBを抜いた。
すると、どういうわけか一発で立ち上がった。

おお、電源を入れた直後にUSBを抜くのがコツか?
と思ったが、せっかく立ち上がったのに、もう一度試してみる勇気はない。
接続機器とやり取りする直前に、何か刺激を与えてやるのがいいのだろうか・・・

しかし翌日はそのやり方は通用しなかった。
電源を入れた直後にUSBをぱっと抜いてみたが、まったく立ち上がる様子はない。
やはり偶然だったようだ。
こういうトラブルの時は、外部の接続機器が絡むことも多いのだが、今回は関係なさそうだ。

今日は何十回か繰り返しているうちに、いきなり何の前触れもなく立ち上がった。
何か法則性があるのではと、じっと観察していたのだが、結局みつけられなかった。
恐らくまったくの偶然や、何かのタイミングがたまたま合って、突然立ち上がるのだろう。
お手上げであるが、あと数日の辛抱なので我慢するしかない。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

マルチファンクション・タイムグラファー


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

こういうもの(↓)を買ってみた。
マルチファンクション・タイムグラファーだ。



けっこう面白い。
価格から言って測定の精度は期待できないが、時計毎の大まかな違いや相対的な差はわかる。
先ほどからとっかえひっかえ、様々な時計を測定している(笑)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

食事をして、テレビを見ながらソファーで横になっているうちに寝てしまった。
目が覚めたら胃の調子が悪い。
胃薬を探したがみつからなくて、胃がもたれたままでいる。

食べた後すぐに寝ると胃の調子が悪くなるのって、胃が90度横になるからではないだろうか。
胃壁の普段使われない面に、内容物や胃液が接触して表面が荒れるのではないか。
などと勝手に想像しているのだが、事実かどうかはわからない。
いずれにしてももう寝ます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本屋


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

町の本屋が、どんどん減っている。
理由はもちろん本が売れないからである。
実際僕も、本を買うことがすっかり無くなってしまった。

少し時間が余った時など、そうだ本でも買おうかと思い、本屋にふらりと入る。
しかし店内を隈なく見た上で、何も買うものが無い事に気付く。
最初は買う気で入ったのに、欲しいものがみつからず、仕方なく手ぶらで本屋を出るのだ。
駅の小さい本屋ばかりでなく、かなり大きめの書店でも同じ結果になる。

活字離れとよく言われる。
映像などのメディアが台頭し、人々が活字を読まなくなったというのだ。
印刷物に関しては、確かにそうかもしれない。
しかしネット上の情報はほとんどが文字なのだから、文字を読む機会は昔より増えているように思う。
学生も主婦も、スマホを片手に朝から晩まで文字を打ち込んでいるし、芥川賞は若い女の子が取る時代である。

本を本屋で買わずにアマゾンに注文するようになった、というのは確かである。
母親に頼まれて、アマゾンでまとめて文庫本を買うこともある。
しかし以前と比べて、購入する本の絶対量は大幅に減っている。

なぜ本を買わないのか・・・
理由は簡単で、単に読みたい本がみつからないのだ。
でもそれは何故だろうかと考えると、実は印刷物というものが既に情報の形態として古いのではないか、という気がしている。

インターネットが生活に密着するようになり、常に変化する最新の情報が、ほぼリアルタイムで入手できるようになった。
今はそれが日常のリズムなのだ。
印刷して製本して店頭に並べる情報なんて、すべて古新聞である。

これは別に雑誌や新聞に限ったことではない。
本というのは、もともとが情報の塊なのだ。
本を読むということは、情報を得ることである。

僕にとって、かつて町の本屋は特別な場所であった。
そのエリアに足を踏み入れると、遊園地に行った時のようにドキドキした。
右を見ても左を見ても、自分の知らない世界が広がっていた。
それが今や、かつてのエネルギーを失い、まるで情報弱者が集まる場所のようになってしまった。

もう1年以上も、本屋で本を買っていない。
これでは本屋は成り立たないわけだ。
店頭に並ぶ本が、昔に比べて品質が落ちているわけではないだろう。
変わったのは社会の形態であり、自分の方なのだ。
それでも何かを期待して、つい本屋を覘いてしまうのだが、その結果何も得られない事に、自分自身が戸惑っている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日の綱渡り


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

昨日も今日も、会社のワークステーションは簡単には動いてくれなかった。
昨日は25回、電源のオンオフを繰り返して、やっと起動できた。
25回もやる方もやる方であるが・・・

今日も何度も繰り返したが、もうダメと諦めて台所でコーヒーを入れて戻ってきたら、何故か勝手に立ち上がっていた(笑)
一度立ち上がってしまうと、後は一日安定している。
それにしても、立ち上げのコツが掴めない。
まさかコーヒーを入れることではあるまい。

新型の納入にあと何日かかるのだろう。
それまで毎日この状態が続くのか・・・
まだ立ち上がってくれればいいが、症状は日々悪化しており、明日はどうなるかわからない。
早く新型が届かないかなあ・・・


オールデンの305プレーントゥ。
CDIラスト。
サイズは6-1/2 EE。
CDIラストは、モディファイド・ラストと並んで、オールデンのフットバランス(矯正靴ライン)の代表的なラストである。

CDIは最初からインソールが付属しており、その使用を前提として作られている。
靴側もインソールが入る分、大きめに作られているのだ。
(インソールを外したところは下の写真参照)
最初からセットで使用する設計になっているのが、このシステムの特徴的なところだ。
もちろんインソールを外した状態でも履くことはできるが、その際は靴のサイズはひとまわり大きいものとなる。



CDIの説明を読むと、矯正靴でありながら、グッドイヤーの本格的な作りであることが、まず第一に謳われている。
特殊な形状の靴ではなく、見た目に普通に見えて格好がいいことが売りなのだ。
もちろん医療用の靴なので、歩きやすいことが前提であり、ソールはラバーのスーパークッションが採用されている。

付属のグリーンのインソールは、加工や交換が簡単に出来て、矯正靴としての対応度も高い。
組み合わせるインソールをうまく選ぶことで、高価なカスタムシューズを作る必要も無くなるということだ。
特殊な靴ではあるが、日本には比較的多く入ってきているようで、検索すると画像がいろいろと引っかかる。

この靴は前々から欲しいと思っていた。
出張先で長距離を歩かなければならない時に、重宝するのではないかと考えていたのだ。
外観や設計思想からの予測であるが、恐らくとても履きやすい靴であろうと想像していた。


サイズは6-1/2のEEで、ほぼ僕の足にピッタリのサイズである。
しかし余裕のあるゆったりとした履き心地ではなく、隙間なく全体を包み込む、比較的タイトなフィット感である。
スポッとはまり込むように足が入る。

同じ矯正靴系のモディファイド・ラストが、踵をしっかり固定しながら、足先は緩めにして自由にさせているのに対し、CDIは足全体に軽くテンションをかけるような履き味になっている。
踵部分は、インソールで持ち上げられる分浅めなので、あまり強固にグリップしてはくれない。
土踏まずはモディファイドほどの突き上げ感はなく、矯正靴とはいえもう少し穏やかな形状になっている。
もちろん以上は僕の足と購入した靴との組み合わせの場合で、インソールの形状が変われば、また違ったものになるのかもしれない。

外観はご覧の通り。
アッパーのグレインレザーはソフトでしなやかであるが、見た目はどこか安全靴のような無骨さがある。
特に足先部分にプックラとしたボリューム感があって、履いている本人もついそこに目を奪われる。

現在このCDIとクロムエクセルのプレーントゥ(バリーラスト)のどちらを出張に履いて行くか、悩んでいるところ。
しっかりしたフィット感ではCDI、ストレスなくルーズに履けるのはクロムエクセルといえる。
まだ日にちがあるので、交互に履いて試してみようと思っている。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

アップロード


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

毎日自宅に戻ると、まずは画像データのプライム・フォトへのアップロードを始める。
会社の環境では遅くてどうしようもないので、作業はもっぱら自宅のパソコンのみで行っている。
現時点で前半の途中までしか終わっておらず、まだまだ先は長い感じだ。

このバックアップサービスを使うに当たり、どうしても払拭できない不安がある。
それはデータの機密性が、本当に保たれるのだろうか、という不安である。
いい気になってどんどんアップロードするのはいいのだが、それは自分の所有していたデータを人手に渡してしまうことでもある。
実は危険なことをしているのではないか・・という思いが頭から離れない。

基本的に、プライバシーは保たれる前提になっているのだろう。(多分・笑)
だが少なくとも管理している会社には、データ内部を見ることの出来る仕組みがあるはずだ。
開発者やオペレーターが、さりげなく中身を覗き見することが、出来ないわけではない。
禁止されてはいても、人間である以上どのような事をするかわからない。

もちろんアップロードされたすべてのデータを、いちいちチェックすることは不可能であろう。
しかし人間ではなくAIにやらせれば、全データの監視も可能である。
顔部分の認識どころか、最近はその情報をもとに、個人の特定まで出来るという。

実際に犯罪者やスパイなど、ターゲットが固定された場合は、これらのデータが捜査に活用されてもおかしくはない。
ある特定の日付、特定の場所で撮られた写真を、膨大な画像データの中からピックアップして表示する・・なんてことは、簡単に出来る。
米国のドラマを見ていればわかるが、国家の諜報機関であれば、そういうことは朝飯前であろう。

何しろこちらからデータを提供しているのである。
それも無料という言葉につられて。
世の中には、すべてのデータをすべての人間が共有すること・・を理想に掲げている会社もあるわけで、そういう思想に基づいて、これは正しい事なのですと、勝手にデータを使われてしまう可能性が無いとは言えない。

例えば管理会社の経営が変わり、アジアの某国が資本に加わったらどうなるだろう。
当然これらのデータを有効に使おうと考えるはずだ。
慌てて消したって、どこかにしっかりバックアップが残っている。
それを想像すると薄ら寒く感じる。

またクラウド化することで、かえってハッカーの標的になりやすくなる場合もあるだろう。
会社で契約しているOA機器の管理会社の担当者に、クラウドサービスのことを聞いてみたが、1TBで1ヶ月数万円とけっこう料金が高い。
しかしそれも当然で、預かるデータを一度別のものに変換して、完全に噛み砕いてから保存するのだという。

保存用のサーバーとは別に管理用のコンピューターが用意されていて、データは必ずそこを通して、変換してからサーバーに送られる。
倉庫の番人がいて、その人を通さなければブツの出し入れが出来ないようになっているのだ。
ユーザーにクラウドを自由に開放してしまうと、ウイルスに感染したファイルをアップロードされてしまうことも当然ある。
つまり安いクラウドは、無法地帯になっているのだ。
言われてみれば確かにその通りだろうなと思う。

クラウドもそう簡単なものではない、ということだ。
アパート経営のようなもので、借主には問題児やならず者が混ざるし、逆に大家が非常識な人間である場合もある。
・・・なんて大袈裟なことを書いたが、実のところいつもここに載せている写真のもとデータを保存しているに過ぎないので、大したものがあるわけではないのだが・・・(笑)
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

独身の夜


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

実は昨晩は独身であった。
Mrs.COLKIDが友人と京都に旅行に行ったのだ。
家で一人でいたが、結局は何をするわけでもなく、例によって夜更かしして生活時間が乱れただけだった。

今日はパスポートを受け取りに行った。
手続きはスムースに進み、お金を払って(印紙を貼ってもらう)サインした書類を窓口に出すだけ。
後は呼び出されるのを待ち、最後のチェックを受けて、新しいパスポートを渡される。
20分ほどで完了した。

それから床屋に行き、ちょうど終わった頃、旅行から帰ってきたMrs.COLKIDと落ち合った。
一緒に日本橋のデパートで買い物をして帰宅した。
夕食はお土産の京都の料亭のお弁当で、特別に美味しかった。


フット・ソー・ポートのVチップである。
サイズは8D。
ブラウンのグレイン・レザーが美しい。

問題はこの靴、左右が違うのである。
何が違うって、作られた年代が違う。
左が85年、右が91年に作られているようだ。
古靴のデッドストックは、諸々の事情で売れ残った在庫であるから、こういうおかしな事が時折あるのだ。



当然左右で作った職人も違うだろう。
一昨日の話にも通じるが、その間に細かい仕様変更というか、資材の変更がある。
まずご覧のように、革の質感と色が、左右で少し違う。(91年の方が色が明るい)
ソールの色も違う。
内張の色も変更になっている。

一番大きいのは舌革のつなぎ目の部分で、右側は靴紐の下に隠れているが、左側は靴紐より前に出ている。
これは仕様の変更ではなく、職人の癖の違いが原因かもしれない。
いずれにしても、気付いてしまうと気になって仕方がない(笑)



しかしサイズが僕の足にピッタリだったので、左右の違いには目を瞑って購入することにした。
ご存知の通り、フット・ソー・ポートはアーチ・サポート・システムで有名な矯正靴メーカーで、古靴好きの間では最もポピュラーな会社のひとつである。
特にこのVチップは、オールデンのものと並んで人気が高いのだ。

実は問題ありの商品ということで、非常に安くしてもらった。
まあ確かに定価で売れるペアではないだろう。
本来なら気になる左右の違いだが、安いのだから仕方が無いと思えば、現金なものでさほど気にならなくなった。
実際言われなければ誰も気づかないだろうし、言ったら言ったで話題に出来ていい(笑)


皮肉な話であるが、一日けっこうな距離を歩いてみたが、実に快適であることがわかった。
靴擦れなどは皆無で、疲れも驚くほど少ない。
僕の靴の中でもベスト10に入るほど、自分の足に合っている。
これは愛用のペアになりそうである。

なお靴を買うたびに写真を撮るのが面倒なので、今後は撮影作業を大幅に簡略化することにした。
実は今回も先におろしてしまい、一度履いてから撮影している。
ベランダに出して、簡単にアラヨッと手持ちで撮っただけである。
何だかこの方が自然でいいような気もしている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

停止


D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

大きな画像

会社のワークステーションが立ち上がらなくなった。
電源スイッチを押しても、hpのブルーの画面が出て、そこでピタリと止まってしまう。
OSの立ち上げまで処理が進まないようだ。

メインのパソコンであるから非常に困る。
仕事関連の(それも大抵は急ぎの)業務が出来なくなる。
もう一台予備機があるにはあるのだが、もっぱらメールの送受信やオフィス系ソフトの専用機で、画像ソフトなどはインストールされていない。
さて困ったぞ・・・

きっかけははっきりしていた。
Windowsの自動更新が始まったが、途中でストップして進まなくなってしまったのだ。
何時間か待ったが状況は変わらず、仕方なく電源を落としたところ、それきり立ち上がらなくなってしまった。
こういう事態になる可能性はあったが、動かないのだから他にやりようがなかった。

まあ、少し前から多少本体の動作がおかしいことはあった。
もう6年も使っている古いワークステーションで、OSはWindows7だしUSBも2.0だ。
そろそろ寿命ではあったのだ。
こうなる前に交換しておけばよかったのだが、往々にして壊れてから焦ることになる。

何度も何度も、立ち上げ処理を繰り返してみた。
すると十数回目に、内部からハードディスクの動く音がして、正常にOSが立ち上がった。
しめた、と思い、メーラーの受送信データのバックアップを取った。
それ以外のデータは、すべて外付けHDDに取ってあるので、とりあえずは大丈夫だ。

翌日も上手く立ち上がってくれる保証はないので、念のために家からノートを持ってきた。
同じく古いパソコンであるが、今のところそっちは何とか動いている。
通勤時の持ち運びは手間であるが、家でも使うパソコンなので、毎日持って帰らなければならない。
実際その翌日は、20回電源の入れ直しを試したところで、やっとOSが立ち上がってくれた。
綱渡りである。

いつまでもこれでは済まないので、パソコン関係の面倒を診てもらっている商社に来てもらった。
急いで話し合って、入れ替える新型のワークステーションの仕様を決めた。

こちらの要求としては、OSはWindows10でSSD搭載機、という事でお願いした。
また今から5年以上先まで使うことを考えて、CPUやメモリは余裕のあるものにした。
ソフトは、以前と違い毎月使用料を払って使う時代なので、パソコン本体とは別に購入することになる。
納品までに一週間ほどかかるようだが、それまで今のワークステーションが動いてくれればいいのだが・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

正しい資料


D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

大きな画像

第二次大戦中の飛行機のプラモデルを作っていると、塗装の例を図示した紙が付いてくる。
何年頃のどこの戦線の塗装、という風に、機体各部の色を細かく指定してある。
海軍機であれば、空母〇〇に積んでいた〇〇少佐の機体、といった書き方をされる場合もある。
その資料をベースに、自分で色を塗るわけである。

飛行機の各部の形状も、年代によって変化していく。
たとえば僕の集めていた戦闘機の照準器などは、飛行機の型、年式ごとにどのタイプが搭載されていたか、という一覧表を専門誌などで見かける。
当時の文献や写真から解析し判定してるのだろう。
資料の信頼性が低かったり、あとから新しい資料が発見されたりするので、時代とともに修正されていくことも多い。

そもそもが極秘情報なので、資料自体が乏しい。
特に敗戦国の場合は、兵器に関する資料は終戦の混乱の時に破棄されている場合が多く、情報が不完全である。
かなりポピュラーな戦闘機で、コクピットの写真が1枚も見つからず、一部想像で作られているプラモデルもある。

しかし製造業の立場の人間から言わせてもらうと、こういう資料や規格って、そもそもそれほど正確なものなのだろうか・・と思ってしまう。
もちろん現代の自動車メーカーなら、人の命がかかわってくるので、パーツはロットごとに細かく管理しているだろう。
製造番号の何番から何番の車体にはこのパーツを使っている・・という具合に、コンピュータですぐにわかるようになっているはずだ。
だがそこまで厳格ではない工業製品の場合は、たとえば少し前の資材が倉庫でみつかり、無駄にしないためにそちらを一時的に使用する、といった事もあるだろう。

特に戦争中の事であれば、品質管理と言っても限界がある。
製造工場としては、とにかく一刻も早く兵器を戦場に出す必要があるから、徹夜で作業することもあるだろう。
一方で物資はどんどん不足してくるし、作業の間もいつ攻撃されるかわからないのだから、条件は極めて悪い。
とりあえず旧型のパーツで間に合わせたり、重要度の低い工程を省いたりといった事は、日常的に行われていたはずだ。

その上人員が足らず、女性や子供を動員しての作業なので、製造技術も低下してくる。
出来上がる製品には個体差が相当あったはずだ。
工業規格があったとしても、技術的に現在より未熟であったろうし、恐らくパーツの互換性も不完全だったろう。
あまりに悪条件が重なっており、製造物の品質を安定させるのは、ほぼ不可能な状況であったと思われる。

そして戦場の過酷な条件下でそれを使うわけである。
一回戦闘に臨んで帰ってくれば、塗装はところどころ剥げているだろうし、ボディは損傷して穴だらけになる。
その機体をまた翌日飛ばさなければならないのだ。
豊富に交換パーツがあるわけでもなく、とにかく何かで穴を塞いでペンキを塗るしかないだろう。

その際に、いちいち色の調合を正確にやっていたとは思えない。
缶の底の方に溜まった色の濃くなった塗料を塗りたくる場合もあるだろう。
塗装はかなりムラがあったはずだ。
ジャングルの上での戦闘になる時は、その日だけ特別にグリーンの塗料を吹き付ることもあったかもしれない。

つまり機体の塗装もパーツも、日によって相当違っていた、と想像できるのだ。
プラモデルのパーツの形状や塗装例は、主に写真からの解析であろうが、たまたま撮影されたその一瞬の姿を再現しようとしているに過ぎない。
しかも肝心の写真が不鮮明で、当然機体の反対側は写っていないし、モノクロのため実際の色もわからない。

以上のような悪条件を考えると、解析には限界があり、模型のディテールの作りこみや塗装例は、かなり不正確なものであると言える。
それでも基準は必要なので、一応これが「正しい」と記した資料が添付される。
作る方としては、どうしてもそういう印刷物に忠実に作ることにこだわってしまうのだが、その信頼性を考えてみると、そこまで厳密にやる意味があるのだろうか・・と思ってしまうのだ。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ