残ったユーロ


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

2年前にもヨーロッパに行った。
その際にユーロのコインが残ってしまった。
紙幣はすべて使ったが、硬貨まで使い切ることは出来なかった。

そのコインが、ずっとパスモのケースの小銭入れに入っていた。
2年間そのままで、いつもパスモと一緒に持ち歩いていた。
そのコインが今回の出張で役に立つ。

まあ今はカード社会だから、実際のところ、現金なんてあまり必要無いだろう。
昔はタクシーなどでカードが使えなかったので、やはり一定量の現地通貨が必要であった。
あちらに着いたら夜遅くて、もう窓口はすべて閉まっており、タクシーに乗るにも現地のお金が無い・・という非常に困った事態に陥ったことがある。
あの時は途方に暮れた。

そのため出発前に空港でいくらか両替するのが習慣になっている。
円は使えないし、やはり多少のユーロは持っていないと怖い。
常に100%カードが使えるという保証があるわけではなく、万一のことを考えると手持ちの通貨がゼロというわけにはいかない。
実際にはキオスクで水を買うにもカードで購入できるのだが・・・

というわけで、前回残ったコインに加えて、さらに空港でエクスチェンジした数万円分のユーロを足して持っていった。
しかし案の定、日常のほとんどの支払いはカードで済んでしまうので、現金を使う機会は本当に少ない。
展示会場の小さな売店でもカードでOKである。
現金がまったく無くても、何とかなったのではと思うほどだ。

仕方が無いので、帰るまでにユーロの現金がなくなるよう、むしろ積極的に使うようになった。
タクシーに乗ったり食料品店でパンなどを買うたびに現金で支払う。
それでも最終日には、かなりの額のユーロが残っていた。

上手くできたもので、そういうお客のために、帰りの空港では残ったお金を使うためのお店が揃っている。
特に乗り継ぎのミュンヘンの空港には、タックスフリーのブランドショップが並んでいる。
ここが最後だから、残ったユーロを使い切ってしまわないと、そのお金はもう使えなくなるよ・・というシチュエーションである。
まあいくらタックスフリーと言っても、今時煙草やお酒に群がることは無いのだが・・・

ミュンヘンのショップで、Mrs.COLKIDにお土産のブランド物のサングラスを買った。
少々派手目なものであるが、そういうのを好んで着こなすタイプなのだ。(実際いたく気に入ったようだ)
それからデザインのいい文房具などいくつか購入した。

それでも紙幣を含めて、まだ数十ユーロ残った。
思い切って何かを買ってしまえばよかったのだが、飛行機の時間が迫っており、結局それを使う機会を失ってしまった。
その結果、以前より多くユーロが残ってしまった。
またパスモと一緒に2年間持ち歩くことになりそうである(笑)
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

パソコンの画面の真ん中に一瞬グレーの四角い箱が表示された。
その中に「あ」と書かれている。
何だ?と思ったがすぐに消えてしまった。

すると今度は「A」と表示された。
「??」
今のはなんだ?

意外にしょっちゅう表示されるのだが、どういうタイミングなのかよくわからない。
最初はビデオカードが壊れて、デュアルモニタの認識がおかしくなったかと思った。
しかしディスプレイ設定を見ても、問題はなさそうだ。

毎回ではないのだが、画面が切り替わる時に表示される。
さらに観察していくと、どうも半角と全角の切り替えの時に出ることが分かった。
新しい画面に飛ぶ時も、入力エリアにカーソルがあると表示される。
なるほど、そういうことか。

確かに以前より、半角と全角の切り替えって、もう少し何とかならないのか、と思っていた。
入力ボックスに文字を書き込む際に、現在どちらのモードなのか、確かめるのが難しかった。
プログラム側で制御して勝手に切り替わる場合もあるので、実際に打ってみないとわからない事がしばしばあった。
この機能は便利かもしれない。

しかしなぜ急に、こんなものが表示されるようになったのだろう。
調べてみたら、2017年4月に行われたWindows10のアップデートから追加された機能だという。
しかし我家のパソコンで表示されるようになったのは数日前である。
理由はよくわからないが、とにかく便利なのでそのまま使うことにした(笑)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ネットのお客


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

過去にこのブログで何度か触れているが、僕のいる業界では、町の店舗がどんどん消えていっている。
お客の多くが、店舗では商品を買わず、インターネットを通じての購入に移行してきたのだ。
お店には現物を確認しに行くだけ、帰宅後、より安いネットショップで注文する。
町のお店はショールーム代わりに使われているのだ。

将来は町での販売は禁止になり、発注はすべてスマホを通してしか行えず、町にあるのは販売しないショールームのみになる・・という予測を、僕は会社で話すことがある。
少し極端な意見を言って驚かせるわけだが(笑)、聞いてもそのまま信用する人は少なく、多くの人は一種のジョークとして受け止めているようだ。
そうは言っても店舗は残るはずだ・・と内心考えているのだろう。

もしもそんなことが現実になったら、自分たちの今の仕事が無くなってしまう・・という恐怖もあり、想像するのも嫌なのかもしれない。
しかし米国ではこの現象がさらに進んでいるというニュースが伝わってくる。
店舗がすべて消えるかどうかはともかく、やがて日本でも街のお店の大半がなくなる可能性は十分にある。

現在多くのお店の売上は半減してしまい、あの手この手で必死に売上を上げようとしている。
ここ数年は、むしろネットで見たからと言って、お店に足を運んでくれるお客が増え、お店でもそういう人たちを歓迎していた。
過渡期というか、インターネットの情報の影響で、実店舗でものが売れることもあったのだ。

ところが最近聞いた話では、今はネット絡みのお客のことを、お店では毛嫌いしているという。
基本的にネットのお客はお金を持っていないのだと言う。
ああでもない、こうでもない、と製品について自分の調べたことを述べておきながら、結局はお金を使わない。
単に自分の知識を披露したくて、お店に来ているようにも見える。
たとえ買うにしても、どこではいくらで売っていた、それより安くしたら買ってやる・・という駆け引きを始める。

接客に人件費のかかっているお店にとっては、確かにこういうお客は迷惑であろう。
お店にとっていいお客さんとは、製品を買おうと思ったら、まずはお店で現物を確かめて、店員の説明を聞いて、納得すればその場で購入してくれる・・そういう古典的なお客さんである。
お店の人との会話や情報交換に価値を認めて、その分の対価を支払ってくれるわけだ。

しかしネット関連のお客は、値引きをゲームのように思っていて、1円でも安く買うことにこだわり、安く買えれば勝利したような気になる。
当然お店での接待にお金を払う気は毛頭無いが、それでいてお店の人からは無料で情報を引き出そうとする。
ネット上の何らかのコミュニティに属する彼らにとって、皆の知らない生の情報を得ることは、とても大きな勲章となるのだ。

お店に来たとしても、安くしなければ買わないし、それでいて自分の欲しい情報は盗んでいく・・・
店員さんにしてみれば、ネットのお客はろくなのがいない・・という事になるわけだ。

現在はお金を持っている年配者は、まだそれなりの数はいるようだ。
そういう人たちは、納得すれば高額なものをポンと買ってくれる。
お金の無い若者より、そちらをターゲットにした方がいい・・という考えにもなるだろう。
問題はいつまでそういう層の人たちがいるのか?ということだ。

以前も書いたかもしれないが、昔の同級生で成功した人が数人いるのだが、親から財産を受け継いだ人も、自分の努力で富を得た人も、皆必ずスマートフォンを使いこなしている。
会話の最中もさっと見て、それだけでなく自分からも何やら投稿して、情報の受発信を怠らない。
多分、現代の世の中で彼らのようなポジションにを得るには、これは不可欠な条件なのだろう。
彼らは相当の行動力を持っているから、スマホは強力な武器であり、使いこなすのは当然のことと言える。

今後世代が入れ替わると、高齢者もほぼ全員がスマートフォンを使いこなす時代が来るだろう。
そう遠くない将来にそうなるはずだ。
消えていくであろう層を当てにして、目先の売上だけの商売を続けていくのは、非常に危険である・・なんていうことは、皆わかっている。
ではどうするのか・・と言っても、何の策も見つけられないのが実情のようだ。
恐らくオーナーは、店舗の縮小と店員の削減を考えるくらいしかないのだろう。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

スピーカー


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

今日は一人で留守番だ。
Mrs.COLKIDは友人と旅行に出かけた。
夕食と明日の朝の食事は、先ほどパン屋で買ってきた。
一人でいると生活のリズムが狂いがちなので、テレビを見ているうちに寝てしまわないように気を付けないと・・・

パソコンのディスプレイの両側にロジャースのLS3/5Aが置いてある。
デュアルモニターであるが、操作性を犠牲にしても、左右のスピーカーの中央に自分の頭がくるようにしたかった。
そのためメインのディスプレイの左右にスピーカーを入れて、その分間を空けて2台目のディスプレイが設置してある。

それで大きめの音量でオケを再生している。
今はチャイコフスキーのくるみ割り人形の全曲を聴いている。
スピーカーまでほんの5、60センチといったところ。
このスピーカーの音は至近距離で鳴らすと申し分ない。

この数年、車の中くらいでしか音楽を聴くことは無かった。
しかし今日は一人で、しかもまだ時間が早いので、気兼ねなく大音量で再生している。
音に関しては、まあ欲を言えばきりがないが、今の僕にはこれで十分である。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

お疲れです。


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

今日は仕事で激しくお疲れである。
ちょとここを書く体力が残っていない。
早めに風呂に入って寝ることにする。
では・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もう出た!


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

出勤途中でみつけたと、社員がカブトムシのオスを拾ってきた。
今年はやけに早い。
7月並みの気温が続いたので、間違って出てきたか・・・
もしかすると今年は、カブトムシの当たり年かもしれない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

映画三昧


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

飛行機の中で何本か映画を見た。
何十本かのラインナップの中から選び、目の前のモニタで見ることが出来る。
12時間以上乗っていて、その間食事が2回あるが、それ以外は寝ているか画面を見ているかだ。
寝るのはほんの1、2時間なので、到着までに映画を3、4本見ることが出来る。
今回見た映画と簡単な感想を・・・

往路で見た映画は行き当たりばったりで適当に選んだ。
以下の4作品である。
もう少し考えて選ぶんだった・・と後から思った(笑)

「沈黙-サイレンス-」
遠藤周作原作。
江戸時代にポルトガルから布教に来た宣教師が、日本で特異な立場に追い込まれ棄教せざるを得なくなる。
かなりの力作であるが非常に重い。
旅行に行くときに見る内容ではないかも。

「アサシン クリード」
ゲームが原作のアクション映画・・だそうだ。
ゲームに興味が無いので、ただただアクションだけの内容に面食らった。

「ヘイル、シーザー」
コーエン兄弟の軽いコメディ。
赤狩り時代のハリウッドを舞台とした珍しい作品。
この規模の小品が興行的に成り立つのが凄いところ。

「ボーン・アルティメイタム」
ボーンシリーズの一作品だが、途中まで見て、過去に既に見ていることに気付いた。
でも面白くて最後まで見てしまった。
海外に行く時に見ると、妙に緊張感が高まる。

復路はSF映画で統一した。
こちらはなかなかいい作品が揃っていた。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
スターウォーズは第一作から見ているが、実はそれほど好きではない(笑)
ただ全員死んでしまうこの作品が、スターウォーズの最高傑作とは皮肉な話だ。
妙に日本的じゃないか? 座頭市も出るし(笑)

「メッセージ」
評判のよい正統派SF作品。
いきなり地球上の12箇所に現れた異星人の乗り物と人類が接触するが、国ごとに分断されている地球側がどう対応するかを描く。
主人公の個人的な生活が、地球規模、宇宙規模、そして次元規模での話にまでつながり、人生とは何かを問う・・というのが、この手の知的SF作品の特徴。

「パッセンジャー」
新天地を目指し5000人を乗せて120年の宇宙旅行に出た宇宙船が隕石と接触、冬眠装置の故障で主人公がひとりだけ目覚めてしまう。
しかし到着まであと90年もある・・・SFならではの特殊な設定である。
悲劇というよりコメディに近く、個人的にはまあまあ面白かった。
藤子不二夫の「老年期の終り」という傑作SF漫画を思い出した。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

突然の花粉症


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

今朝から突然激しい花粉症に襲われている。
しばらく落ち着いていたのに・・・
鼻水が止まらなくなり、下を向くと垂れてしまうのでかなり困った。

ドイツでも時々くしゃみが出たが、それは煙草の煙が影響していたようだ。
あちらは煙草を吸う人が多くて、会場でも喫煙のエリアが用意されている。
そこから流れてきた煙に、身体が敏感に反応した。

日本では杉の花粉のピークは過ぎたと思ったが、調べてみたらまだ飛んではいるようだ。
もう薬はいらないと思っていたが、たまらずアレグラを飲んだ。
鼻が垂れてしまうので、電車の中でも眠ることもできない状況である。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

マッサージ


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

昨日は疲れが出て、朝から何となく身体がだるかった。
そこで夕刻になり、都心まで出てマッサージを受けてきた。
いつも疲れてどうしようもない時に行くお店である。

この重い疲労感には、あのマッサージ店に行くのが一番だろうと思った。
いわゆる「揉み解し」のお店で、かなりハードなマッサージをしてくれる。
けっこう強烈なので、あまり頻繁に行くのはどうかと思うが、本当に疲れている時には助かるのだ。

通常1時間のコースを、倍の2時間分の券を買い、たっぷりと施術してもらうことにした。
それでも驚くような価格ではない。
以前と違い、この世界もかなり価格競争が進んでいる。

グイグイと強烈に押してもらった。
運良く大柄の男性で、僕の身体に前腕を当てて体重を乗せてくる。
身体がガチガチに固まっているので、それでも辛くはない。
むしろ解れていく感じが心地いい。

例によって男性は「岩のように硬いですね」と言った。
いつも施術を受けるたびに言われる。
フーフーとかなり大変そうで、あちらの方が拷問を受けているようだ(笑)

2時間受けて本当にすっきりした。
重くのしかかっていたものが取れて、身体がすっと軽くなった。
やはり1時間では足りなかったと思う。
そのお陰で、今日に疲れが残ることが無く、一日が本当に楽であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

独自性


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

やはり多少時差ボケがあるようだ。
昨晩はすぐには眠りにつけなかった。
今日も身体が何となくだるい。
疲れが出ているのかもしれない。
まあかなり歩いたからねえ・・・

日本に帰ってきて感じたのは、やはり日本って特殊な国だな・・ということだ。
かつてはヨーロッパに行くと、はるかに進んだ「大人の世界」を見せつけられ、日本に帰るとあまりに違うので、まだまだとても無理・・という印象を強く持った。
しかしあれから時間が経ち、日本もだいぶ変わった。
では追いついたのか・・というと、そうではなく、また別の方向に行ったというか、まったく違う世界へと発展したように感じる。
そのため日本に帰ってくると、かなりの違和感を持つ(笑)

あちらでは、常に背の高い人たちに囲まれて、デジタル的というか、はっきりとした合理的な生活を強いられる。
また街では常にある種の緊張感があり、通行人の目つきや行動など、意識して行動しなければならない。
それは以前からそうだ。
最近は人々も街も以前より荒んできており、目つきの悪い若者も増えたし、街全体が何となく埃っぽくて薄汚い。
アイスクリームを食べた手でベタベタ触ったような汚さがある。

一方日本に帰ると、歩いている人が妙に小さくて、ホビットの国に来たような気分になる。
そして日本独自のローカルな伝統や風習とあちこちで遭遇する。
施設はどこも清潔ではあるが、デザイン面ではゴチャゴチャとしていてセンスが悪い。
そして緊張感が非常に少ない。
欧米人は、アニメやお伽の世界に入ったような印象を持つのではないだろうか・・・

ほんの数日間日本を離れただけで、ああ祖国に帰ってきた・・というより、不思議な国だなという違和感を持つ。
特に仕事での出張の場合、様々な国の人たちと会って話し、否応なく多くの文化に触れることになるので、余計にそう感じるのだろう。
日本という国が、この時代にこれだけ独自性を保っていること自体は大したものだと思う(笑)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

帰国


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

無事帰国した。
またもミュンヘンで悪天候で飛行機が飛ばず、1時間以上も乗ったまま待機になった。
雷雲が発生すると地上業務が休止されるようだ。
仕方なく映画を見ながら待ったが、1本目を半分以上見終わった頃、やっと離陸の順番が来た。

帰国すると空港(羽田)にMrs.COLKIDが迎えに来ていた。
飛行機の中では映画数本を見て、眠ったのはせいぜい1時間くらいである。
行きはドイツに到着するのが夕刻なのでそれでもいいのだが、帰りは日本に到着すると午前中なので時差が辛い。
それから夜までとなると、30数時間連続して起きていることになる。

家に帰る途中母親から電話があり、日本橋のデパートにいるという。
たまたま電車が日本橋に着いたところだったので、そのまま降りて、落ち合ってデパートの特別食堂で食事をした。
ドイツから帰ってきて、すぐに極めつきに日本的な場所でちらし寿司を食べた。
何だかすごいコントラストだった(笑)
こうやって見ると、やはり日本って特殊な国だな・・と感じる。

家に帰って2時間ほどベッドでうとうとした。
それですっかり元気になり、不在の間に録画しておいたテレビドラマを3本ほど見た。
今回は飛行機のシートが少し広めだったこともあり、疲労は少ない。
身体は疲れていないが、ヒゲだけはかなり伸びた。
これでこの後すっきり眠ることができればいいのだけれど・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

機上にて


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

飛行機の中で書いている。
料金を払えばインターネットに繋ぐことが出来るのだ。

ただ制約もあって、大きなデータを送ると気絶するのと、回線速度も恐ろしく遅い。
初期の頃のネット環境を思い出してしまう。
しかもスマホで繋いだので、長い文章を書くのは辛い。

とりあえずは記念の意味で機中更新してみた。
現在日本の時刻は朝の6時前。
ロシアの上空、ユーラシア大陸の真ん中くらいを飛行中。
高度は約1万メートル、速度は時速約900キロ。
外気温はマイナス53度だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2万歩


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

仕事は今日で終わった。
iPhoneのヘルスケアを見たら、今日も10数キロ歩いて、歩数は2万歩近くに達していた。
この4日間ほとんど毎日そんな感じだ。
オールデンのCDIは良好で、それでも足はほとんど痛くならない。
ただ足腰が疲れはするが・・・(笑)

今まではずっと晴天だったが、今日は天気が良くなくて、朝から曇っていた。
そのうちどす黒い雲が流れてきて、非常に激しい雨が降り出した。
一時は傘をさしても無駄なほどの勢いで降り、駅の出口で大勢の人が立ち往生した。
結局雨脚が弱まったところで、皆思い切って飛び出していった。

こちらの人はあまり傘をささない。
顔に水滴が当たる中でも、平気でベビーカーを押している。
何で日本人はすぐに傘をさしたがるのか、という話になった。
まあ濡れたくないからなのだが、それでは理解してもらえないので、メガネをかけている人が多くて、濡れると前が見えなくなるからだと答えておいた。

明日の昼頃にドイツを発つ。
時差があるので、ここの更新の日付の管理が難しくなる。
ただこの数日間、ずっと一日分先の日付で更新しているので、帰りは無理に予約投稿する必要はなさそうだ。
飛行機の中でネットを使える可能性も高いし・・・
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

6ハーフ


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

自由時間を利用して、靴屋を何軒か回ってみた。
特に欲しい靴があるわけではないのだが、ドイツに出張した記念の意味で一足だけ買おうかと考えていた。
2年前に来た時は、一日歩いてやっとお店をみつけたので、今回は予め調べておいた。

実はドイツは靴屋が多い。
オーソペディック系の靴のメッカで、国民の関心も高いのだろう。
本格的なフィッティングをしてくれるお店もあるようだ。
そのため町を歩くといくつも靴店を見かける。

しかしさすがに僕がいつも買うような価格帯の革靴を扱っているお店は限られてくる。
まあドイツの地方都市ということもあるだろう。
どちらかというと日本のABCマートくらいのお店が多い。
あるいはスニーカーが主体のお店である。
面白いのは日本の安い革靴と一緒で、その価格帯は先の尖った変なデザインの靴がけっこうあることだ(笑)

高級革靴を扱うお店はも店舗あり、靴の専門店もあれば、オーダー服などのテーラー系のお店で扱っている場合もある。
イタリアの靴を扱っているお店が数軒あった。
クロケット&ジョーンズを扱っているお店を1店舗みつけた。
アメリカ靴ではあるが、オールデンを置いてあるお店が一軒あった。
あとはドイツの低価格帯のブランドが多かった。

面白いのはアレン・エドモンズを扱うお店がけっこう多いことだ。
正統派のテーラーや本格的な靴店が、中堅クラスの製品として扱っている。
価格的にちょうど扱いやすいのかもしれない。
お店でエドモンズはどうか?と聞かれ、たくさん持っているからいらない、と答えた(笑)
ドイツまで来てエドモンズでもあるまい。

お目当てのディンケラッカーは扱い店が3軒あることがわかっていた。
ディンケラッカーのサイトに、正規販売店の一覧が載っていたのだ。
やはり調べておかないと、けっこう広い町なので、行き当たりばったりではみつけるのは難しい。
今回はその3軒をすべて回ってみた。

ところが問題はサイズであった。
ドイツ人は体が大きい人が多い。
昨日など2mを軽く超える大きい人と一緒になった。
全般に大きい人が多いので、お店で僕のサイズを置いてあるところが、滅多にないのだ。

前回来た時は、サイズ7の製品を買ったが(それより小さいサイズがお店になかった)、かなりのルーズフィットであった。
大きすぎてインソールを入れて何とか使っている。
(そのお店は今回みつからないので、閉店してしまったのかもしれない)
フィットしない製品を買ったのでは意味が無いので、今回は最初から6ハーフの製品の在庫を探した。
しかし案の定、そのサイズはどのお店でもほとんど在庫していないことがわかった。
旅行者なので、在庫が無ければそれまでである。

今回は1店舗だけ6ハーフの在庫を持っているところがあった。
しかし限られた2、3機種だけで、しかも特別欲しい機種ではなかった。
まあこれも縁と思い、その機種に決めたのだが・・・
僕のサイズは25程度だが、それ以下のサイズの人が直接行っても、なかなかゲットするのは難しいかもしれない。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

警戒


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

昨日今日と、かなりの距離を歩いた。
今回は町の中心から電車で20分ほど離れた郊外のホテルに泊まっている。
昨日は試しに町まで歩いて行ってみた。
途中調べておいたお店に寄りながら歩いたので、ジグザグに町中を往復した。

今日は電車で会場まで行ったが、その後展示場を一日中歩き回った。
そのためiPhoneの記録を見ると、両日とも十数キロ歩いたことになっている。
今日に至っては2万歩近く歩いている。

もっとも今日は、買い物がてら散歩をしようかと、帰りにひとつ手前の駅で降りたのだが、道を間違ってしまった。
それで予定外の距離を歩くこととなった。
まあ、カメラで撮影しながらなので楽しかったが・・・

散々テストして選んだだけに、オールデンのCDIは快適で、これだけ歩いても足が痛くならない。
まあ、腰や股関節は少々筋肉痛になっているが・・・(笑)
とりあえずはこの靴で正解だったと言えるだろう。

今日は会場で日本人の知り合いにも会ったが、治安が悪化しているから注意するようにと言われた。
今回は長年のベテランが、ホテルを出たところでやられたという。
それですぐに通達が回って来たようだ。
危ないところには近づかないよう言われたが、ホテルを出ていきなりでは防ぎようがない。

実は今回滞在しているケルンは、一昨年の大晦日に暴動が起きたところだ。
しかもその事実を数日間メディアが報道しなかったという。
暴動のショッキングな映像がネットで流れた時、いつも僕が歩いている、よく知っている場所なので驚いてしまった。

さすがに今回その場所に行ってみると、駅前に警察の車両が停めてあり、警察官が数人立っていた。
駅を撮影しようとホームに出てみると、僕が撮っている間、ずっとこちらを見ている職員がいた。
また今回初めて、展示会の入口にテントが設けられて、会場に入るのに手荷物の中をチェックされた。
こちらはテロを警戒してのことであろうが、まあ当然ではある。
日本の交番をこちらでも導入すればいいのにね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ