今年の寒さ


D810 + AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

大きな画像

今住んでいるマンションは暖かい。
今住んでいるといっても、もう35年以上も住んでいるのだが・・・
とにかく暖かくて、暖房をつける必要がほとんど無い。
一年中一度もつけないか、あるいはつけても年にせいぜい2、3回。
そのため冬の光熱費はかなり低く抑えられる。

多分日当たりのいい鉄筋作りで、下に店舗も入っているからだろう。
電車の線路が近くを走っているので、騒音の侵入を防ぐため、コンクリートの壁が厚くサッシも密閉度が高く作られている。
遮音性能を上げていることも、暖かいことと関係しているのだろう。

僕は生まれてからずっと一戸建てで育って、学生時代からこのマンションに住み始めた。
他の家のことは知らないので、マンションとはこういうものだろうと思っていた。
しかし実際には自分の家はマンションというよりビルに近い作りであるとわかってきた。
たまに人の買った新居などに行く機会があると、壁も薄いしずいぶん華奢な作りだなと感じることがある。

まあ華奢といっても、最新の設計の方が耐震性などは高いはずだ。
僕の住んでいるところは、昔の物量投入型というだけで、大きな地震の時には盛大に揺れる。
ミシミシいって、建物が平行四辺形の形になっているのが分かる。
ただ室内の暖かさに関しては、この物量が効いているように思う。

ところがその僕の住居でさえ、今年はさすがに暖房をつけている。
Mrs.COLKIDが風邪をひいたこともあるが、この数日毎晩エアコンをオンにしている。
昨年買ったダイキンのエアコンであるが、オンにしても部屋が暑くなるほどには暖まらない。
火を使う暖房機器とは違う、ソフトなタイプの暖め方である。

長くなったが、言いたかったのは、今年はいつもより寒いのだろうか、ということだ。
昨晩も車の外気温計はずっと氷点下を指していた。
先週だったか、朝の温度が今までに無い低い温度にまで下がり、工場の機械がのきなみ動かなくなったこともあった。
今来ているのは今期一番の寒波だというし、週末は一度暖かくなるそうだが・・・

以前急激な寒冷化の危機について書いた。(2016年1月30日の日記
温暖化もよりも、むしろ急激な寒冷化に襲われる方が恐ろしいという。
今年の寒さを見ていると、そういう日が来た時に、今のマンションでどこまで行けるかな・・と考える。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« メカニズム 時間を守る »
 
コメント
 
 
 
Unknown (タカ)
2017-01-25 23:26:44
日本の建築基準は断熱に関してゆるいそうです。

http://style.nikkei.com/article/DGXKZO81592170W5A100C1TJP001?channel=DF130120166122&n_cid=LMNST016

マンションだと後方排気のファンヒーターを取り付けるのは難しいですかね。給油の手間がありますが、日本だと灯油による暖房が一番暖かいですよね。
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2017-01-26 00:52:11
なるほど、寒いのは我慢して夏の快適さを基準にするという発想が強いのですね。
私も以前高気密住宅の一戸建てが欲しかったことがありましたが、その割に皆欲しがらないので不思議に思っていました。
子供の頃住んでいた家は風がスースー入ってきて、ほとんど修行のようでした(笑)
今の家はかなり快適で、結局引っ越すこともできずに35年も経ってしまいました。
 
 
 
Unknown (J.W.)
2017-01-26 11:44:27
私は北海道育ちですが、関東に来て一番驚いたのは冬の寒さでした。まあ、一昔前の話ですが、こちらの家は隙間だらけの上、火鉢とか江戸時代のままの暖房で暮らしていた。その点、北海道では断熱もしっかりして、暖房も完璧にして冬でも室内は暑いほどでした。ただし、暖房費はかかり、昔は石炭手当などが支給されていましたね。
地球が寒冷化しているという事ですが、トランプ政権でますます進展しないか心配ではあります。
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2017-01-26 13:42:21
以前住んでいた家は、暖めても暖気がどんどん外に流出していくのがわかりました。
ストーブから温風がガンガン出ても、室内が暖かくならないんです。
カナダに住む親戚が来たときに、オタワは-40℃になると自慢していましたが、一晩泊めたら翌日「ここは世界一寒い」と震え上がっていました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。