特別なサイズ


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

足のサイズが、人より大きい人、人より小さい人は、自分に合った靴をみつけるのが大変だろう。
電車の中で、大きいサイズ専門の靴店の広告をよく見かける。
しかし好きなデザインも選べないだろうし、普段苦労されているだろうと思う。

しかし古靴の世界では、むしろ有利である。
僕のように日本サイズで25から26くらい、米国靴では7とか8とかいった大きさは、ゴールデンサイズなどと呼ばれ、日本では一番人口の多い大きさである。
お店でもそのサイズの靴は取り合いになるし、それ以前にほとんどモノが出てこない。

たまにデッドストックが出ても、すぐに売れてしまうので、入荷したと聞いたらすぐにお店に行かないと入手できない。
その点、小さいサイズの人や大きいサイズの人は、のんびりしていても大丈夫だ。
滅多に売れないので、暇のある時にお店に行けば、大抵残っている。
古靴に関して言えば、そういうサイズの人がうらやましい。



フローシャイムのユーマの60年代のデッドストックが手に入った。
最も有名なコブラヴァンプと言っていいだろう。
しかもサイズは8D。
僕にドンピシャリである。

行きつけのお店に、米国よりデッドストックがゴッソリと入荷した。
恐らく、今後こんなにデッドストックがまとまって入ることは、まず無いだろうという。
早速見せてもらったが、今回入荷したものの内(僕の足に合うもので)ダントツに高品質でレアなのはこのユーマであった。
サイズが自分にピッタリの未使用のユーマなんて、このチャンスを逃したら、巡り合う可能性はほとんどあるまい。
これも運命と思い購入することにした。



ご覧のようにアッパーはダークブラウンのカーフ。
柔らかくて素晴らしい質感の革である。
しなやかなマッケイ製法と相まって、足を入れると優しくフィットしてくれる。

踵は意外によく食いついてきて、歩いても外れることは無い。
さすがである。
これならローファーが苦手な僕でも行けるかもしれない。

というわけで、早くもおろしてしまった。
貴重なデッドストックが、これでまた一足失われたことになる。
おろしちゃうからね、とお店で言ったが、どうぞ、靴は使ってなんぼですから・・という返事をいただいたので、遠慮なくおろさせてもらった。

一日結構な距離を歩いてみたが、ほぼ問題なさそうだ。
少し小指が当たることもあったが、しばらく歩くと痛みが消えていった。
さすがに名靴だけある。
ローファーとしては、初めて日常に使えそうな感触を得た。
恐らく愛用靴に加わることになるだろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 立ち上げ 故障 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。