血豆


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

三脚の脚を広げる時に指を挟んだ。
ジッツォの金属パーツにに指を挟むと痛いのだ。
気をつけているのだが、ちょっと油断するとやってしまう。
あれはどうにか改良できないのかな・・・

挟んだところが、みるみる赤く膨らんでいく。
内部に血が溜まっていくのがわかる。
負傷したのに血液の出口が無くて、皮膚の下に滞留しているのだ。
程なく右手の中指に、挟んだパーツの形に細長い血豆が出来た。

水の入った袋を見ると潰したくなる(笑)
穴を開けて血を出してみたい欲求はあったが、屋外なのでそうもいかない。
ここで無理してやったら、ばい菌が入ってしまうだろう。
やむなくそのままの状態で家まで戻った。

ネットで調べてみると、案の定むやみに潰さないで、そのままそっと治す・・という方法が載っている。
しかし、大きさによっては潰した方が治りが早いと書かれている文献もあった。
それを信じて、早速潰すことにした(笑)

消毒した針を血豆に刺した。
時間が経っているのでどうかと思ったが、赤黒い血液が出てきた。
指で搾り出すと、後から後から出てくる。
ちり紙で押さえながら、内部の液体をどんどん出した。
痛みはあるが、絞り出す快感の方が勝っている(笑)

これ以上出ないところまで出しきったが、それでも指の上に黒く細長い跡が残った。
血豆自体は、それでほぼ治ってしまったようだ。
程なく痛みも消えた。

しかしくっきりと黒い跡が残り、それが何かと目に付く。
手のひらを動かすと一瞬見えて、そのたびにぎょっとする。
虫か何かがくっついているように見えるのだ。
もう少し経てば完全に乾いて、何かの拍子に皮膚から分離していくのだろうが・・・

消毒液を使わず、身体の治癒力を利用して傷を治す絆創膏が主流になっている。
しかし僕の場合、先日の水膨れの時もそうだったが、思い切って中身を出してしまった方が、治りが早いような気がしている。
今後も怪我をするたびに実験して、検証していこうと思っている(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 価値 飽和状態 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。