採血


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

糖尿の病院に行くたびに採血する。
注射器の針を腕にグサッと刺す。
けっこう太い針だ。
検査項目の多い日は、血液の量もその分必要なようで、注射器一本分たっぷりと採血する。
それなりに針が太くないと駄目なのだろう。

針は、肘の関節の内側の柔らかいところに浮き出た血管に刺す。
ところが僕の血管は変わっていて、横方向に斜めに走っている。
看護婦さんがそれを見ると、皆困ったように少し考える。
珍しい形なので、どうやって針を刺すか悩むようだ。

「だいたい皆さんこの辺りから斜めに刺しますよ」
僕の方から看護婦さんに教えることも多い。
下手なところに刺されて、失敗されるのが嫌だからだ。

昔父親が生きていた頃、やはり病院に行くたびに血液を採って検査していた。
ところが父親も血管の走り方が特殊だったようで、看護婦さんたちは苦労していた。
ぶきっちょな人だと何度も何度も失敗し、父親の腕にいくつも穴をあけた。
さすがの父親も「へたくそ!」と怒鳴り、看護婦さんも苦笑していた。

最近隣町に新しく出来た病院に、母親とMrs.COLKIDが通うようになった。
そこには若いのに採血が上手い看護婦さんがいるという。
「あの娘がやると痛みが無くていつの間にか終わる」
と二人で話しているのを聞いた。
採血も才能があるのかもしれない。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 轟音 検査 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (OT)
2017-06-13 22:35:18
昔入院していた時に若い看護師が10回くらい失敗したので激怒したことがあります。
嫌なの我慢しているのに何度失敗するんだ!とベテランのばあさん連れてこいと。
よぼよぼのお婆ちゃん看護師が来て1発で決めてくれました。

入院して我慢していたのもあるんでしょうが看護師さんに文句言ったのはあの時だけです。
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2017-06-13 23:52:04
まあ10回針を刺されれば特殊な趣味の持ち主以外は怒りますね(笑)
 
 
 
同じ思い (クワバラ タダヲ)
2017-06-14 09:15:51
自分も同じ思いです、今回は同かなと思いながら採決をしています。どうも看護婦さんの腕と、針の切れ味が有りそうですね。そんな事は無いと言ってはいましたが、刺す時の痛みで判る様になって来ました。工業製品なのでバラツキは生じると思いながらの採決です。
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2017-06-14 10:36:15
確かに精密なものなので、針のバラツキもあるかもしれませんね。
匠の研いだ痛くない高級な注射針とか、肌に塗って痛みを無くす薬とか、今後は出てくるかもしれません。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。