実情


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

米国の知人から聞いた話。
彼の業界では、大手A社、B社、C社の3社が業界トップの位置にあり、互いにライバル関係にあった。
それぞれ長い歴史と伝統を持つ会社である。
そこに新進気鋭のX社が入ってきた。

X社の製品は、新素材を使用しているのが特徴であった。
旧来の素材を使ったA社、B社、C社とは違う、革新性、エコロジーを売りとしていた。
広告を大々的に打ち、これからはこちらの素材の時代だと宣伝した。

実はこの業界では、数年おきに新しい素材が開発されており、その度に新素材のブームが起きる。
しかし数年経ち、そのブームが落ち着くと、また旧来の素材を使った製品に戻る・・ということを繰り返していた。
歴史の長い旧来の方式は完成度が高く、時間が経ち冷静になってみると、やはり以前のものの方がいい、ということになるのだ。

しかし今回のX社の製品は、エコロジカルな素材という時代に合った特徴を備えており、今までの性能競争だけに終始した素材とは違う側面を持っていた。
そのため進歩的なユーザーたちがX社の製品に飛びついた。
今回は一時的なブームではなく、継続的な新しい波になり得るのではないかと、業界でも注目されていた。

X社は特定の客層を掴み、業界での地位も向上していった。
売上は上がり、会社の規模も大手の3社に並ぶものとなった。
今後はX社が加わることで、4強となると思われていた。

ところが、ある日突然、X社がC社を買収したという発表があった。
それは多くの人を驚かせ、同時に戸惑わせるニュースであった。
なぜなら革新性を謳うX社の製品は、伝統的な作りのC社の製品とは相反するものであったからだ。
なぜ今になってX社がC社を欲しがるのか、主張と矛盾しているのではないか、と皆が噂した。

C社は経営難に直面しており、そこにX社が乗り込んでいき、事実上のっとる形になったようだ。
X社にとっては、C社を安く手に入れることができる、いいタイミングであったのだろう。
知人は、X社の意図するところが知りたくて、業界のトップにも聞いてみたという。
恐らくX社は、いつか新素材のブームが終わって、また旧来の方式に戻る可能性を危惧し、今のうちにC社の技術や設備を入手したかったのだろう、という見解であった。

ところが、その買収劇の最中にいる人物から、別の情報が入ってきた。
X社の目論見は、別のところにあるという。

X社はその業界に参入するに当たり、早急に自社の地位を確立させたかった。
最終的には、自社が業界を制覇するのが目標なのだ。
しかしまともに市場でライバルと戦うとなると、時間のかかる消耗戦となり、互いに傷つき被害も出る。
それなら3強の一角を買い取ってしまい、それを生かすのではなく、潰してしまえばいいと考えたというのだ。
結果的にその方がお金はかからない、という判断である。

実際買収後は、C社の役員、関係者はほぼ追い出されてしまい、長い歴史を誇ったC社は事実上解体してしまった。
C社の製品の製造は、すべて外注に出す事になり、製造工場も閉鎖された。
まだC社というブランドこそ残っているが、完全に骨抜きにされてしまったと言える。

X社はもともと頭脳派の集団で、かなり冷徹な性格を持つ会社だという。
どちらが金銭的に有利であるかを計算し、温情のまったく入らない決断を下す。
彼らは自ら現場でものを作ったことはなく、机上の計算のみで動く人間の集団なのだ。
商品は進歩的なユーザーたちに支持され、地球環境保護に貢献するクリーンなもの、と思われているが、知人にはむしろダーティな連中というイメージが強いという。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 消えた犬 マッサージ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (カーク船長)
2016-10-20 01:36:50
いかにも米国企業がやりそうな話ですね。
日本でそんなことやったら企業イメージが下がるでしょうね。
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2016-10-20 08:15:02
行かすためでなく殺すために買うというのですから凄いですね。
今後はネットの情報ですべて公になり、不買運動などにつながる可能性もあるので、こういう利益優先の企業のやり方も変わってくるかもしれません。
 
 
 
Unknown (タカ)
2016-10-21 09:03:06
競合他社を買収した後廃業させるというのは、シリコンバレーではだいぶ前から普通に行われてますね。

買収・廃業ではありませんが、iPhone やその他のスマホが起こしているイノベーションも、既存のマーケットを根絶やしにするという点において結果としては似ているかもしれません。
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2016-10-21 11:01:25
そうですか。
米国では普通のやり方なんですね。
そんな気もしていましたが・・・

今回は書けない事も多々あり、人的被害者まで出ました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。