中途半端


SIGMA DP1 Merrill

大きな画像

このところ時計ラッシュだが、要は円安になる前に多めに仕入れたからだ。
ひとつひとつは大したものではない。
以前はベルトのコーディネートを楽しんだり、相性を検証する目的で選んだが、最近はもっと直感的に選ぶようになった。
無理に欲しくないものを買う必要も無いのだし・・・

一生ものという言葉が、よく腕時計に使われる。
しかしよく考えてみたら、自分の人生があと100年あるわけでもないのだし、そんなに性能にこだわる必要は無いような気がする。
若い頃に買って、一生それひとつで満足できる・・というのなら、まだわからないでもない。
でも50歳過ぎて、これは一生ものですよと言われてもねえ(笑)
だいいち僕の性格ではそれは無理だ。
いろいろ中途半端なものを、好き勝手に買うのが、一番楽しいように思う。



今日の時計ベルト。
アンクル・プリマのアンティークのトノー型スモール・セコンドに、ヒルシュのデュークのグリーンをつけた。

1年以上前にeBayで落札した時計だ。
1940年代の製品だが、どこかでデッドストックがみつかったという話で、「新品」という触れ込みであった。
出品者に本当かどうか確かめたが、間違いないという。
(詳しくは2011年12月2日の日記を参照)

フィックスド・ラグでベルトが縫いこんであるため、ベルト交換が出来なかった。
それ以前に70年も前の新品ということで、そんな貴重なもののベルトを取り除いてしまうのは躊躇われた。
オリジナルのベルトを外すとなると、糸をほぐしてばらすしかないのだ。

ところがしばらくeBayを見ていると、意外にこの頃のデッドストックが出てくる(笑)
それも東側の国から出品されることが多い。
それほど珍しいものではないようだ。

あちらがどういう環境なのかわからないが、町の古い時計店の棚の奥に、70年も前の未使用品がごろごろしているのかもしれない。
あるいは埃を被っている古いパーツを集めて、完成品を組み上げる事が、案外簡単に出来るのか・・・



というわけで、思い切ってアンクル・プリマのベルトを交換してみた。
オリジナルの茶色い革ベルトは、ナイフで糸をほぐすと簡単に外すことが出来た。
70年間守られてきたものが、僕の気が変わったがために、あっさりと破壊されてしまったわけである。
替わりのベルトを何にするか、いろいろ悩んだのだが、ヒルシュのデュークのグリーンに思い至った。

バネ棒を使う方式ではないので、一度つけると交換が効かない。
一番マッチするベルトを選び、一発勝負でいくしかない。
一方で、改造に使える構造のベルトとなると、ヒルシュかディ-モデルの一部の製品ということになる。
根元の折り曲げ部分にステッチが入らないため、そこを剥がして再度接着することで、フィックスド・ラグの時計に付けることができるのだ。

実はこの時計のベルトを交換するのは、出張先で急に思いついたことだ。
大阪にあるアンティーク・ショップに顔を出し、ヒルシュの在庫品を見ているうちにその気になった。
アンクル・プリマのデザインを頭に思い浮かべ、文字盤が黄色っぽかった・・という記憶に基づき、グリーンが合うのではないかと予想したのだ。
艶消しのグリーンという、比較的珍しい色の型押しカーフのベルトである。
他社からも出てはいるが、ヒルシュのものは仕上げに渋みがあって、アンティークにはしっくりくる。

付けてみたらドンピシャリ。
見事なマッチングである。
ああ、よかった(笑)
70年ぶりに時計が生き返ったようだ。
古くて小ぶりな時計の佇まいが良くて、いたく気に入ってしまった。

これに味を占めて、他にもこの頃のデッドストックが無いかと、eBayで検索してみた(笑)
しかしよく考えれば、次回もこう上手くいくとは限らない。
この時代の時計の精度は低く、実用性には乏しいので、たとえ成功しても自己満足に終わってしまうだろう。
やはりやめておいた方が無難かな・・・(笑)

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« 財布 シャンプー »
 
コメント
 
 
 
Unknown (alte uhr)
2013-01-28 23:15:09
パテックの宣伝文句は「父から子へ」ですよね。
あちらでは世代を超えて受け継がれる物、長く使える物こそが、価値があるのだという文化というか意識が根付いていますね。

時計に関して「一生もの」というのは、とある本にもなっていましたが、さきほどの欧米のような文化が浅い日本において、いわば後付けの理由、口実のように、盛んに刷り込まれてきたような気がしますね。
ニュアンスは少し異なりますが、ものを粗末にしない文化、「もったいない」文化はありましたが・・・。
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2013-01-29 01:05:44
日本の場合、定期的に地震などの災害に見舞われ、長く受け継ぐことが基本的に困難だからという理由もあるように思います。
あちらは硬く重く作っておけば何千年ももちますが、日本では軽く作ってすぐに作り直せるようにしてありますし・・・
ただ「一生もの」の本は実は愛読書です(笑)
 
 
 
今日は (マイケル)
2013-01-29 12:10:46
今日は!
<大藪さんってレポーターしていましたっけ?
コンバットマガジンのレポートを集めた本が出てたと思います。
中学、高校と熱狂的ファンでハードカバーですべて持ってたんですが興味が歴史ものに変わって全部古本屋に売ったので今は一冊も無いので絶対かと言われると自信ないです~
COLKIDさんに質問された方は解決するといいですが~
サウンドサプレッサーとフラッシュサプレッサーとあって
結構ややこしいですね。
サプレッサーは消音効果はサイレンサーに劣るものの狙撃者の場所の特定が出来ない設計みたいです。
フラッシュサプレッサーは夜間狙撃の時に銃口の火を観えなくするみたいですね。
銃身の先に着けるパーツはマズルブレーキとかコンペセンターとかもありますし~
目的によって使い分けるので明確に答えられる人は少ないと思います。

昨日は早く寝たのでお答えできずすみませんでした。

時計は文字盤とベルトの色があっていて非常に美しいとおもいますよ。

ではまた~
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2013-01-29 14:42:16
銃を撃ってみると感じるのは、やはりこれは爆発であるということですね。
風圧となって鼓膜を直撃します。
まだ拳銃ならいいのですが、米国の射撃場で、大型の狙撃銃の発射音が空気を劈くように響いて、その場で足がすくんで止まってしまったことがあります。
消音装置が開発されるわけだと思いました。
 
 
 
Unknown (マイケル)
2013-01-29 17:51:26
射撃用のサプレッサー(減音)イヤーマフは付けてなかったんですか?
勇気あるなあ~

拳銃弾とライフル弾の火薬の燃焼速度はライフル弾の方が早いので耳にくるんでしょうね?

COLKIDさんとの銃の話は楽しいですが他の読者の方が疎外感を感じると思うのでこの辺で辞めときますね。

それで暫らくおとなしくしときます。

それではいずれまた~
失礼いたします。


 
 
 
Unknown (alte uhr)
2013-01-29 17:53:49
日本だと湿度の問題もあちらが思う以上に深刻ですよね。
受け継ぐのも素敵ですけど、
とりあえず自分の生きている内だけ、愛用して楽しめれば満足ですね。


サイレンサー・・・。
何やら銃の世界も奥が深いようで・・・。
映画を見て「格好いいなぁ」と思うに留めておきます。
足を突っ込まないようにします(笑)
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2013-01-29 18:16:03
射撃場ではイヤーマフをしていたんですが、外に出て隣の長モノの射撃場に向かった時の話です。
ダアアアアアン・・という衝撃音が辺り一面に響いて、足がすくんでしまいました。
本当に「爆発」という感じでした。

alte uhrさん。
この世界は絶対に足を踏み入れないほうがいいです(笑)
真面目な話です。

パテックは最近VISAカードや三越の会誌でやたら広告を出しています。
よほど売れているんでしょうね(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。