アップロード


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

毎日自宅に戻ると、まずは画像データのプライム・フォトへのアップロードを始める。
会社の環境では遅くてどうしようもないので、作業はもっぱら自宅のパソコンのみで行っている。
現時点で前半の途中までしか終わっておらず、まだまだ先は長い感じだ。

このバックアップサービスを使うに当たり、どうしても払拭できない不安がある。
それはデータの機密性が、本当に保たれるのだろうか、という不安である。
いい気になってどんどんアップロードするのはいいのだが、それは自分の所有していたデータを人手に渡してしまうことでもある。
実は危険なことをしているのではないか・・という思いが頭から離れない。

基本的に、プライバシーは保たれる前提になっているのだろう。(多分・笑)
だが少なくとも管理している会社には、データ内部を見ることの出来る仕組みがあるはずだ。
開発者やオペレーターが、さりげなく中身を覗き見することが、出来ないわけではない。
禁止されてはいても、人間である以上どのような事をするかわからない。

もちろんアップロードされたすべてのデータを、いちいちチェックすることは不可能であろう。
しかし人間ではなくAIにやらせれば、全データの監視も可能である。
顔部分の認識どころか、最近はその情報をもとに、個人の特定まで出来るという。

実際に犯罪者やスパイなど、ターゲットが固定された場合は、これらのデータが捜査に活用されてもおかしくはない。
ある特定の日付、特定の場所で撮られた写真を、膨大な画像データの中からピックアップして表示する・・なんてことは、簡単に出来る。
米国のドラマを見ていればわかるが、国家の諜報機関であれば、そういうことは朝飯前であろう。

何しろこちらからデータを提供しているのである。
それも無料という言葉につられて。
世の中には、すべてのデータをすべての人間が共有すること・・を理想に掲げている会社もあるわけで、そういう思想に基づいて、これは正しい事なのですと、勝手にデータを使われてしまう可能性が無いとは言えない。

例えば管理会社の経営が変わり、アジアの某国が資本に加わったらどうなるだろう。
当然これらのデータを有効に使おうと考えるはずだ。
慌てて消したって、どこかにしっかりバックアップが残っている。
それを想像すると薄ら寒く感じる。

またクラウド化することで、かえってハッカーの標的になりやすくなる場合もあるだろう。
会社で契約しているOA機器の管理会社の担当者に、クラウドサービスのことを聞いてみたが、1TBで1ヶ月数万円とけっこう料金が高い。
しかしそれも当然で、預かるデータを一度別のものに変換して、完全に噛み砕いてから保存するのだという。

保存用のサーバーとは別に管理用のコンピューターが用意されていて、データは必ずそこを通して、変換してからサーバーに送られる。
倉庫の番人がいて、その人を通さなければブツの出し入れが出来ないようになっているのだ。
ユーザーにクラウドを自由に開放してしまうと、ウイルスに感染したファイルをアップロードされてしまうことも当然ある。
つまり安いクラウドは、無法地帯になっているのだ。
言われてみれば確かにその通りだろうなと思う。

クラウドもそう簡単なものではない、ということだ。
アパート経営のようなもので、借主には問題児やならず者が混ざるし、逆に大家が非常識な人間である場合もある。
・・・なんて大袈裟なことを書いたが、実のところいつもここに載せている写真のもとデータを保存しているに過ぎないので、大したものがあるわけではないのだが・・・(笑)
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 独身の夜 今日の綱渡り »
 
コメント
 
 
 
Unknown (銃好き)
2017-04-18 01:23:00
実は先日メーラーが乗っ取られました。メールサーバーに侵入した人がメールアドレスとパスワードの組み合わせを盗み見て、パスワードを変更したわけです。
ところが日本法人はサポートしないと言う。アメリカのサポートチームに話を付けて、メーラーを取り返しましたがセキュリティの信頼度は地に落ちました。
何せプロバイダがハッカーにやられたのですから、信頼出来ません。
メーラーを取り返して、なりすましを排除しましたが、私のメールアドレスでなりすましロールを送るのをプロバイダも止められないという。
もう契約解除して別のプロバイダに乗り換えます。
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2017-04-18 05:50:59
ウチの会社に来るサポート会社の人も、その気になれば大抵の事は出来ますが、倫理の問題でやらないだけですと言っていますね。
回線がつながっていれば、セキュリティというのもあって無いようなもののようです。
 
 
 
Unknown (タカ)
2017-04-19 01:00:52
メールはじめ、オンラインアカウントの類はすべからく二段階認証を使うべきですね。パスワードだけの認証は、ドアチェーンの付いていない玄関みたいなもんです。

アマゾンのプライムフォトは、ディープラーニングのためのデータを集めるのが目的のひとつではないですかね。おそらくEUA(End User Agreement)にそういう記述があると思います。
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2017-04-19 05:47:05
私もアマゾンのはそんな気がします。
よく読まないと、アップロードしたデータは全部著作権フリーとか言われかねないですね。
 
 
 
Unknown (タカ)
2017-04-20 18:04:43
さすがに「全部著作権フリー」ってことにはならないと思いますが、機械学習用等の限定した使用には同意する、というのは十分ありえますね。でないと、無償でオンラインストレージを提供する動機がみつかりません。
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2017-04-20 19:02:35
今日もその話題になったのですが、何でも法的に見せる義務がある場合は、躊躇せずにデータを全部提出するような話でした。

いずれにしても膨大な量の画像データが勝手に集まり、日時と場所を指定すれば欲しい写真が抽出できる・・という、国家機関にとって涎が出そうなデータベースが出来つつあるわけです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。