電気代


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

ちょうど一年ほど前に居間のエアコンを買い換えた。
お店で勧められたダイキンのエアコンである。
2016年8月21日の日記
ここにきてMrs.COLKIDから、電気代がほぼ半額になっている・・という驚きの報告があった。

電気代の支払額が万単位で違うという。
本当に!?
噂には聞いていたが、そんなに違うものなのか?

以前使っていたのは、義兄が結婚祝いに買ってくれた20年も前のものだ。
古いといえば古いのだが、それにしても半分とは・・・
電気はエアコン以外にも使っているのだから、実際にはエアコンの消費電力は以前の半分以下ということになる。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
«  エサ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (OT)
2017-07-16 09:18:33
家でもリビングのエアコンが壊れて20年ぶりに買い換えたら同様に室内機が大きくなり、それなのに効きが悪くなりました。最初は不満ですがそのうち慣れてしまった。
あまり冷やさないようにして消費電力を抑える。
それにしても半額はヒドイですね。
以前のエアコンが経年劣化と室外機の能力不足と色々問題があったのかもしれません。

インバーター電源になって省エネになったとはいえエアコンの原理自体は50年前から変わっていませんから。
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2017-07-16 10:18:31
やはりインバーター化したのと冷やし方を抑えることで消費電力が大幅に抑えられたんでしょうね。
コンピューター制御やセンサーが高性能化したのかな?

会社のコンプレッサーを昨年新調したのですが、もともと25年前の非常に大きいものを使っていたのですが、新型にすると試算では月10万円電気代が抑えられると言われました。
で、新型の支払いが月5万円なので毎月5万浮くことになります。
これはやはりインバーターがよりきめ細かくコントロールできるようになったのと、世の中からエアを使う機械が減って小型で済むようになったのが理由です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。