収納


D850 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

以前より懸案であったジッツォの1型トラベラー三脚(GT1544T)のヘッドの問題であるが、いろいろ試してみて一応ひとつの形に落ち着くことが出来た。
2015年1月20日の日記を参照

トラベラー三脚は、通常の三脚より小さく折りたたむことが出来る携帯性に優れた三脚である。
3本の脚を、一般のモデルとは逆に上側に180度折り曲げて収納する。
脚の蝶番もそれが出来るように特殊な構造になっている。
センターポールは目一杯伸ばした状態で、たたんだ3本の脚の中央に挟んで収納する。

通常の三脚では上に飛び出してしまうボールヘッドの部分を、折りたたんだ脚の間に収納して全長を数センチ短くする設計だ。
この数センチの違いで、リュックに入ったり機内に持ち込めたりと、いろいろ利便性が上がるのだ。

ところがこの隙間に上手く収まってくれるヘッドがなかなかみつからない。
折りたたんだ脚の間には、細長い狭い空間しかない。
そこに上手く収まってくれて、かつ性能的にもある基準を満たす小型ヘッドというと、市場にほとんど無いと言っていい。

3本の脚を目いっぱい折りたたむと、センターポールのヘッドを取り付ける台座の縁部分に接触したところで止まる。
脚を3本ともここまで閉じるのが「正常な収納状態」である。
ところが大抵のボールヘッドは、デザイン上どこかがポコッと飛び出していて、そこに脚がぶつかって3本のうち1本だけ少し開いてしまう・・という状態になる。
これが中途半端で大変気持ちが悪い(笑)
何とかすべての脚を台座部分まできれいに閉じさせることが出来ないかとずっと悩んでいた。



今回ライカ製の小型ボールヘッドを採用することで、この問題を解決することが出来た。
このヘッドだと隙間にきれいに収まり、脚を邪魔することがない。
3本の脚がほぼ水平になり、本来の設計通りの収納状態になる。

ライカのボールヘッド18という製品である。
このボールヘッドは色がブラックとシルバー、さらには本体の形状が長いものと短いものの4種類が用意されている。
今回はブラックのショートの方を選んだ。(コードNo.14109)
デザインも長さもジッツォにピッタリで、まるでこの三脚用に設計されたかのような製品である。



ライカのボール部分はご覧のように凹凸のある変わったデザインになっている。
このボールヘッドはガッチリ掴んで動かないと一部で評価が高いが、それはこの特殊な構造によるものであろう。
実際ネジをしっかり止めると、力をかけてもほとんど動かなくなる。

ただこの凸凹のせいか、動きの滑らかさは今一つである。
ガサゴソとした引っかかりを多少感じる。
固定力は強いので、実質的には問題はないのだが・・・
なおヘッドをセンターポールに取り付ける際には、レバーが脚と脚のちょうど真ん中にくる必要があるので、台座の六角ネジを緩めてヘッドの固定位置を微調整する。



組み合わせるプレートにはRRSの幅38mmのネジ式クランプ(B2-mAS)を選んだ。
同社にはさらに幅の狭いマイクロクランプもあるのだが、携帯用とはいえやはりある程度の強度は欲しい。
B2-mASも小さいなりに強固にカメラプレートを銜え込むことが出来る。
しかも90度横に倒すと、折りたたんだ脚の先端とほぼつらいちの位置にくる。

このプレートの中央の穴には3/8"のネジ山が切られている。
ボールヘッド側からは1/4"のスクリューが出ているので、変換アダプターを介して取り付けてやる。
ボールヘッドの台座には傷防止用のレザー調のシートが貼られたお皿が乗っている。
このシートに多少クッション性があり、それを介してクランプを取り付けるとガタが出るので、皿ごと取り外してしまった。
その結果強固に固定することが出来た。



見た目は華奢だが、一応D850も保持することが出来る。
まああくまで携帯用なので、性能的には完全とは言えず、少し力不足な面もある。
ただこのままバックパックに放り込んで、気楽に散歩に持って行けるのは魅力である。

今回は
・収納時に3本の脚が完全に閉じること。
・小さくて軽いこと
・ほどほどに固定能力があること
・外観がカッコいいこと
の4つを目標としたが、ほぼ達成できたと言っていいだろう。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 不在者投票 とっかえひっかえ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ズッコケ)
2017-10-20 09:45:44
ストラップ端はなぜニコン巻きにはしていないのですか?。
 
 
 
Unknown (COLKID@会社)
2017-10-20 11:18:25
ニコン巻きなるものを知りませんでした。
確かに先端を巻き込んだほうがいいですね。
ただ近くこのストラップはやめて、RRS製の特殊なもの(銃器用スリング)になる予定です。
 
 
 
教えて下さい (チベッタ)
2017-10-20 23:18:35
初めまして、いつも楽しく拝見しております。
現在、トラベラー三脚を検討しており、今回のライカ艤装を参考にさせて頂きました。
自身はGK1545T-82TQDを検討していますが、この三脚に付属している
GH1382TQD(ベース径35mm 自重390g 耐荷重11Kg)が一部ですが評判が良くないので
ライカも検討しようかと思っている次第です。(ライカもゴリゴリ感が少しあるようで悩ましい)
ここでお聞きしたいのですが、ライカ台座に付いているレザー調のシートを剥がすのは
ドライバーや、カッターを用いたのでしょうか?
よろしくお願いします。

P.S
ようやく、手前にもRRS-850MODULAR PLATEが届きました。
縦部分の先端をカメラ本体の三角環を外してネジ止めしています。
ストラップはPeakDesignのクラッチハンドストラップ CL-2を使っています。
(付属のアルカスイス式プレートは使用せず、アンカーリング1個を直接L-PLATEに接続)
取り付け方はRRSのHAND STRAP FROM CAMDAPTERと同じで
L-PLATEの機能を邪魔しません。
RRSのHAND STRAP FROM CAMDAPTERは長さを調整出来るのか不明でしたので
調整出来るPeak Designにしました。(ご参考に)

チベッタ
 
 
 
Unknown (COLKID@自分の部屋)
2017-10-21 00:41:21
チベッタさん。初めまして。
読んでくださりありがとうございます。

ライカのボールヘッドですが、固定性能はなかなか大したもので、無理に力を加えると三脚やヘッド本体の方がきしむほどです。
ただボール径が小さいので動きに滑らかさはないですね。
三脚も1型ですので全体に強度は程々で、あくまで旅行用の携帯用三脚という感じではあります。

台座のレザー調シートですが、これはワッシャー状のお皿に接着されていて、そのお皿が台座にはまっているだけです。
尖ったものでほじったり、セロテープを貼って引っ張れば簡単に外れます。

ストラップの情報をありがとうございます。
私はRRS社の推薦するマグプル社のQDスリングを発注してみました。
銃器メーカーのものというところが気に入りました(笑)
こちらも少し長すぎるのが欠点のようです。
到着したらまたここに載せます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。