目薬


D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

大きな画像

サンテ・メディカル・アクティブという目薬が、今までに無いほどよく効くと話題になっている。

サンテ・メディカル・アクティブ

それを聞きつけて早速薬局に買いに行ってみた。
同社のメディカルのシリーズはいくつか出ていて、それぞれ特長があるようだが、今回話題になっているのはその中のアクティブというモデルである。
最初はその名前の製品がみつからず探したが、箱に「メディカルA」と書いてあって、「A」の下に小さく「アクティブ」と書かれているのに気付いた。
「有効成分最大濃度配合」だそうだ。

知人が試したところ、ものが立体的に見えるようになり、視力も向上したようで、今までに無い体験だったという。
ネット上でも、明確に効果が出るという感想が多かった。
ここまで効くと、何か強い成分が入っているのではないか、と訝しがる人もいる。
常用しない方がいい、という意見の人もいた。

実際に点眼してみると、沁みるようなスッキリ感がある。
花粉症で目がボソボソしていたのが、その清涼感で目が覚めたようになる。
確かにベールが1枚剥がれたような見え方で、「クリア」という言葉がピッタリである。
さすがに視力の向上までは確認できなかったが、目の周辺に溜まっているモヤモヤが吹き飛んだように感じた。

メーカー側が謳っているのは、眼疲労や目のかすみに対する効果である。
恐らく目を酷使する仕事の人だと、より鮮明に効果を感じるのだろう。
会社の経理の女性に試させたところ、目がすっきりして明瞭に見えるようになったと驚いていた。
母親にも使わせてみたが、単にスースーするという意見であった(笑)
というわけで、いろいろな人で臨床試験しているところだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


D810 + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZF.2

大きな画像

会社で社員用にいくつかの薬を常備している。
怪我をしたり、調子が悪くなったりした場合のためである。

その中でみなの評価が高く、名指しであれはないかと聞かれる薬がある。
もともとは僕も人から評判を聞き、会社用にと買ってきた薬である。
一定以上の人数で使用した結果、あれはよく効く・・という評判が残ったものなので、それなりに信憑性の高い結果だと思う。
それを紹介したい。

・エスエス製薬 メモA

これは傷薬である。
「外傷用軟膏」という名称で、少し黄色みのある硬めのクリームだ。
もちろん大きな怪我には使えないが、ちょっとした擦り傷や切り傷などに使用している。
消毒する作用もあるが、むしろ痛みが和らぐ効果が大きい。
沁みることも少ないので、好んでつける人が多い。
軽い傷には重宝するので、家にもひとつ置いてある。


・サトウ製薬 タクトホワイトL

あせもやかゆみの薬である。
この夏はあせもになる人が多かったが、この薬をつけるとかゆみやヒリヒリ感が静まるようで、毎日借りに来る人が何人かいた。。
白いとろみのあるクリームで、木工ボンドに質感がよく似ている。
そのため塗ったところに白く残る傾向があるのが欠点だが、それでもリピーターが多いのは、効果が高いのだと思う。


・JPS製薬の漢方薬

JPSの漢方薬は、他の会社の製品に比べて、少し高価であるが、効き目が高いという話を聞く。
残念なのは、一般のお店ではなかなか売っておらず、特約店でしか買えないことだ。
店頭で売っているのを見かけた時は、なるべく買うようにしている。
熱覚ましの「葛根湯」、咳止めの「麦門冬湯」などの錠剤をよく買ってくる。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ペッパーミル


電動のペッパーミルが欲しいと母親から言われた。
ペッパーミルは手でガリガリと回すのがいい・・のかもしれないが、何しろ年寄りだとあの動きがけっこう手首に応えて、神経痛が悪化するという。

早速探してみたのだが、電動ペッパーミルを調べて行き当たるのはプジョーの製品である。
けっこう高いなあ・・なんて思いながらも、プジョー(の車の)オーナーとしては既に買う気になっている(笑)
いや、片手で料理をかき混ぜながら片手で胡椒が挽ける電動ミルは、非常に便利なグッズなのだそうだ。(Mrs.COLKID談)

結局母親には安いのを買い、自分の家用には一番高いのを買った(笑)
そうしたら、これはいいということになって、親戚からも一つ買って欲しいと頼まれた。

写真の製品はエリスという電池式の電動ミルで、挽きの細かさを何段階かに調整できる。
ボタンを押せばウィーンと音がして、細かく砕かれた胡椒が下から出てくる。
価格は1万数千円・・高いのか安いのかは、人によって感じ方が違うだろう。

プジョーにとって車よりペッパーミルの方が歴史が長く、ペッパーミルでは世界中のシェフ愛用のトップブランドだという。
200年近くも前に金属製の日用品の生産を始めてから、ミシン、自転車と規模が大きくなり、ついに自動車を作るまでに至ったのだそうだ。
あのライオンのマークも、胡椒をガリガリ噛み砕くイメージからきているのかも・・・
コメント ( 10 ) | Trackback ( 1 )