マッサージ


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

昨日は疲れが出て、朝から何となく身体がだるかった。
そこで夕刻になり、都心まで出てマッサージを受けてきた。
いつも疲れてどうしようもない時に行くお店である。

この重い疲労感には、あのマッサージ店に行くのが一番だろうと思った。
いわゆる「揉み解し」のお店で、かなりハードなマッサージをしてくれる。
けっこう強烈なので、あまり頻繁に行くのはどうかと思うが、本当に疲れている時には助かるのだ。

通常1時間のコースを、倍の2時間分の券を買い、たっぷりと施術してもらうことにした。
それでも驚くような価格ではない。
以前と違い、この世界もかなり価格競争が進んでいる。

グイグイと強烈に押してもらった。
運良く大柄の男性で、僕の身体に前腕を当てて体重を乗せてくる。
身体がガチガチに固まっているので、それでも辛くはない。
むしろ解れていく感じが心地いい。

例によって男性は「岩のように硬いですね」と言った。
いつも施術を受けるたびに言われる。
フーフーとかなり大変そうで、あちらの方が拷問を受けているようだ(笑)

2時間受けて本当にすっきりした。
重くのしかかっていたものが取れて、身体がすっと軽くなった。
やはり1時間では足りなかったと思う。
そのお陰で、今日に疲れが残ることが無く、一日が本当に楽であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

独自性


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

やはり多少時差ボケがあるようだ。
昨晩はすぐには眠りにつけなかった。
今日も身体が何となくだるい。
疲れが出ているのかもしれない。
まあかなり歩いたからねえ・・・

日本に帰ってきて感じたのは、やはり日本って特殊な国だな・・ということだ。
かつてはヨーロッパに行くと、はるかに進んだ「大人の世界」を見せつけられ、日本に帰るとあまりに違うので、まだまだとても無理・・という印象を強く持った。
しかしあれから時間が経ち、日本もだいぶ変わった。
では追いついたのか・・というと、そうではなく、また別の方向に行ったというか、まったく違う世界へと発展したように感じる。
そのため日本に帰ってくると、かなりの違和感を持つ(笑)

あちらでは、常に背の高い人たちに囲まれて、デジタル的というか、はっきりとした合理的な生活を強いられる。
また街では常にある種の緊張感があり、通行人の目つきや行動など、意識して行動しなければならない。
それは以前からそうだ。
最近は人々も街も以前より荒んできており、目つきの悪い若者も増えたし、街全体が何となく埃っぽくて薄汚い。
アイスクリームを食べた手でベタベタ触ったような汚さがある。

一方日本に帰ると、歩いている人が妙に小さくて、ホビットの国に来たような気分になる。
そして日本独自のローカルな伝統や風習とあちこちで遭遇する。
施設はどこも清潔ではあるが、デザイン面ではゴチャゴチャとしていてセンスが悪い。
そして緊張感が非常に少ない。
欧米人は、アニメやお伽の世界に入ったような印象を持つのではないだろうか・・・

ほんの数日間日本を離れただけで、ああ祖国に帰ってきた・・というより、不思議な国だなという違和感を持つ。
特に仕事での出張の場合、様々な国の人たちと会って話し、否応なく多くの文化に触れることになるので、余計にそう感じるのだろう。
日本という国が、この時代にこれだけ独自性を保っていること自体は大したものだと思う(笑)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

帰国


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

無事帰国した。
またもミュンヘンで悪天候で飛行機が飛ばず、1時間以上も乗ったまま待機になった。
雷雲が発生すると地上業務が休止されるようだ。
仕方なく映画を見ながら待ったが、1本目を半分以上見終わった頃、やっと離陸の順番が来た。

帰国すると空港(羽田)にMrs.COLKIDが迎えに来ていた。
飛行機の中では映画数本を見て、眠ったのはせいぜい1時間くらいである。
行きはドイツに到着するのが夕刻なのでそれでもいいのだが、帰りは日本に到着すると午前中なので時差が辛い。
それから夜までとなると、30数時間連続して起きていることになる。

家に帰る途中母親から電話があり、日本橋のデパートにいるという。
たまたま電車が日本橋に着いたところだったので、そのまま降りて、落ち合ってデパートの特別食堂で食事をした。
ドイツから帰ってきて、すぐに極めつきに日本的な場所でちらし寿司を食べた。
何だかすごいコントラストだった(笑)
こうやって見ると、やはり日本って特殊な国だな・・と感じる。

家に帰って2時間ほどベッドでうとうとした。
それですっかり元気になり、不在の間に録画しておいたテレビドラマを3本ほど見た。
今回は飛行機のシートが少し広めだったこともあり、疲労は少ない。
身体は疲れていないが、ヒゲだけはかなり伸びた。
これでこの後すっきり眠ることができればいいのだけれど・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

機上にて


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

飛行機の中で書いている。
料金を払えばインターネットに繋ぐことが出来るのだ。

ただ制約もあって、大きなデータを送ると気絶するのと、回線速度も恐ろしく遅い。
初期の頃のネット環境を思い出してしまう。
しかもスマホで繋いだので、長い文章を書くのは辛い。

とりあえずは記念の意味で機中更新してみた。
現在日本の時刻は朝の6時前。
ロシアの上空、ユーラシア大陸の真ん中くらいを飛行中。
高度は約1万メートル、速度は時速約900キロ。
外気温はマイナス53度だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2万歩


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

仕事は今日で終わった。
iPhoneのヘルスケアを見たら、今日も10数キロ歩いて、歩数は2万歩近くに達していた。
この4日間ほとんど毎日そんな感じだ。
オールデンのCDIは良好で、それでも足はほとんど痛くならない。
ただ足腰が疲れはするが・・・(笑)

今まではずっと晴天だったが、今日は天気が良くなくて、朝から曇っていた。
そのうちどす黒い雲が流れてきて、非常に激しい雨が降り出した。
一時は傘をさしても無駄なほどの勢いで降り、駅の出口で大勢の人が立ち往生した。
結局雨脚が弱まったところで、皆思い切って飛び出していった。

こちらの人はあまり傘をささない。
顔に水滴が当たる中でも、平気でベビーカーを押している。
何で日本人はすぐに傘をさしたがるのか、という話になった。
まあ濡れたくないからなのだが、それでは理解してもらえないので、メガネをかけている人が多くて、濡れると前が見えなくなるからだと答えておいた。

明日の昼頃にドイツを発つ。
時差があるので、ここの更新の日付の管理が難しくなる。
ただこの数日間、ずっと一日分先の日付で更新しているので、帰りは無理に予約投稿する必要はなさそうだ。
飛行機の中でネットを使える可能性も高いし・・・
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

6ハーフ


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

自由時間を利用して、靴屋を何軒か回ってみた。
特に欲しい靴があるわけではないのだが、ドイツに出張した記念の意味で一足だけ買おうかと考えていた。
2年前に来た時は、一日歩いてやっとお店をみつけたので、今回は予め調べておいた。

実はドイツは靴屋が多い。
オーソペディック系の靴のメッカで、国民の関心も高いのだろう。
本格的なフィッティングをしてくれるお店もあるようだ。
そのため町を歩くといくつも靴店を見かける。

しかしさすがに僕がいつも買うような価格帯の革靴を扱っているお店は限られてくる。
まあドイツの地方都市ということもあるだろう。
どちらかというと日本のABCマートくらいのお店が多い。
あるいはスニーカーが主体のお店である。
面白いのは日本の安い革靴と一緒で、その価格帯は先の尖った変なデザインの靴がけっこうあることだ(笑)

高級革靴を扱うお店はも店舗あり、靴の専門店もあれば、オーダー服などのテーラー系のお店で扱っている場合もある。
イタリアの靴を扱っているお店が数軒あった。
クロケット&ジョーンズを扱っているお店を1店舗みつけた。
アメリカ靴ではあるが、オールデンを置いてあるお店が一軒あった。
あとはドイツの低価格帯のブランドが多かった。

面白いのはアレン・エドモンズを扱うお店がけっこう多いことだ。
正統派のテーラーや本格的な靴店が、中堅クラスの製品として扱っている。
価格的にちょうど扱いやすいのかもしれない。
お店でエドモンズはどうか?と聞かれ、たくさん持っているからいらない、と答えた(笑)
ドイツまで来てエドモンズでもあるまい。

お目当てのディンケラッカーは扱い店が3軒あることがわかっていた。
ディンケラッカーのサイトに、正規販売店の一覧が載っていたのだ。
やはり調べておかないと、けっこう広い町なので、行き当たりばったりではみつけるのは難しい。
今回はその3軒をすべて回ってみた。

ところが問題はサイズであった。
ドイツ人は体が大きい人が多い。
昨日など2mを軽く超える大きい人と一緒になった。
全般に大きい人が多いので、お店で僕のサイズを置いてあるところが、滅多にないのだ。

前回来た時は、サイズ7の製品を買ったが(それより小さいサイズがお店になかった)、かなりのルーズフィットであった。
大きすぎてインソールを入れて何とか使っている。
(そのお店は今回みつからないので、閉店してしまったのかもしれない)
フィットしない製品を買ったのでは意味が無いので、今回は最初から6ハーフの製品の在庫を探した。
しかし案の定、そのサイズはどのお店でもほとんど在庫していないことがわかった。
旅行者なので、在庫が無ければそれまでである。

今回は1店舗だけ6ハーフの在庫を持っているところがあった。
しかし限られた2、3機種だけで、しかも特別欲しい機種ではなかった。
まあこれも縁と思い、その機種に決めたのだが・・・
僕のサイズは25程度だが、それ以下のサイズの人が直接行っても、なかなかゲットするのは難しいかもしれない。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

警戒


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

昨日今日と、かなりの距離を歩いた。
今回は町の中心から電車で20分ほど離れた郊外のホテルに泊まっている。
昨日は試しに町まで歩いて行ってみた。
途中調べておいたお店に寄りながら歩いたので、ジグザグに町中を往復した。

今日は電車で会場まで行ったが、その後展示場を一日中歩き回った。
そのためiPhoneの記録を見ると、両日とも十数キロ歩いたことになっている。
今日に至っては2万歩近く歩いている。

もっとも今日は、買い物がてら散歩をしようかと、帰りにひとつ手前の駅で降りたのだが、道を間違ってしまった。
それで予定外の距離を歩くこととなった。
まあ、カメラで撮影しながらなので楽しかったが・・・

散々テストして選んだだけに、オールデンのCDIは快適で、これだけ歩いても足が痛くならない。
まあ、腰や股関節は少々筋肉痛になっているが・・・(笑)
とりあえずはこの靴で正解だったと言えるだろう。

今日は会場で日本人の知り合いにも会ったが、治安が悪化しているから注意するようにと言われた。
今回は長年のベテランが、ホテルを出たところでやられたという。
それですぐに通達が回って来たようだ。
危ないところには近づかないよう言われたが、ホテルを出ていきなりでは防ぎようがない。

実は今回滞在しているケルンは、一昨年の大晦日に暴動が起きたところだ。
しかもその事実を数日間メディアが報道しなかったという。
暴動のショッキングな映像がネットで流れた時、いつも僕が歩いている、よく知っている場所なので驚いてしまった。

さすがに今回その場所に行ってみると、駅前に警察の車両が停めてあり、警察官が数人立っていた。
駅を撮影しようとホームに出てみると、僕が撮っている間、ずっとこちらを見ている職員がいた。
また今回初めて、展示会の入口にテントが設けられて、会場に入るのに手荷物の中をチェックされた。
こちらはテロを警戒してのことであろうが、まあ当然ではある。
日本の交番をこちらでも導入すればいいのにね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クラシカル


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

こちらは気候がいい。
窓を開けていると、高原にいるようだ。
湿度も少ないのだろう。
一日いい天気であった。

ホテルは正直あまりよくない。
今回はぎりぎりまで出張に行けるかどうかわからず、予約するのが遅くなった。
そのためいつもの(毎回泊まっている)ホテルが取れなかった。
まあ、いつものホテルもそれほどいいわけではないのだが・・・(笑)

今回は昔修道院に使われていたという古い建物で、内装はモダンに変えてはあるのだが、その当時の名残があちこちに感じられる。
部屋の天井が高く、窓の形もクラシカルで、暖房は古いラジエーター式(こちらでは普通だが)、バスルームもシャワーしかない。
雰囲気があるといえばその通りなのだが、どちらかというと少し気味が悪い(笑)

廊下は暗く、部屋もベッドも狭くて、机もミニマム(ノートパソコン1台で精一杯)。
白壁でクラシカルな雰囲気だけに、何だか独房をイメージしてしまう。
失礼ながら、修道士でも下っ端の方の部屋だったのではないか?
現在夜中の1時過ぎだが、下の通りを酔っ払いが大声で歌いながら通った。



まあ住めば都で、だんだん慣れて好きになってきたのだが(笑)
もろにヨーロッパっぽくて、最近にない体験である。
遅いとはいえ、一応WiFiの環境は整っている。
食事が思いの外いいのは嬉しいところである。

問題は価格で、この時期展示会があるため、街全体の宿泊料金が高騰する。
日本で泊まっているビジネスホテルの方が少しいいかな・・と思う程度の部屋で、一泊数万円は高いように思う(笑)
とはいえ、もう少しお金を出してでも、部屋のグレードを上げた方がよかったような気もする。

今日は十数キロ歩いた。
昼食はこの時期のドイツでは外せない白アスパラを食べた。
ポークのカツレツとポテトを付けたら、量が多すぎて食べるのが大変だった。
その分歩こうと思ったが、それでも限界があるので、結局夕食は抜いた。

飲み水だけは確保しておかなければならないので、夕刻にもう一度駅まで行って売店で買ってきた。
重いので日中に買う訳にもいかないのだ。
そういう事は常に頭に置いておかないといけない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

到着


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

ドイツにいる。
途中ミュンヘンで飛行機を乗り継いだが、雷雲が発生して離発着が遅れた。
トラブルはそれくらいで、あとはスムースにいった。
実は飛行機の中でネットが使えたのだが、パソコンを出すのが面倒で、結局使わなかった。
14時間ほど乗っていたが、ずっと映画を見ていた。

ホテルに着くとさすがに眠くて、あまり何もせずに寝てしまった。
かと思うと翌日は早い時間に起きてしまう。
軽い時差ぼけである。
WiFiは使えるには使えるのだが、いまいち遅くてあまり快適とは言えない。
日本とは7時間ほどずれているので、ここを更新するタイミングも難しい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

移動中


D810 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

大きな画像

現在飛行機で移動中。
ブログを更新できないので、この記事は予約投稿しておいたものだ。
日付が変わったところで、自動的にリリースされるように設定を変更してある。

万が一出張先でネットが繋がらなかったり、パソコンが壊れたりしたら、ここが更新できずに困る。
そのため数日先(出張から帰る日)まで予約投稿してある。
ちゃんとネットが繋がる環境なら、予約分は削除して、出張先で日記を書こうと考えている。
では・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ