カスタマイズ


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

毎日少しずつiPhoneをカスタマイズしている。
買ってしばらくは、誰でもそうなるらしい。
まあ、皆さんはとうに体験されているのだろう。

iPhoneにはマニュアルが付いていないが、直感的にいじれば、ある程度は何とかなる。
しかしより深い部分となると、やはり解説書が必要になる。
ネット上でiPhoneの使い方を記しているサイトもあるが、印刷された参考書のようなものがひとつ欲しくなった。

そう思ってアマゾンで検索したら、山のように出てきた。
どれを選んでいいか迷い、レビューをひとつずつ読んでみた。
結局どれでもいいやと思い、評価の悪くないものを一冊購入してみた。
自動的にお急ぎ便になり、その日のうちに会社の事務所に到着した。
そんなに急がなくてもいいのにね・・・

辞書のように分厚い本で、開いた左右のページに収まるように、各項目が簡潔に書かれている。
図や写真が主で、文章はほとんどない。
かえってこういう本の方が使いやすい。
それを見ながら、指紋認証とか、メールのアカウントとか、いろいろな機能を追加してみた。

それから待ち受け画面を作った。
縦横のピクセル数はネット上に出ていたので、それに合わせて画像を作る。
得意とする分野なので、いくらでも作ることが出来る。
Mrs.COLKIDの分も作って、メールでiPhoneに送っておいた。

まだしばらく楽しみが続きそうだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

直下型


D810 + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZF.2

大きな画像

先程ちょこっとだけ地面が揺れた。
ドシンと来て、少しカタカタ・・があって、それで終わってしまった。
縦に揺れる直下型だ。

僕の家の辺りは、震度は1だという。
もう少し大きいような気もしたが、震源が近くて揺れが鋭かったので、そう感じたのかもしれない。

震源地は東京23区、北緯35.7度、東経139.6度と発表があった。
震度計の都合だろうが、23区が震源の場合、この緯度がよく使われるらしい。

住所を辿ると西荻窪の辺りで、googleマップで見るとごく普通の民家である。
庭には自転車が停まっている。
住人が知っているかどうかはわからないが、地価にも影響するだろうし、いい迷惑かもしれない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドッグファイト


D810 + Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZF.2

大きな画像

東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動

中国機と戦闘機同士のドッグファイト?
これって本当ならトップニュースでしょう??
なぜか大きく報道されない。

情報が正しいとしたら、大変なことだ。
フレアを使用して回避したというが、敵機からミサイルが発射されたということだろうか。
あるいは近距離でロックオンされ、フレアでかく乱させて回避行動を取ったのか。

航空自衛隊創設以来、初めての実戦によるドッグファイトだそうだ。
ちなみにドッグファイトというのは、戦闘機同士が互いに相手の後方を取ろうとして行う格闘戦のことをいう。
犬が喧嘩をする時に、弱点である相手の尻尾を狙って、グルグル回る様子から名付けられた。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

ポイント


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

ひとつレンズでも買おうかなと、家電量販店のポイントを貯めていた。
数年間かけて、コツコツと貯めていた。
他のカードで得たポイントも、すべてその量販店のポイントに交換した。
ある程度貯まったら、思い切って全部一度に使って、レンズを買おうと計画していたのだ。

実のところ、レンズがそれほど欲しいわけではない。
一度に数万円分のポイントを使ってみたかったのだ。
時間をかけて貯めたものを、一瞬で全部使い切るなんて、何だか爽快である。
ダムをせき止めて、一気に放水するのに似ている。

全額ポイントでは無理でも、少し現金を足す程度で製品が手に入る。
何だか凄く得したような気分になる。
それで手に入れたものは、ある種の記念品でもあるのだ。
何年も我慢してポイントを貯めてきたことへのご褒美である。

もちろん決して得しているわけではないことは知っている。
本来なら値引きしてもらうはずの分が、ポイントになっているだけだ。
その分高く買わされているわけである。
しかもポイントの分を差し引いても、その量販店よりネット上の最安値のお店で買ったほうが安い。

しかしそれでも、ポイントを一気に使う楽しさは、他ではなかなか味わえないものである。
ドーンとポイントを消費すること自体が、ある種の快楽なのだ。
単に物をいかに安く買うかだけの行為とは違う、高度な楽しみと言えるだろう。

Mrs.COLKIDから、エアコンを買うから、家電店のカードを貸してくれと言われた。
高いものを買うのだから、その分のポイントを貰わなければ勿体無いと言うのだ。
僕のカードにポイントを付けるからと、お店にカードを持って出かけた。

レジでカードを出したら、点数を見た店員さんが、けっこう貯まっていますねと驚いていたという。
そこからエアコンの保証料を引きましょうと、長い期間かけて貯めたポイントを、あっさりと使われてしまった。
これだけポイントがあれば、現金を払わなくて済むからと、お店側が気を遣ってくれたのだ。
戻ってきたカードを見たら、ポイントが半分になっていた。

何と・・・あれほどの期間をかけて貯めたポイントが、あっさり無くなってしまった。
僕が文句を言うと、Mrs.COLKIDは、その分現金で返してあげるからいいでしょうと言う。
ポイントなんかよりも、現金の方が価値があるし、それでレンズを買えば同じでしょう・・と言うのだ。

そうではないのだ。
僕はポイントを貯めてドーンと使いたかったのだ。
そっちが目的で、レンズはこの際どうでもいいのである。
だいいち、あのポイントを貯めるのにかかった時間はどうしてくれるのだ。

そう言ってはみたが、使ってしまったポイントを、今更戻すことはできない。
何か方法がないかと考えたが、やはり何も方法は浮かばない。
あれだけのポイントを、今からもう一度貯めることを考えると、気が遠くなってきた。

何だかうんざりしてしまい、執着心も無くなってしまった。
お店に出かけて、残ったポイントを全部使って、さらに現金を足して、レンズを買ってきた。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

交換


D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

大きな画像

昨日はiPhoneと一緒に、ヨドバシでカバーを買って帰った。
ところがMrs.COLKIDが間違ってiPhone 6sのカバーを買ってしまった。
というか、自分が買ったスマートフォンが、iPhone 6sだと思い込んでいたのだ。
(実際にはiPhone 6s Plus)
帰りの電車の中で気付いた。

本人はiPhoneのことをよく知らなくて、画面の大きさが気に入って、直感的にPlusの方を選んだ。
それが僕が買ったものと同じだと思い込んでいた。
2台並べてみて、初めて僕の方が小さいことがわかった。

一方僕は、Plusという機種が大きい事は知っていたが、てっきりMrs.COLKIDも同じ6sを買ったと思い込んでいた。
手にしているのをちらりと見た程度では、大きさの違いに気付かなかった。
あまり興味のない分野なので、人のスマホを見ても差がよくわからないのだ。
確かに並べてみると、Mrs.COLKIDのスマホのほうが、一回り以上大きい。

ドコモのお店で4時間もかけて並んで手続きしたのに、このいい加減さである。
スマホに何の興味も無い夫婦(笑)
僕など、どの機種にしますかと聞かれて、一番普通なのでいいですと答え、色は何にしますかと聞かれて、何色でもいいですと答えた。
それを聞いて、店員さんが少し呆れていた(笑)

まあ確かに実際に使ってみると、動きがこなれていて使い勝手も悪くない。
僕がガラケーばかり使っているうちに、スマートフォンはどんどん進化し、洗練されていったようだ。
完成度はかなり高く、これなら当分楽しめそうである。

間違えてカバーのパッケージを開けてしまったのだが、ヨドバシに電話したら交換してくれるという。
僕のカードにポイントが付いたので、交換には再度そのカードが必要だという。
それで会社の帰りに、またふたりでヨドバシに寄ってきた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

機種変更


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

今日はついにスマホに機種変更した。
今までずっとドコモの携帯電話、いわゆるガラケーだったのだ。
それをiPhone 6sに替えた。

別に今までガラケーに固執していたわけではない。
誰でも彼でもスマートフォンなので、自分までそれに合わせるのが嫌だっただけだ。
もともとコンピュータの仕事をしていたので、スマートフォンが使えないわけではない。
まあ指が太い方なので、ちょっと使い難いのは確かだが・・・

今になってなぜスマホにしたかというと、実は仕事で必要になったからである。
老若男女、多くの人が、スマートフォンを通してインターネットのサイトを見ている。
お金持ちでも普通の人でも、スマホだけは皆が共通で持っている。
メーカーとしては、消費者側の視点を知っておく必要があり、自分だけガラケーというわけに行かなくなってきたのだ。

それにしても機種変更は時間がかかった。
終わってから昼食をとろうと思い、昼過ぎくらいにお店に入った。
ところが結局終わったのは夕方の5時前で、昼食どころか夕食になってしまった。

糖尿なので食事を抜くと身体に応える。
途中お腹が空いて、少し眩暈がしてきた。
困ったなあ・・と思ったが、手続きを始めてしまった以上、途中で止める訳にはいかない。
結局全部終わるまでに4時間以上かかってしまった。

実はMrs.COLKIDも一緒に機種変更の手続きをした。
家族が全員が、一度にスマホに変更したのだ。
僕、Mrs.COLKID、母親の3台である。
今まで全員ガラケーだったのだ(変な家族だ・笑)

しかも全員違う機種にした。
僕がiPhone 6s、Mrs.COLLKIDがiPhone 6s Plus、母親がらくらくスマートフォンである。
僕の場合は仕事が絡むので、選択の余地は無かった。
一番普及している機種にして、それでサイトがどう見えるかを確かめるのだ。
待てばiPhone 7が出るのだろうが、無闇に最新の型を買うわけにはいかない。

スマホにはまったくの素人なので、使い方はまったくわからない。
しかしいじってみると、iPadと大体同じだし、直感的な操作で何とかなりそうだ。
仕事用がメインであるが、必要なアプリも入れて、程ほどに日常に活用していこう。
今後はノートを持って行かないで済む場面も出てくるだろう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

やっと交換


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

もう7月が近いこの時期になって、やっとタイヤを交換した。
スタッドレスタイヤを外して、夏用の純正ランフラットタイヤに戻した。
交換が遅れた理由は特に無く、単にその時間が無かっただけだ。
いつもの行きつけのタイヤ屋さんでお願いした。

先日事故に巻き込まれそうになった事を書いた。
それもあって、早く夏用に戻そうと思ったのだ。
BSのスタッドレスはなかなか性能がいいのだが、それでも夏用のタイヤと比べると劣る。
制動距離も違う筈で、この前ももう少し余裕で避けられた可能性はある。

付け替えた後すぐに感じたのは、スーツを着たように走りが折り目正しくなったことだ。
純正タイヤはバランス重視で、決してスポーツ走行向けのハイグリップタイプではない。
しかし車の性能とよく合っており、キビキビと気持ちよく走ることが出来る。
恐らく運転の上手い人が、かなり走りこんで選択したのだろう。

少しパワースライドを起こそうとして、曲がる際に強めにアクセルを踏んでみた。
キュキュッと鳴きながらも滑らかに収まって、後輪駆動らしくロスなく車が前進していく。
多分電子制御も働くのであろうが、それもこのタイヤに合わせて調整されているようだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

拒絶


D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

大きな画像

突然食べるのが嫌になるものがある。
今まで毎日のように美味しく食べていたものが、ある日急に食べたくなくなるのだ。
簡単に言うと飽きてしまうわけだが、口に入れるのもうんざりするほど嫌いになる。

最近では、アボカドが嫌いになった。
アボカドとタコを和えたものなど好物であったが、何故か突然食べたくなくなった。
あれほど好きだったアボカドが、まるで粘土のように思えてきた。
理由はよくわからない。

生野菜にオリーブオイル系のドレッシングで味付けしたサラダも嫌いになった。
これもかなり好きで、以前はムシャムシャと食べていた。
それがある日、急に箸がすすまなくなった。

同じサラダでも、他のドレッシングを使ったもの、たとえばシーザースサラダなどは今でも好きだ。
もしかすると、オリーブオイルとの組み合わせが関係しているかもしれない。
まだ原因が解明できていないが、研究の余地がありそうだ。

近所のハンバーガーショップのチキンの揚げた物も嫌いになった。
味がけっこう濃いのだが、それがどぎつく感じられるようになった。
以前はかなり好きであったのだが・・・

こうやって書いてみると、何となく嫌いになる傾向があるような気がしてきた。
体が拒絶する理由が、何かあるのかもしれない。
単純に栄養素として必要としていないのか、あるいは病気の兆候ということも考えられる。
いい歳のものが好き嫌いなんてみっともないと思っていたが、原因を解明しておく必要があるのかもしれない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雨の日の靴


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

雨の日に履く靴は限られてくる。
レザーソールの靴は雨には弱い。
雨の日専用に、ラバー系のソールの靴を揃えなければならない。

しかも1足や2足では足りない。
日本には梅雨があるからだ。
水不足と言われているが、それでもこの時期は連日雨がぱらつく。

朝のうちは降っていなくても、帰りには土砂降りの日もある。
毎日天気予報を見て、危ない日は雨用の靴を履いて出るしかない。
かといって、連日同じ靴を履くと、ご存知の通り、靴はどんどん傷む。
雨で濡れれば、余計に痛みやすいだろう。

そう考えると、雨の日専用の靴が、けっこうな数必要ということになる。
別に靴を買う言い訳をしているわけではない(笑)
実際問題として、雨用の靴は何足か必要なのである。
出来れば一週間毎日履き替えられるくらい欲しい。

特に梅雨の時期から、気温も湿度も一気に高まる。
それまでブーツを履いていたのが、短靴に切り替わる季節である。
ブーツは悪天候に強いものが多いが、短靴では少ない。

具体的に雨用の靴にはどのような条件が必要とされるか。
靴底がラバー系であることが、第一条件であろう。
ドレス系ならダイナイトソール、少々仰々しくてもいいならコマンドソールなどだ。

それからアッパーの材質も重要である。
もちろんコードバンのように、濡れることが許されない革は論外である。
それぞれ欠点はあるが、ガラスレザー、オイルレザー、スエードなどが雨に強いと言われている。

ガラスレザーは水分を弾くが、通気性はよくないし、あの光沢も毎日履くにはどうかと思う。
オイルレザーは雨に強いが、どうしてもカジュアル色が強くなる。
スエードは防水スプレーと組み合わせることで雨に強くなるが、手入れが必要であるし、毎日履くにはちょっと特殊だ。
やはりそれぞれを所有し、日々とっかえひっかえ履くのがいい(笑)

カーフは雨に強いわけではなく、特に高級なものは、雨の日はやめておいたほうがいい。
普及価格帯の色の濃いものなら、駄目にしても惜しくないし、少々濡れても何とかなりそうだ。
これが明るい色のカーフだと、水滴が垂れたところに目立つ染みが出来てしまう。
足元がまだら模様でカッコ悪くて、電車の中などでじろじろ見られる(笑)

毎日のように、天気がはっきりしない日が続く。
必要に迫られて、コレクションの中から、雨に強い靴を引っ張り出してきた。
パラブーツやトリッカーズのカントリーコレクション、オールデンのオールウエザーウォーカーなどだ。
今年は防水スプレーなど積極的に使ってみて、明るい色のカーフにも挑戦してみようかと思っている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リズム


D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

大きな画像

今日は予定が狂ってしまった。
来客があるはずが急遽中止になった。
ノー残業ディだったので、たまには休養するかと思い、珍しく5時で帰宅した。

それでリズムが狂ってしまった。
疲れが一気に出て、ベッドの上で寝転んだらグッスリ寝てしまった。
夜遅くなって目が覚めたが、何となく調子が悪い。
久しぶりに寝たには寝たが、これで眠れなくなったのでは意味が無い。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ