シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

ステキな金縛り

2013-02-25 | シネマ さ行

ケーブルテレビで放映していたので見ました。

冴えない弁護士のエミ深津絵里は、被告人KANが犯行時刻に旅館で落ち武者西田俊行に馬乗りになられて金縛りにあっていたというアリバイを証明するために落ち武者の幽霊に会いに行き、裁判での証言を依頼する。

そもそもの設定がムチャクチャでこの前代未聞の幽霊裁判を成立させようとしているわけだから、もうすべてがムチャクチャなことには目をつぶるしかない。こういう荒唐無稽な設定の中に入り込んで笑えるかどうかはかなり人によると思うので、最初に乗りきれなかった人はもう最後までクスッとも笑えないという悲惨な状況に陥るかもしれない。

今回、ワタクシは2時間22分、終始笑い続けてました。なんかもう色んなことがムチャクチャで。特にこの落ち武者の設定がすごく良かったなぁ。この更科六兵衛という落ち武者は戦国時代に死んでいるわけだけれども、現代まで幽霊として生きていて(?)現代のテレビとかを旅館で見ているから裁判員裁判制度を知っていたり、喋り方もときどき「えー、〇〇って言ってたじゃん!」とか現代風になったりするところが面白い。「現代のテレビを見ているから」という理由ですべての時代考証を全部無視できちゃうところがうまい。

そして、この「幽霊」の設定もまぁうまくできていて、幽霊は見える人と見えない人がいて、見えない人に対してもふっと息を吹きかけたりはできる。それをヒントに法廷でもイエスかノーの質問にハーモニカを吹いて答えることができるような設定にしちゃってるところがまたうまいなー。こういう発想にすごく笑わされる。

三谷幸喜監督の作品なので、いつものようにキャストが豪華なんですが、陰陽師を演じた市村正親とエミのボスを演じた阿部寛はちょっと計算づく過ぎる感があったんだけど、検事役を演じた中井貴一が非常に自然で良かったです。幽霊が見えてるくせに見えないふりをするという難しい役柄だったと思うんですけど、さすが中井貴一は何やらせてもうまい役者さんだなぁと改めて思いました。エミと六兵衛が検事が幽霊が見えていることを暴くために死んでしまった飼い犬のラブちゃんと再会させるシーンでは不覚にもほろっと来てしまった。こないだの「笑の大学」のときにも書きましたが、三谷幸喜ってそんなふうにちょこっと観客を泣かせたりもするところがニクイ。意外なキャスティングとしてはKANが良かったですね。なんか冴えない旦那の役がぴったりで。

あとは例によってカメオ出演的な人がいっぱいいるんですが、深田恭子のウエイトレス役が良かったです。いかにもなウエイトレスの制服を着せられて胸の谷間を強調されてましたね。唐沢寿明もいつもの大げさなオトボケ感で笑わせてくれました。

ついつい豪華なキャストに目が行きがちですが、筋のほうもなかなかうまくて最後に被害者竹内結子の幽霊を連れてきて証言させたのには、さすがにこのムチャクチャの中でも禁じ手!とは思ったもののまぁすべてが丸く収まって良かった。最後にラブちゃんに続いてエミのお父さん草剛も登場してほろっとさせてくれましたし。

いつも映画が公開されるたびに三谷幸喜は当たり外れがあるからなぁなんて思うんですが、彼のフィルモグラフィーを並べて見てみると結局ワタクシが全然ダメだったのは「THE 有頂天ホテル」だけだった。やっぱりワタクシ三谷幸喜が好きなんだな。


オマケ1エミのセリフで「ガラムマサラの主な成分はシナモン」というのがあって、家で見ていて思わず「そうなんやー!」と言ってしまいました。

オマケ2劇中に登場する「スミス都へ行く」という映画は1939年の古い作品ですが、いま見ても色褪せない魅力のある作品だと思います。未見の方はぜひ。こういった作品を登場させるのを見るとあ~三谷幸喜って本当に映画が好きなんだなとちょっと嬉しくなります。

オマケ3深津絵里は確か「ザ・マジックアワー」でも歌わされていたと思うのですが、今回も西田敏行と一緒に主題歌を歌っています。三谷幸喜は深津絵里の歌声が好きなのかな?

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカドラマ忘備録9 | トップ | glee シーズン4 第3話 Mak... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三谷ワールド (モモンガ)
2013-03-27 21:23:14
超好きです。公開を待ちに待って、朝イチ映画館に走って観に行きました。
えぇ、一人で。懐かしい。
映画公開前に流れてたJRAのCMも面白かったですよね。お金のない三谷幸喜が、全ての役を深津絵里一人で演じ分けるように頼むやつ。

私はこの映画で中井貴一の大ファンになりました。「壬生義士伝」も素晴らしかったですが、やっぱり彼は喜劇の天才じゃないかと思います。

あとはやっぱり深津絵里ちゃん。
可愛すぎるなぁ。パンフレットに載ってたインタビューで、「こんなに出番の多い映画は今までにないし、これからもないでしょう(笑)」て言ってました。たぶん、三谷幸喜自身が深津絵里のファンなんだろうな。お陰でこちらは深っちゃんの魅力をこれでもかってくらい味わえました。歌声も可愛いですよねw

そうそう、ワタシ不覚にも終盤からモーレツに尿意を催し、ついに我慢できなくてエンドロール見てないんです。大泉洋、気づきましたか?見たかったよぅ。
モモンガちゃん (coky)
2013-03-29 15:32:12
モモンガちゃん、三谷幸喜好きなんやよね。
あ~、JRAのCM覚えてる!

中井貴一はとても好きな役者さんです。
普段のキャラも結構三枚目ですよね。

ふかっちゃんは超可愛いよね。今回の役はちょっとモサい系だったのがワタクシ的には残念だったんですが。

エンドロール、ちゃんと見たと思うねんけどなぁ。
大泉洋、出てたん???

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ステキな金縛り (本と映画、ときどき日常)
監督 三谷幸喜 出演 深津絵里     西田敏行     中井貴一 妻殺しの裁判。 弁護士が引っぱってきた証人は落ち武者だった。 奇想天外な喜劇。 三谷幸喜はやっぱりすごいな~。 毎回毎回オリジナルの作品で完成度も高い。 いつもどれも面白い☆ 今回も...
『ステキな金縛り』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ステキな金縛り」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 深津絵里、西田敏行、中井貴一、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、       市村正親、小日向文世、小林 隆、KAN、木下隆行、山本 亘、山本耕史、       戸田恵子...
「ステキな金縛り」 自分に自信をもって (はらやんの映画徒然草)
今年は三谷幸喜さんは50歳になる年だということで、いくつもの舞台や映画、ドラマ、