シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

キックアス

2011-01-12 | シネマ か行

これは前評判が良くて、ちょっと期待しすぎちゃったかなーという感想でした。

コミックオタクの冴えない高校生デイヴアーロンジョンソンが“キックアス”と名乗り、本当のスーパーヒーローになろうとするのだけど、実際はネットで買ったダサいコスチュームを身にまとっただけ。別に強いわけでもなんでもないんだけど、彼がチンピラたちのケンカを止めている映像がユーチューブで流れて一躍有名に。そんな彼が、本当にスーパーヒーローになるべく父親“ビッグダディ”ニコラスケイジから訓練を受けている“ヒットガール”クロエグレースモレッツに出会う。

冴えない高校生と言ってもやっぱり主役を張るくらいだからよく見るとアーロンジョンソンくんは結構ハンサムですね。しかし、あのダッサい“キックアス”のコスチュームにはまいりました。劇中なんでみんなそんなに笑わないでいられるの?と思っちゃったけど、アメコミのヒーローのコスチュームも結構笑えるのが多いからなぁ。アメリカ人はあれでも平気なのか?

この作品のヒットの要因は小学生のヒットガールが汚い言葉を発しながら、ばんばん人を殺していっちゃうとこなのかな。この意外性がたまらなく痛快。ドンくさいキックアスを尻目に最新の武器を駆使してばっかばっか悪者を殺していっちゃうんだからね。そりゃR15指定にもなるわな。アメリカってこういうのは日本よりうるさいんじゃなかったっけー?

実際お固いことを言えば、小学生の女の子にこんな役をさせるなんて絶対ダメーーーーってなるところだと思うんだけど、なんだろーねー、このスッキリ感は?やっぱり、人間やっちゃダメってことを堂々とされるとなんか逆に気持ち良くなっちゃうのかなぁ。もちろん、それは実生活ではないからなんだけど、やっぱ映画とかってそういう現実には叶わないことができちゃう世界なわけだから、それを実践されるとスッキリしてしまうのかも。

物語はちょっと中盤まどろっこしくて、ちょっと退屈になってしまったんですが、最後までヒットガールはカッコ良かったなぁ。このクロエちゃんは「(500)日のサマー」でもこまっしゃくれた子の役だったけど、あの時も全然イヤミじゃない感じで良かったんですよね。美人タイプではないので、これから大人になっていくにつれてどんなふうになるか予想がつかないのですが。注目の子役です。

なぜか映画館でワタクシの隣に座った高校生か大学生くらいの女の子が映画の間中ずーっとケタケタクスクス笑ってたんです。「え?ここって笑うとこ?」っていうところでもずーーーーっと。なんかもうすべてがツボに入ってしまったのかなぁ?ワタクシは彼女のせいでちょっと冷めてしまった部分もあったような気が。デイヴが憧れの女子とデイトできるようになったと思ったらゲイだと勘違いされていて、それ故に仲良くなれちゃって複雑な気分になるところとか、デイヴのおかげで友達のオタク野郎にまで彼女ができちゃうところとか結構ウケました。

なんだか続編ができるというウワサですが、ヒットガールが大きくなっちゃったら全然意味がなくなるので早くしないとね。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白いリボン | トップ | デザートフラワー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『キック・アス』 あなたが戦わない理由は? (映画のブログ)
 Wikipediaに "Japan is the only country that nears the US in output of superheroes." と解説されているように、おそらく世界でもスーパーヒーローを輩出している大国は日米2ヶ国である。  しかしなが...
キック・アス (映画的・絵画的・音楽的)
 『キック・アス』をシネセゾン渋谷で見てきました。  先だっては、恵比寿ガーデンシネマの閉館が報道されましたが、今度はこの映画館も2月27日で閉館の予定だとか。26年間も続いたようで(ガーデンシネマは17年)、最近では『森崎書店の日々』、『恋愛戯曲』、『悪夢....
『キック・アス』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 キック・アス 』 (2010)  監  督 :マシュー・ヴォーンキャスト :アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロン...
キック・アス (C'est joli~ここちいい毎日を~)
キック・アス'10:イギリス+アメリカ◆原題:KICK-ASS◆監督:マシュー・ボーン「スターダスト」◆出演:アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ ...
映画:キック・アス kick-ass これは....今年2010年、最高のコメディー! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
直近の映画系エントリーをこう締めた。 <あと一ヶ月あるから、そこで毎年凄い映画に出くわしたりするので、違う展開もありうる そう年末12月になって、毎年なんか凄い映画に出くわす。 そして、まさか今日それが来たとは!! しかもそれはコメディーだった..... ア...
「キック・アス」 スーパーヒーローの条件 (はらやんの映画徒然草)
2011年の最初の観賞作品は・・・「キック・アス」! 実は年末に観に行こうと渋谷