シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

ヒアアフター

2011-02-04 | シネマ は行

試写会に行ってきました。クリントイーストウッド監督作品ということで、公開されたら見に行くつもりだったので、ラッキーでした。

マットデイモンが死者と話しができる霊能者ジョージで、フランス人の女性マリールレセシルドゥフランスと、イギリスの男の子マーカスフランキーマクラレンというこの3つの物語が1つにつながる話ということだけを知っていたのですが、冒頭、フランス人のマリーが旅行先で巨大津波の災害に遭うシーンでいきなり度胆を抜かれてしまいました。イーストウッド監督の映画にはないド派手なCGが使われていたので、とても意外でした。

このいきなりのスペクタクルなシーンから、どんな物語が展開するのか、どんな大きな事が起こるのか???

起こるのか?

起こるのか??

起こるのかーーーっ???

っと思って2時間じーっと見ていましたが、結局ほとんど何も起こりませんでした。チャンチャン

もちろん、映画ですからお話はいろいろと展開していきますが、最初の津波のシーンで予感されるような大きな事というのは実は何ひとつ起こりません。
津波の被害に遭ったマリーのその後、イギリスでマーカスという少年を襲う悲劇、霊能者のジョージの日常が淡々と静かに静かに語られます。このあたりの静かで緻密な演出がイーストウッド監督の技。

死後の世界を知ってしまったマリーと、最終的にマリーとジョージをつなぐ役割をすることになる、双子の兄を亡くしたマーカスのそれぞれの心の痛みをジョージの霊能者がゆえに傷つくことになる日々と同時進行で丁寧に描いていく本作。その丁寧さがともすれば「退屈」という結論を出されてしまうかもしれません。

ジョージがいつも独りで食事をするシーンが何度も映るのですが、そこにある「孤独」が観客の心に染み入るように描かれています。そして、その「孤独」を打ち破ろうとしたのも「イタリアン料理教室」だったというのも、「食事」と結びついていますね。家族や恋人、大切な人たちと囲む「食卓」というものの「幸福感」をイーストウッドは大切に思っているのかもしれません。

霊能者の話、と聞くと色々と想像するとは思うのですが、このお話は一般的にワタクシたちが霊能者というカテゴリーから想像するような物語が展開するのではなく、いち霊能者ジョージの個人的な再生の物語と言ったほうがいいのかもしれません。霊能者としての特殊な能力を強欲な兄ジェイモーアに利用され、他人の人生を覗き見ることに疲れ果てたジョージが、その痛みを分かち合える女性と出会うまで、という大いなる「前振り」的な作品かなと。「え?前振りだけで終わりかいっ?」と突っ込みたくなる人もいるとは思いますが、ワタクシはとても好きな作品でした。

オマケジョージがイタリアン料理教室になぜ通っているか聞かれたときに「前の仕事を忘れたくて」と答えたとき「あ~、そりゃCIAのスパイなんてしんどい仕事忘れたいよね」と思ってしまって心の中で一人ウケてしまいました



人気ブログランキングへ



「映画」もいいけど「犬」もね。という方はこちらもヨロシクです。我が家の犬日記「トラが3びき。+ぶち」

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 砂と霧の家 | トップ | ウッドストックがやってくる! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ででで・・・・・? (テコヨメ)
2011-02-19 19:31:03
公開初日でしたが見てきましたよ~

私も結構好きなかんじの映画です。イーストウッド監督のこの淡々映画好き。

でも、なんか消化不良とゆうか。
途中で、このまま何もなく終わったら「で?!」ってつっこんでやるー!と思ってたらほんとに終わってしまったとゆうか。

最初の津波のシーンはアクション映画ばりでしたよね~。
確かに、その後それ以上のデカイことは起こらないので、このままなんにも起こらないだろうと思って気を抜いてたら地下鉄が爆発したので、ものすごくビクっとしてしまったヨメです。

前の仕事を忘れたくて・・・・ぷぷぷ。
そういえばいろんな仕事をしてますよね。だからちょいと老けてしまったのね。
テコヨメさま、 (coky)
2011-02-21 16:32:40
さっそくのコメントありがとう。
すごくうれしいです。

この「余韻」がまさにイーストウッドですね。
この「余韻」を楽しめない人は彼の映画はイマイチなんじゃないでしょうか。

地下鉄のところは、ちょっと読めたのでびっくりしませんでした。
あんなふうに死者が生きている者を助けるというシークエンスはあんまり好きじゃないんですが、お兄ちゃんが帽子を奪おうとしての結果だったし、「助けるのはあの一回きりだからな」と言っていていたので、なんだかスッキリでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ヒア アフター (うろうろ日記)
試写会で見ました。津波の被害者双子の兄を失った弟死者の声が聞けるマット・デイモン
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
ヒア アフター (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 雄花と雌花と蜜蜂 サンフランシスコとパリ。 遠く離れて生きる男女が出会うべくして出会う物語。 人は過去に囚われて生きている。 その過去とどう折り合いをつけて未来を見つめるか...
映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン....
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
「ヒアアフター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
『ヒア アフター』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...
【DVD】ヒア アフター (映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記)
JUGEMテーマ:洋画  ※ 震災を想起させるシーンが流れます。あらかじめご了承ください。クリント・イーストウッド監督、主演マット・デーモンの組み合わせである。 インビクタスに続き、二作目。 今回は霊能力者のお話。 こういった話はファンタジーになりがち...