シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

X-MEN~フューチャー&パスト

2014-06-04 | シネマ あ行

前作「X-MEN~ファーストジェネレーション」のデキがとても良かったので、今回も楽しみにしていました。映画の日に鑑賞したので映画館はほぼ満席でした。

2023年、世界は戦争状態でミュータントたちを標的にするセンチネルというロボットが次々にミュータントたちを殺戮していた。プロフェッサーX(チャールズエグゼビア)パトリックスチュワートとマグニートー(エリックレーンシャー)イアンマッケランもセンチネルを相手に共闘していた。2人はキティプライドエレンペイジの能力を利用し、ウルヴァリン(ローガン)ヒュージャックマンをこのセンチネルの開発の発端となった1973年に送り、現在の戦争を阻止しようとする。

1973年チャールズジェームズマガヴォイはエリックマイケルファスベンダーとミスティーク(レイヴン)ジェニファーローレンスに裏切られたショックで、自暴自棄になり孤独に暮らしていた。チャールズの身の周りの世話をしていたビースト(ハンク)ニコラスホルトの変身を制御する薬を常用し、普通に歩けるようになっていたのと引き換えに他人の心を読む能力は消えてしまっていた。そこへ未来からやってくるウルヴァリン。過去に送られるときプロフェッサーXが「君のことは信じているから心配していない。それよりも心配なのは若いときの私たちだ」と言っていた通り、ひねくれたチャールズはなかなかウルヴァリンの言う通りに協力しようとはしない。

なんとかチャールズを説得して、次はマグニートーと思ったら、なんとマグニートーはペンタゴンの地下奥深くに収容されていると言う。どうやらJFKを暗殺したのはマグニートーだったとか…

ウルヴァリンはクイックシルバーエヴァンピータースの協力を得てマグニートーを脱獄させようとする。このクイックシルバーのアクションが最高でしたねー。厳重な監獄もクイックシルバーの素早い動きにかかれば、余裕、余裕。この作品はあんまりアクションが多くないので、アクションとしてはここが前半の一番の見せどころかな。一人ひょうひょうと敵をやっつけるクイックシルバーが最高です。

クイックシルバーは面白パートも担っていて、マグニートーの頭を押さえて「むちうち防止だよ」と言うところや、クイックシルバーに抱えられて超高速で移動させられたマグニートーが吐きそうになっているところが笑えました。マグニートーには珍しい面白いシーンでした。

やっと揃ったウルヴァリン、チャールズ、マグニートーの3人。この3人の目的とは、センチネルの開発者を暗殺したミスティークを止めることでした。ミスティークはミュータントのためにセンチネルの開発者を殺したのですが、その時捕らえられてしまい、彼女の変身能力を研究されセンチネルが相手のミュータントの能力に合わせて変身し、ミュータントを殺す能力を身に着けてしまったのです。だから、3人はミスティークを説得し暗殺を止めようとするのですが、、、

チャールズを恨みマグニートーにも捨てられたミスティークが2人の言う事を簡単に聞くはずもなく。不本意ながらミスティークと戦うハメになってしまいます。

ミスティークはこのシリーズの中で一番好きなキャラクターです。本当はレベッカローミンの演じていたほうが好きなんですけど、キャストごと若返ってしまっているので仕方ないですね。ミスティークもミュータントのことを考えてセンチネルの開発者を殺そうとしているわけで、悪者としての敵ではないのに戦わないといけないので、なかなかに切ないです。このシリーズは結構切ないシチュエーションが多いですね。

チャールズが自信を失くして未来の自分に助言を求めるシーンがありましたが、将来あんなふうに自分が禿げてるのを見てビックリしませんでしたかね?ウルヴァリンにそのことについて何か聞くかなと思ったんですが、シリアスなシーンの連続だったのでそんな冗談は入れる余地はありませんでした。

途中、マグニートーの反乱があったりして、もーやっぱりお前はそうなんか!と思いましたが、あれがマグニートーの性分なんでしょうね。マグニートーが人間を恨む気持ちも分かるししょうがない部分もあると思います。

今回チャールズとマグニートーがお互いを憎みながらも、どこかで同士愛的なものを持っているのもあって複雑な関係が興味深いテンションというかケミストリーを生み出していて、それがとても良かったと思います。それと映画ファン的には、いまをときめくジェームズマガヴォイ、マイケルファスベンダー、ヒュージャックマンが一つの空間にいるという映像がとても贅沢でした。

最後に彼らの計画が成功し、ウルヴァリンが戻ってきたのは平穏な世界でした。これまでミュータントたちが経験してきた壮絶なバトルは歴史上存在せず、そこにはジーンファムケヤンセン、サイクロプスジェームズマースデン、ローグアンナパキン、ストームハリーベリー、歳を取ったビーストケルシーグラマーたちがみな幸せそうに暮らしていたのです。ワタクシの大好きなキャラクター、サイクロプスの姿を久しぶりに見られて嬉しかったなぁ。こちらの歴史のほうではジーンとくっついてるみたいだったし良かったー。ワタクシはずっとジーンにはウルヴァリンよりサイクロプスを押していたので。

なんかねー、今まで苦労してきたミュータントたちが幸せそうにしているのを見て感無量でしたねー。ただあの中にミスティークとマグニートーはいなかったので、2人がどうなったのかは気になりましたけど。続きができることを考慮してはっきり示さなかったのかなぁ。

エンドクレジットが終わってからまた新たなミュータントが出てきてましたけど、これもまぁ続きを作るなら出てくるんでしょうけど、彼らにせっかく平穏な日々が訪れたので、もうこれで終わりにしてくれてもいいなぁという気もしています。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィンターソルジャー~ベト... | トップ | Glee Season 5 第10話~第12話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
X-MEN: フューチャー&パスト  監督/ブライアン・シンガー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ジェームズ・マカヴォイ  マイケル・ファスベンダー  ジェニファー・ローレンス 【ストーリー】 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと....
X-MEN フューチャー&パスト (本と映画、ときどき日常)
監督 ブライアン・シンガー 出演 ヒュー・ジャックマン     ジェームズ・マカヴォイ     マイケル・ファスベンダー ロボットの攻撃により、X-MENが壊滅の危機に。 ウルヴァリンが過去に戻って、ロボットの開発を阻止するぞ~。 今回も面白かったです...
X-MEN フューチャー&パスト/X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST (我想一個人映画美的女人blog)
2023年の未来(フューチャー)と1973年の過去(パスト)、二つの時代が同時進行する X-MENシリーズの最新作 X-メン(2000年) X-MEN2(2003年) X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年) ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年) X-MEN: ファースト・ジェネレーショ...
『X-MEN:フューチャー&パスト』 順番に気をつけよう (映画のブログ)
 X-MENシリーズは遂にここまで進化した!  X-MENはミュータント(突然変異体)であり、シリーズの背景には人類の進化への考察がある。  だが、『X-MEN:フューチャー&パスト』で驚かされるのは、映画そのものの進化だ。変容と云ってもいい。  このシリーズは他のスー...
X-MEN:フューチャー&パスト (to Heart)
原題 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 製作年度 2014年 上映時間 132分 脚本サイモン・キンバーグ 監督ブライアン・シンガー 出演 ヒュー・ジャックマン/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ハル・ベリー/ニコラス・ホルト/ジョシュ....
映画『X-MEN:フューチャー・パスト 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-55.X-MEN フューチャー&パスト■原題:X Men:Days Of Future Past■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:131分■料金:2,100円■鑑賞日:7月3日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・製作:ブライアン・シンガー◆ヒュー・ジャックマン◆イ...
X-MEN:フューチャー&パスト (銀幕大帝α)
X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 2014年 アメリカ 132分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/05/30) 監督: ブライアン・シンガー 『ジャックと天空の巨人』 製作: ブライアン・シンガー 製作総指揮: スタン・リー 原案: マシュー・ヴォーン 出演...
X-MEN:フューチャー&パスト (いやいやえん)
【概略】 2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム...
X-MEN:フューチャー&パスト (いやいやえん)
【概略】 2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム...
X-MEN:フューチャー&パスト (X-Men: Days of Future Past) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブライアン・シンガー 主演 ヒュー・ジャックマン 2014年 アメリカ/イギリス映画 131分 SF 採点★★★★ 大小様々な選択の積み重ねってのが、今の自分を作り上げちゃったんですよねぇ。本質まで変わるとは思っていませんが、選択次第によっては全く違う人...
映画:X-MEN:フューチャー&パスト 全米公開初日に飛び込んだら、凄げー面白い! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全米公開初日に惹かれ、早速チェックしてみた。 するとIMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通常版3Dで鑑賞。 劇場は満員、で初日なので、かなりX-MENに入れ込んでいる人たち。 このため、ツッコミがかなりのシーンで入り、相当面白い。 一番ビックリしたのは....