シネマ日記

超映画オタクによるオタク的になり過ぎないシネマ日記。基本的にネタバレありですのでご注意ください。

美しすぎる母

2008-06-17 | シネマ あ行

ひさびさにジュリアンムーアのいい作品が見られるかと期待して行ったんですが、残念ながらその期待は裏切られてしまいました。

んー、分かるんだけどねー。不倫に離婚に同性愛に近親相姦に母親殺しですか。「1972年ロンドンで起こった衝撃の実話」っていう触れ込みですけどね。確かに1972年当時ならばショッキングな出来事だったかもしれません。でも、21世紀のワタクシたちがそれを見せられたところではっきり言ってたいしたことない。夕方のニュースを見たほうがずっとショッキングだもの。って、こんなこと大手を振って言うようなことじゃなくて、変な世の中になっちゃったなぁって嘆くべきことなんだろうけど。

ジュリアンムーアは好きなんだけどなぁ。この母親の設定がよく分からない。冒頭のナレーションで息子エディレッドメインが「母は婉曲表現が得意な人だった」みたいな感じで言っていて、天性の社交性があって、みんなを惹き付けてたって言われるけど、実際の彼女は全然そんなふうじゃなかった。お金持ちとディナーの約束を取り付けるのに、必死に見えたし、“婉曲表現”ができるようなお上品で明晰な人って感じはまったくしなかったな。周りの人も彼女に惹き付けられているどころか、逆に嫌っているように見えたし。どうして、こんな正反対のセリフになっちゃんたんだろう、と考えてみると、もしかして、そう思っていたのは息子一人だけで、彼が母親を過大評価していたっていうだけなのかな。

この母親も息子も現代に生まれていたら、精神科医のカウンセリングを受けて、なんとか安定して生活を送れたかもしれませんね。70年代なら、まだそういうのが発展してなかったでしょうし。

しかし、孫の出所後引き取ってあげたのに、殺されたおばあちゃんが一番かわいそうですな。

ジャンル:
映画・DVD
キーワード
ジュリアン 好きなんだけど 美しすぎる母
コメント (2) |  トラックバック (5) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« アウェイフロムハー〜君を想う | トップ | またまた家の引っ越し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
偽りの果て・・・ (zebra)
2014-07-03 11:14:32
実際の出来事みたいですが あらすじを読んでて ”このふたりはまさに破滅する運命だった”それが 率直な感想です。

息子が母を殺したって なってますがこのゆがんだ関係では 息子が母を殺してなかったとしても 別の形で悲劇を迎えてたのでは。この状況では 逆に母バーバラが息子アンソニーを殺害してた可能性だって おおいにありえます。 

そうとう精神的な不満や不安が鬱積してたバーバラ・・・腹を痛めて生んだ息子だからこそ・・・ってコトにも
zebraさま (coky)
2014-07-03 15:49:12
コメントありがとうございます。

確かにzebraさまの言う通りで、この事件がなかったとしても
この2人が最後まで幸せに暮らせたとは到底思えませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
美しすぎる母 (eclipse的な独り言)
 これはジュリアン・ムーアが出ているだけで観たくて仕方がなかった映画です。しかし
【2008-149】美しすぎる母 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 僕は、母を殺した。 実話に基づく、時代の闇に埋もれた衝撃のスキャンダル。 バーバラ・ベークランド。 大富豪の妻となり、幸せを求め続けた一人の女性の鮮烈な人生。 なぜ母は息子に 殺されたのか──
美しすぎる母 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『実話に基づく、時代の闇に埋もれた衝撃のスキャンダル。 僕は母を殺した。 バーバラ・ベークランド。大富豪の妻となり、幸せを求め続けた一人の女性の鮮烈な人生。』  コチラの「美しすぎる母」は、アメリカの大富豪ベークランド家のスキャンダラスな実在の事件...
「美しすぎる母」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
実話が基になってたとは・・・
映画『美しすぎる母』を観て (KINTYRE’SDIARY)
60.美しすぎる母■原題:SavageGrace■製作年・国:2007年、スペイン・フランス・アメリカ■上映時間:97分■字幕:松岡葉子■鑑賞日:6月29日、ルシネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・編集:トム・ケイリン□脚本・製作総指揮:ハワード...