喫茶 輪

コーヒーカップの耳

今年初めての訪問

2017-01-30 16:14:47 | 宮崎修二朗翁
今年になって初めて宮崎翁を訪問してきました。
この正月で滿95歳におなりです。
至ってお元気でした。
ただやはり、「何もすることがないから退屈で」と。
原稿書くにも資料がないからと。

色紙を二枚持って行ってお見せしました。

六車明峰さんの書です。先日明石で明峰さんにお会いした時、わたしに託されたもの。
多田智満子さんの辞世の句と、鬼持氏の句。「鬼持」は宮崎翁の俳号。「おにもつ」というわけだ。
鈴木漠さんが主宰しておられる「ひょんの会」の連句集『虚心』に載っている句です。


多田さんを偲んでの歌仙「草の背」です。
←クリック


句の意味は大体解ったつもりでいましたが、翁の解説をお聞きして、自分の浅学ぶりが分かりました。
「そうか、そうだったのか!」と思った次第。
俳句も連句も難しいものです。
よほど深くて広い教養が要ります。
翁のおっしゃるには「俳句は解ってやってる人は少ないですね。100句のうち1句ですね」とのこと。
わたしではやはり無理ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『九十歳。何がめでたい』 | トップ | 「この静かな変化に耐えよ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (但馬朝子)
2017-02-01 13:37:38
神々しい良いお顔です。
気力のあるお顔ですね。
今年初めての訪問 (akaru)
2017-02-01 15:51:43
朝子さん
お若い時は、すこぶる目力の強いお人でした。
今は柔和な表情になってこられました。
95歳ながら頭はしっかりしておられますので、眼は澄んでおられます。こんなお人にお近づきになれるのが幸せです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む