喫茶 輪

コーヒーカップの耳

『就活力』(岩田一平・サンマーク出版)

2017-06-20 07:23:08 | 本・雑誌
岩田一平さんの新著が出ました。

『就活力』(サンマーク出版)という本です。
岩田一平さんは、漫画家イワタタケオさんのご子息で、イワタタケオさんのことは拙著『触媒のうた』に詳しく書きました。大変ユニークな人で、宮崎修二朗翁と曰く因縁のあった人です。
そのお父さんのこともこの本にちょろっと出てきます。

《父はペンネームをイワタタケオといい、大阪読売新聞の専属後、上京してから産経新聞や共同通信の配信、雑誌などで、主に社会風刺漫画を描きました。1986年に61歳で他界しました。》

一平さんは、朝日新聞記者だった人で、「週刊朝日」の副編集長、「アサヒカメラ」編集長、「朝日新書」編集長などを歴任してこられた方。
凄腕の記者さんというわけです。
この本を読むと、就職活動者の作文指導を長くやってきておられる。
具体的に例を挙げての指導は効果的です。わたしももう一度文章の基本的な勉強をさせて頂いています。

本論のはじめにこんなことが書いてあります。

《私は、新聞社に勤務しながら、10年余り東京・神保町のマスコミ志望者たちの就活を支援する「ペンの森」にボランティアで教えに行ってます。(略)受講生は毎年入れ替わり、集まり散じて2017年で22期生になりました。独特の指導法で、これまで四百数十人が新聞やテレビ、出版、通信社、ネットニュースなどのマスコミに巣立っていきました。》

実績があるということです。
その長年の経験をこの『就活力』という本に披露されたというわけだ。
今、わたしの廻り、子どもや孫たちに就活をしている者はいないけれど、やがて役に立つ時がやってくるだろう。


『触媒のうた』(神戸新聞総合出版センター)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「メガロポリス」ドリアン助... | トップ | 『お父さんと伊藤さん』(中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・雑誌」カテゴリの最新記事