喫茶 輪

コーヒーカップの耳

ツンバナ

2017-06-13 16:31:49 | 懐かしい話
今日午後、3時を過ぎてから銀行へ振込みに行った。
さて現金機に…、と思ったら隣の婦人から声をかけられた。
「ここ、以前は福徳相互銀行ではなかったですか?」と。
その声、そしてその細身長身の姿!
やっぱりHさんだ。
もうお互いに「うわっ!」である。
20年ぶりぐらいになるのでは?
同じ市内に居ても会うことがなかった。
昔、うちの隣に住んでいた人である。
子どもが二人いたが、二人とも結婚していて孫もいると。
まあ、先日、家内があることで電話で話しているので情報は知っていたのだが。
それでもわたしが話すのは20年ぶりぐらい。
お互い懐かしくて、思わず握手。
「一度行きます」とのこと。
家内も喜ぶ。

写真は、帰りに43号線の緑地に咲いていたツンバナ。
家内が田舎での子供のころを懐かしむ花だ。
こんな近くに咲いているとは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家内の同窓会 | トップ | 『触媒のうた』新聞広告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む