喫茶 輪

コーヒーカップの耳

磨き上げられた言葉

2016-12-13 18:25:28 | 原稿
今日の神戸新聞夕刊、「随想」欄。
←クリック
金益見(きむ・いっきょん)さんが書いておられる「磨かれた言葉、光る言葉」である。
その冒頭。
《今回で最後の「随想」になる。
 全7回、全力を出すと決めて660字に向き合ってきた。
書きたいことが多すぎて、書く作業より、削る作業の方が大変だった。
 でも私が読みたいのは、拾い集めた言葉やカサ増しした言葉ではなく、
磨き上げられた言葉だ。》
わたしも心しておこう。
とは言っても、もしわたしが書くとしたらもう少し軽めの文章になるだろうなあ。
そこに多少のコクを含ませれば…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『棋士という人生』 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

原稿」カテゴリの最新記事