喫茶 輪

コーヒーカップの耳

今日の天才少年

2016-10-14 18:24:54 | 将棋
小学一年生、I君への個人レッスン。
先ず、平手の戦い方をちょっと教えて、後はいつも通り二枚落ちの指導。
第一戦目はわたし負けました。
終盤の寄せには目を瞠るものがある。
二戦目はちょっと変化球を投げてみて乱戦になり、途中、I君の勝ちになる筋があったが彼は気づかず、わたしの勝ちに。
ということで1勝1敗。一時間余りのレッスンでした。

今彼が使っている棋書を見せてもらった。
手に取って見ると、使い汚れがしている。
表紙もくたびれてきている。
何度も何度も触っている感じ。
漢字もよく読めるみたいだ。特に将棋に関する言葉は。
こんな子は間違いなく強くなる。
楽しみだ。わくわくする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三好達治の随筆集 | トップ | 「彩女三人書展」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む